ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

月エリザ

月エリザ観て参りました~.゚+.(´∀`*).+゚.

公演デザートが美味しかった.゚+.(≧∇≦*).+゚. (いきなりそれか!)
ミルクプリンがとろっとしてて、チョコソースとマッチしててうまし!!
ただ・・・珈琲ゼリーの欠片は正直いらないかな(゚∀゚)
見た目には良いんですけど、食感に違和感が生まれると思うんですよね~。
前回の薔薇ゼリーがさっぱり系だったのに対して、甘くてもってりしてて全然ジャンルが違う感じなのも良いんじゃないかな~と思いました((´∀`*))

さて、ではそろそろ、初の月組、初のエリザベートと言うことで全く役に立たなそうな個人的感想をば。
まずは…

白城あやかさん秀ちゃん夫妻ご観劇でしたΣd(゜∀゜)



2幕あがって早々カメラの三脚立てて
「きれーなねぇちゃんがいる!と思ったら白城あやかさんじゃないですか!!」
と、ルキーニさん。

えぇぇぇ白城さんいるの!?Σ(´△`*)(客席動揺)

「写真撮りますよ~よかったらお隣の秀ちゃんもご一緒に♪

…おもいッきりDON!(パシャッ)」

えぇっルキーニさんが番宣!。・゜・(ノ∀`)(爆笑!)



と、そんな珍事件に脳内メモリーほとんど吹っ飛ばされたんですが(ぇ)

そんなこんなな初エリザ兼初月組、楽しんできました.゜+.(´∀`*).+゜.



一番正直なところは・・・

1回観ただけじゃ足りないヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

って感じですね。
以下本当に個人的主観的な初見感想です。

まず、音楽が好みでした!.゚+.(´∀`*).+゚.
特に「最後のダンス」と「闇が広がる」が終わってからも耳に残る位印象的でした。
家に帰ってダウンロードしようと思ったんですが、沢山ありすぎてどの閣下にしようか選べず二の足踏んでます(笑)
子ルドルフが彩那さんなの考えると前の月エリザなんですが(ぇ、そこ)(ファンなので)
でも、よく知ってるのは雪組の水トートさんだし・・・ううん。
オススメがありましたら是非教えてください(>_<)


○トート閣下
シャープでクールで、でも中は情熱的な感じで格好良かった!
スーッと現れては結構熱烈にアピールするのに、シシィさんにばっさり切られて結構あっさり消えちゃうときの後ろ姿が、
顔には絶対出さないけど内心ガガーンΣ( ̄ロ ̄lll)って傷ついてる哀愁漂う背中に見えて(完全に妄想です)
毎回あぁぁ頑張れ閣下!!((((>△<;)
って思ってました。
閣下にしてみれば余計なお世話な感想です。全く。
お初の瀬奈さん歌もダンスも格好良くて超素敵でした・:*(〃∇〃人)*:


○フランツさん
彼は、舞台に出てくるたびに段々と素敵にダンディーにお年を召されていくのが良いですね!.゚+.(´∀`*).+゚.
霧矢さんのお歌は上手だと伺っていたのですが、本当にお上手で、またお声も容姿に合わせて次第にダンディーな感じになっていき・・・キュン.゚+.(≧∇≦*).+゚.
しかし、彼、オカンには手のひらで転がされ、シシィさんにも美しくて自由奔放な可愛らしい様子に一目惚れた(様に私には見えた)割にちょっと「立派な后でいてよ」とか「今夜は一緒にいてよ」とか言ってみたりと自分勝手なところもあって、漸くオカンがいなくなると今度は自分のやり方を息子に反対されたら皇位継承をちらつかせて従わせようみたいな・・・
ちょっとヘタレな一人っ子長男的な皇帝に見えました。
あ、でも、今回どちらかというと彼に敵対側で観てしまったのでもっとフランツの気持ちに寄り添ってみると全然違うかもとも思うんです。彼なりに思うところがあったんだろうとか、色々と。

でもね~・・・オカンとヨメの選択を迫られて最後通告で漸くヨメさん選んだってのにオカンの思惑通り浮気しちゃうし(^_^;)
でも、あのバスタブ人魚のお嬢さん(ぇ)踊りが素敵で可愛くて
こりゃフランツさんお持ち帰りしちゃうよΣd(゚∀゚)(コラ)」
と思わなくもなかったんですけどねエヘ(^ω^;lll)


○シシィさん
シシィさんは男役なんだ!?全然見えない!!(瑠海さんもお初だったので)って感じにお高い声まで歌えていらっしゃって素敵でしたし、ドレスがどれもこれも可愛らしくてお似合いでした.゚+.(´∀`*).+゚.
後々の貫禄が出てきてからも良いですが、若いときの自由奔放なシシィさんが個人的には好きでした。ちょこまか動き回ってて可愛くて.゚+.(≧∇≦*).+゚.
彼女の色々な悩みとか、トートへの思いの変化とか、この辺の動きがもっと何度も観て考えたいなぁと思うところですね~(>_<)


○ルキーニさん
ルキーニさんもすごい格好良かった!
そして台詞のテンポもお上手でしたし、アドリブ面白かったし。・゚・(ノ∀`)すっごい大変そうだけど、物語の語り部であり、登場人物であり、という面白い役だなぁ・・・と思いました。
また、舞台の一番始めにダッ!と銀橋に出てきて観客をエリザベートの世界に引き込むって言うのは(場面転換のとこもそうですが)すごいエネルギーと存在感が必要で、すごいなぁ龍真咲さん(・o・)と思ってみていました。
彼の行動だったり、台詞だったりも、もっと何度も観ると全然違って見えてきそうな気がするんですよね~(>_<)


・・・と色々楽しかったです!.゚+.(´∀`*).+゚. (え、これだけ!?)(いや、もっと語りたいんですが、役名とジェンヌさんが一致してなくて・・・)

が、今回は感想みて一目瞭然なんですけど(^ω^;lll)わーって楽しんで話の流れを把握するので手一杯でした((((>△<;)なので、これ、もう何回か観ると登場人物の心情がもっと理解できたり、今回の初見感想とは全然違った感じ方をするんだろうな(>_<)と思いました。
多分、話を大雑把にしか理解してなくて誤解してるところとかもあるんじゃないかと・・・

ん~・・・足りない!。・゚・(ノД`)

こんな感想しか書けず非常に申し訳ないのですが、(この月エリザはもう観に行けないので)別の、もしくはDVDとかで「エリザベート」を観たときにこの感想とすりあわせると

なに言ってんの昔の私Σ( ̄▽ ̄;ノ)ノ

とか思えて楽しいかなと思って、備忘録的に残しておこうと書きました。
また沢山の生徒さんごとの「エリザベート」が存在するので、その違いとかも見比べられたら別の解釈もどんどん考えられそうですしね(^_^)b

演出の素敵!と思ったところとかもいろいろあったんですが、とりあえず今日はこれにて。また、月エリザ楽までに追加で書くこともある・・・かも。(どっちだ)

なんか、いつにもまして拙い感想で申し訳ないです。
エリザベートが大好きで、何度も観ていてと言う方からすると、そらもう色々間違った解釈してると思うのですが、初見の至りということでご容赦頂けると(または御教授頂ければ←図々しい)幸いです。



また、フレパレポへの拍手レスはちょっとずつ進めてますので、もう少々お待ち下さい。
遅くなっていて申し訳ないです((((>△<;)

2009.07.18(Sat) | 月組 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/86-c563db6a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。