ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

風の錦絵感想のつづき

続きにいきなり入る前に宝塚GRAPHの話でも。
白羽さんのさよなら特集が・・・いよいよなんですね。

寂しい(;´_`;)

宝塚を知って、娘役トップ白羽さんを知って、まだほんのちょっとしか経っていないので、本当に残念。
もっともっと水さんのお隣でふふふって幸せそうに笑ってるとなみさんが観たかったなぁ。
千秋楽までは水さんの、雪組の、宝塚の可愛いトップ娘役さんとして頑張ってください。

そんな実感をさせられた白羽さんさよなら特集。
寂しい、でも写真は可愛い!!
ステージフォトアルバムのグルーシェニカさんの色気が・・・!!(←いきなりそこか)

それとかね、どれも可愛くて素敵な写真なのですが、なんだかんだ言って対談の水さんとのツーショットが私は一番好きでした。
新生雪組の時の写真と並んでいるのですが、写真なのになんかもう、その2枚の間に流れた時間というか、培ってきたトップコンビの信頼感というか、そういった落ち着き感と優しい愛に溢れた感じの写真です。
あぁ~・・・辞めないで欲しい!!さびしいよぅ!!!

そんな、となみさんへの想いを語ったところで風の錦絵についての続きを書いていきたいと思います。


※ネタバレ注意報発令中※
第2場 風の盆・幻想≫

彩吹さんの歌をとにかく堪能できます。
しかし、一番始めにみるポイントは風鈴を持った女童のお二人、花夏ゆりんさんと早花まこさん!とっても可愛らしい!
「キタサノサー♪」音で聴いても可愛らしい!!
まずはここをチェックです。

そして、本ちゃん。専科の松本悠里さんが彩吹さんの歌に合わせてすっごい美しい舞を見せてくださいます。
なんといっても彩吹さん演歌歌手としてやっていけるんじゃなかろうか。本気でそんな気がしてくる歌声を披露してくださいます。声の伸びも素敵こぶしのききっぷりも素敵です!

彩吹さんの美声をフルに生かした超素敵場面です。

舞台の後ろには鏡があり、舞台の盆の上に台灯籠が陰陽マークの線のように置かれ歌い踊る人と共に舞台後ろの鏡に映ってすっごい幻想的なのです。
そして彩吹さんが風車を持って踊るところが個人的にはすっごい好みです!



第3場 風林火山≫

まず未来優希さん!山本勘助として出てくるのですが、

かっこいい!!

渋好みの私のハートを射止めました(笑)声もかっこいいんですよ~っ(>_<).vV
舞台に一人だけ出てきて上杉謙信と武田信玄との戦いについて浪々と歌いあげます。一人で舞台の空気全てを変えてしまう存在感と歌唱力流石の一言です。

そしてバックスクリーンが2階席最後方からではほとんど見えないのですが、どうも炎が燃え上がり不動明王がぼぁぁあっと映っているらしいです。(いつも2階最後列立ち見なので見えない;へ;)
そんな中を満を持して轟理事がセリ上がってきます。赤いライトに照らされた赤の細かい紙吹雪がまるで火の粉のようですっごいかっこいい!!そして理事。ガクトを凌ぐと思う。かっこいい!!!
轟さんがセリ上がりきると風林火山と言う文字が(「火」の下の払いとかしか私からは見えないけど:笑)ばーんとばっくに出て、舞台中央に歩いていらっしゃいます。

すると私の大好き彩那さんが謙信の第一部下らしくスススッと歩み出てきて甲斐甲斐しくお世話をします。・・・きゅん(笑)


そんなところに今度は信玄がセリ上がってきます。

ここで私は驚いた。

だって、水信玄様、隣にしゃがんで傅く第一部下の早霧さんと共によく戦国物のドラマで観るような陣営って感じのイスに座って、登りの立った台の上に乗ってセリ上がってきて、座ったまんまその台ごと前に出てくるんだもん!
えぇぇぇっ!歩かないの!?(笑)って。ねぇ。

そしてその頃私のご贔屓様彩那さんは一番の山場(勝手にきめるな)を迎えるのです。それは

轟謙信さんが後ろにパァーンッとなげる扇をキャッチする!

また、これ、轟さんがすごくて、普通扇って投げたらくるくる~とか風を受けてへんなんなるじゃないですか。それが、全くびくともせず客席に扇の形向けたまま ∀ ⌒∀ とこんな感じで飛んでいって・・・もうそのことに驚きました。
そして、初日の結果は

・・・ポトリ。

手では触ってたんですが、キャッチではなく弾いてしまった模様。残念~っ!
でも、その後観た2回では両方とも見事にキャッチしてました☆

そして、いよいよ武田軍と上杉軍の戦いに、扇を刀に見立てて闘うので正に舞踊パフォーマンスという感じです。ひっじょうにカッコいい!
またブーツに和軍服でスッゴイビートの利いた曲にのせて踊るものだからもう・・・カッコいい(なんのこっちゃい)
また最後に轟さんが(彩那さんに羽織を掛けて貰って♪)銀橋でソロ。スッゴイカッコいい!!下手のセリから下がって消えるまで息も付けない迫力です。必見。



第4場 秋風と菊人形≫

菊人形!!これ好きなのーっ(>_<)スッゴイ私好きなんです!(大興奮)

ま・・・私のご贔屓様出てませんが・・・(笑)

白羽さんと音月さんの同期スターお二人が踊るすっごい綺麗な場面です。
白羽さと娘役さんは最初菊人形なんですが途中でこう魂が宿って歌い舞い踊るのです。
この人形っぽいカクカクッとした動きが可愛らしくてお上手!
白羽さんの静御前と音月さんの義経。歌の歌詞もメロディーもお二人の優しい雰囲気も文句なしに大好きで、何度観てもため息が出るシーンです。



第5場 ネコと小僧さんのラインダンス≫

で、ここですよ。ある意味問題場面。ある意味一番オイシイ場面。

小坊主ロケット(笑)

まずは下手の花道に猫耳ミニスカしっぽ付きという・・・和物!?っていうか、タカラヅカ!!?という4人猫娘の登場。
ここは日比谷ではなく秋葉原???と思わせる装いにビビります(笑)
そして「おっちょこちょいの~ちょいっ♪」
かわいーよ!めっちゃかわいいけど大丈夫なのそれ!みたいな感じ。
そして、拘ってるんでないの?と思ったのが、ネコ娘らのしっぽ!!
固まってもおらず、かといって垂れ下がっているでなく、絶ッ妙に揺れるんですよ。どんな材質使ってるんだ・・・?そしてこれはお衣装部さんのこだわりなのか、齋藤先生のこだわりなのか(笑)スッゴイ気になるところです。

そして本舞台には一斉に小坊主さんが整列。
下手からお坊さんの組長飛鳥裕さんが歩いてくると一斉にくるっと振り向きながら立ち上がります。一番上手側、一際おっきいのが緒月透麻さん!真ん中から左右に分かれぐる~っと中央の人が外側へ、外側の人が中央へ場所移動し、しゃがんだり立ったり、前を向いたり後ろを向いたりしますが、おっちょこちょいぞろいな小坊主さん達は動きはバラバラで何人かは飛鳥住職に喝をいれられます。甲高い声で「いって~」と倒れ込んだり、やったら可愛い!!
そしてそれをみてキシシと笑ってたきたろう大坊主(笑)がぱぁん!と最後に叩かれるとえぇ~っなんで!?って顔をするのがまた・・・!!
そしてお約束の右手を後ろ左手を後ろとロケット体制に入り一斉にラインダンス!一休さんみたいなお坊さん達が!!

もう、爆笑!!

猫娘も混じり、だんだんテンポが上がってくるともう駄目~っみたいに悲鳴をあげ始めるのもやたら可愛い!
そしてロケットが終わると途端にし~んとしたなか鳴り響く木魚の音(笑)

ぽく・・・ぽく・・・ぽく・・・ぽく・・・ッチ~ンッ☆

となると猫娘4人が緒月大坊主を囲んで「ニャ~む~(南無)」


めっちゃ仏教系からお叱りを受けそうですが(笑)超楽しいです!



第6場 ソーラン節≫

そして、一気に空気が変わって松健サンバ!・・・ではなくソーラン節。
でもホント、松ケンサンバでしょって感じ(笑)
大柄の花模様の着物に(フィナーレもみんなこの柄)羽織を羽織っているのですが、羽織の襟がキンキラキンで(笑)
ちょっとテンポがいい現代風ソーランみたいな曲で。もう・・・松ケンです(笑)
そして下手から早霧さん・彩吹さん・音月さんがセンターなのですが、もぅ、これでもかと羽織をひっくり返し翻し・・・もうZORROですか?みたいに(笑)
でも、それが、非常にカッコいいです!
しかし、短い!あっという間に終わってしまいます。むっちゃかっこいいだけにもちょっと観たい気もするん・・・だけどなぁ。
ま、ちょっと足りないくらいの方がいいのかも・・・?



第6場 春一番≫

轟さんが娘役さんの間を練り踊りながらジャズテイストなさくらをめっちゃ良い声で歌います。
カッコいい!
そして、専科祭り第二弾。
今度は水さんと松本悠里さんが二人踊りをします。
洋風なテンポのいい曲なのに二人とも裾を綺麗にさばいていらっしゃってスゴイの一言!

そしてオープニングの白波メンバーが出てきて踊り、組子みんな出てきて主題歌を歌って総踊りに。ここで今公演の退団者5人と組代わりの早霧さんにスポットが当たり、桜の枝で他の組子がその方を指して・・・というシーンがあります。
組代わりは私の観ている東宝では「いらっしゃい」の意なので楽しく観られますが、大劇場のかなめさんのときは指すメンバーがAQUA5なのできっと切ないシーンだったのでしょうねぇ(涙)

退団ではなんといっても白羽さんが寂しく残念なのですが、個人的には谷みずせさんも漸く顔を覚えたのにいなくなってしまわれるのね。。。と寂しい思いで一杯です。他の3名様に到っては認識に到る前にいなくなってしまわれるなんてビギナーファンとして残念でなりません。きっと皆様素敵なところが沢山あるんでしょうに・・・(;_;)
とにもかくにも、それでみんなで桜を持って「春一番に~誘われて~」と踊って幕が閉まります。



こんな感じで、風の錦絵語ってみました。もう少しわかりやすくテンポ良く語れるよう徐々に修行していきたいと思いますので、良かったらまた読んでください。
次は。。。ZORROを語れる・・・かな?

2009.05.21(Thu) | 錦絵ゾロゾロ | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/6-b99f2392
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。