ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

パリの雪侍 その2

サムライ日々超楽しんでいます。
のいっこです(・∀・)ノ

日曜もいってきました。Wです。
違った景色も見てこようと1階席でもみてきましたよ。
初見の時にあ、ここは1階の方がときめきそうってとこが
いくつかあって、
けどそこが実際やっぱここ1階よね!!ってとこと、
あ、2階の方が良かったなってとことあり、
研究の余地がまだまだあるなあるな照明・・・と、
ときめいてきました.゚+.(´∀`*).+゚.
そして今日も行ってきました。
今日はお昼だけ・・・の予定だったんですが、
夜に坂本先生の通り道の当日券がありうっかり買ってしまいました。
そして、舞台も坂本先生も大堪能したんですが、
ちょっと視線を上に向けると照明機材ももよく見えるので
ここであんな色も光ってるんだ!とかあっちからもあててるんだ!!
とかも見れて、色々楽しかったです。
1階席もいいですね~.゚+.(´Д`*).+゚.

舞台はもう、お話ももちろん好きなんですけど
プロローグが
好きすぎてしょうがない!!.゚+.(´`*).+゚.

日本人の血が騒ぐというか、
でもバックはオーケストラなんですけどね。
(トランペットのフレーズがかっこ良くて好き(〃∇〃))
特にづっくんの髪の振り方が好き。
回るときとかの残り3/4回転からの
シュッとスピードの上がる感じがキュン.゚+.(´∀`*).+゚.
・・・ってそれはまたじっくり語るとして、
今日も人物メインのざっくり感想の続きです。
もう、みんなツボすぎてざっくりで終えられるか心配!!

では・・・GO!!



*ネタバレ注意*




*坂本先生@づっくん
すごく・・・好き!!.゚+.(´∀`*).+゚.
明るくって、豪快で、器が大きくて
それでもってものすごく細やかな優しさと見る目を持っていて、
なんていうか、うまくいえないんですが、
そして超個人的印象なので違ってるかもしれないんですけど、
づっくんは坂本竜馬を演じてるんですけど、
それは坂本竜馬自身というよりも
正名からみた坂本竜馬の姿っていう感じがしました。
とくに手合わせをしている場面と
その後の「小さくまとまるな」の場面。
今までのカラッとしてて豪快な竜馬が
存在感を増すというか、威圧感がでるというか・・・
そして、その後の小さくまとまるなの場面での柔らかさ。
その空気感の変化が、
坂本竜馬の空気の変化自体というよりは
正名が感じた坂本先生という感じが凄くして
なんか、正名視点で坂本竜馬を感じられるというか。
私はそう感じて、またそう感じたことで
その後の正名の坂本先生追想に想いを寄せられたり
表向きの方向性が全く違うフルーランス隊長の
その根底にあるシュバルリに竜馬の武士道との共通を見いだせて
凄く良かったなぁと思いました。
大好きです、さかもっ先生(←キムさんの訛呼びがこう聞こえるのも好き)

*フルーランス隊長@づっくん
勝手な私の解釈なんですけど、この2役って凄いな、と。
フルーランス隊長はどっちかというと静の男で(中はアツいですけど)
坂本先生は動の男で(その内には繊細な面もある感じしますけど)
と、もう真逆なのですが、
でもフルーランス隊長のシュバルリ(騎士道精神)と
坂本先生の武士道には
根底に共通する何かが見える。
ぜんぜん別人の役をやっていて違う人に見えるんだけど
根底は緒月遠麻です。
・・・というのと重なるなぁ、と。
原作で正名も坂本先生と隊長はどこか似てると感じてるんですけど、
それを似てるんだなこの2人緒月さんが二役だもんね。ではなく、
全然違う人だけど根っこは同じ感じなんだよね
と思わせるのは緒月さんの力だなぁと。
そう、凄く凄く感じました。

・・・て、隊長の話。隊長の話。
ショパンを愛するフルーランス隊長も、
大好きです.゚+.(´Д`*).+゚.
配役発表でてから原作読んで、
原作読みながら脳内再生した時点でぼろ泣きだったんですけど、
最後の「あの勇敢な娘を生かせ」「返事がないぞ」が、
もうボロ泣き。・゚・(ノД`)
ホントいい隊長で!!
冷静で落ち着いて全体をみていて、
けど内にはアツいものがあって、
ここぞというところでは激昂もする
正義感が強くて、芯があって、そして人に優しくてあたたかい。
隊の長であり、父であり、対等な仲間であり・・・という。
チプ公の死を目の当たりにしたときとか、
つらいけど凄くつらいけど表にわーっと出さないで
静かにたってて表情もあまり動かなくて
でも、オーラが凄く悲しくて辛くて苦しくて
背中で語るじゃないですけど、
そんな感じで大きく表情を変えなくても伝わってくる感じで
・・・いい役者さんだなぁ。・゚・(ノД`)(どこ目線だ)
つまりは、ですね・・・
づっくんのお芝居が好き。
づっくんの男役が好き。
づっくんが好き。
(宙っ子になっても大好きは変わらないけど)
でもやっぱ・・・行かないで~~~。・゚・(ノД`)
・・・ということです!(ぇそういうまとめ?( ̄□ ̄;))



*チプ公@がおりさん
パーマが可愛いよ!!.゚+.d(´∀`*).+゚.(はい?)
チプ公可愛いですよねぇ。
フルーランス隊のマスコットのようで可愛くて可愛くて。
盲信がわかんなくって「っ・・・難しいこと言ってんじゃねえよ!」
って逆ギレするのも可愛い。
あと、隊長を待ってるときに上手でうろうろしてるところも好き。
原作だと出陣して戦って正名や渡会に一目置く場面とかあって、
そこが結構好きだったので、観られなくて残念でした(・ω・`)
ま、なくても1幕と2幕じゃ隊の空気感が全然違って
あぁいろんな戦いで絆ができたのねってわかるけどね(・∀・)
チプ公は基本が素直で、思ったことをポンッポンいうのがいいなぁと。
俺はイヤだ!とか、なんでだよ!!とか
けど、自分のことに関しては素直になれないところもあるのが
これまた可愛い。愛しい。好きだ。(しつこい)
チプ公の最後はホントにずるい!!(ぇ)
原作読んだ時点で思ってたけど・・・泣くじゃんあれ!!。・゚・(ノД`)
たのしかったなぁっていい笑顔で言ってさ、
「パリを頼む」って言い残して安らかな顔して逝くなんてさ
泣くじゃんあれ!!。・゚・(ノД`)
そして、その後のラ・マルセイエーズを歌うチプ公
あの照明かっこいい!!という話は別のところですることにして
ラ・マルセイエーズの歌詞と物語の内容が正にで
(あ、フランス語がわかるわけではないです(・∀・)←前に訳詞調べただけ)
チプ公に始まって段々とみんなの合唱になっていくのが
もう・・・泣く!!!。・゚・(ノД`)(3回目)
そしてすごく余談だとわかっているんだけど一言。
何であのくるくるパーマなのに
オールバックにするとぴっちりまっすぐなんだ!
と、整髪クオリティにも感動しました(ほんとに余談)
(・・・って思ってたら、ふわふわくるくるな部分て鬘ですか??)



*レオン@せしこさん
いやー・・・美形!!
あのまま飾っときたいですよね(・∀・)(は?)
冷徹なレオン素敵にかっこよかったです。
似た感じの台詞が多かったけど
ロシュフォールさんとはまた違う色になってて素敵(´∀`*)
もう、ほたっさんへの接し方とかもひどいし、超上からだし。
「こっちは受け入れたくもないのに・・・
(中略)日本人は恩知らずだな!!」とか
もういらーっとするんですよねぇ(誉めてます)
特に最後のキムさんを足蹴にするときとか、
ひどいわせしこさん!!( ̄□ ̄;)ってなる(誉めてます)
でも超美しいの!!.゚+.(´Д`*).+゚.(誉めちぎってます)
けど、敢えて銃を放り投げてサーベルも抜かず
丸腰で足蹴にしにいくのは・・・なぜだい(・∀・;)
銃を投げてはっ(`∀´*)って笑ったときに
えぇぇそれ(銃)、持っといた方がいいんじゃないの!?
・・・あぁぁほらぁーだから斬られたーーー(・ω・`;)と。
まぁ、その責任は谷先生にあるわけですが←
あと、これは舞台機構の問題だから仕方ないんですけど
そしてほかの兵士の方にもいえるんですが
ちぎ太さんの涙涙の最期に
永遠舞台前方でご一緒するわけにいかない
それはわかるんですが、
斬られた後のすっごいやられた感のある
「ぐぁぁあ・・・き・・・さま・・・!!」(←うろ覚え)
までが壮絶なのにずいぶん歩いちゃうのがもったいないー
大劇場ならセリとかできれいに消えられるのにぃーとちょっと思う。
あ、日本の場面でのせしこさんも好きです.゚+.(´∀`*).+゚.(唐突)
坂本先生の話を聞くとき、正名の話を聞くときの
きらっきらした目が・・・超さわやかで!!
かっこいい!かわいい!!抱きしめたい!!!←



*五島@ほたっさん
や~・・・ほたっさんの芝居を堪能できますね!
髷に洋服ですよ、ほたっさん。
ジャケットの前ボタンをぴっっっっっちりしめてて
どうにもこうにも着こなしが残念なのが素敵(誉めてます)
それが日本からきて異国文化になじめない
そしてちぎ太さんの言葉を借りると
「決してできる男じゃない」という五島を見た目から表現した
ほたっさんの役作りクオリティがすばらしいです。
そして、異国で追いつめられていく様子が
特に、せしこさんに「恩知らず」といわれ
あらゆる負の想いと悔しさがぐるぐるぐるぐる渦巻いているのが
表情から動きからひしひしと伝わってきていいですね~(´`*)
そのあとも市民兵に
まさかのせしる氏の部下(「日本を売ったのか!?」(違います))
とアルバイトも沢山されていて、
撃たれ芝居斬られ芝居もお上手でほたっさんスキーには堪りません(´w`*)



*モンブラン伯爵@ナガさん
こんな叔父様私もほしい!!(〃゚∇ ゚〃)
素敵すぎます、ナガさん。
貴族の権力を振りかざすことなく、
国を愛し、異国の文化も愛し、
友人の娘さんも姪っ子として引き取り、
日本からの留学生も受け入れ
器も視野も大きくて広い。
とても素敵な伯爵様でした。
マリーを見つめるまなざしが優しくて!(〃∇〃)
ささやかに気に入ってる台詞が(↓うろおぼえ)
「さてはマリーの魅力に情念を押さえきれず不埒な行動にでたか
ゆるせん・・・ゆるせんぞ渡会君!!ノエール!!」(なぜ)(無性に)
好きな場面はモンブラン伯爵が軍上層部の国への裏切りを突き止めて
「情けない・・・!!」と憤っているところ。
個人的にはマリーが「一市民になります」って宣言した場面は
ナガさんとの二人芝居、入れてほしかったなぁ~。
「若者の決意を年寄りが止められるものじゃないさ」
って微笑んでるナガさんがみたかったー。



*文屋秀子さん@ゆめみ姐さん
元タカラジェンヌの役をする現役タカラジェンヌ
ってなかなかないですよねぇ。
宝塚を語るときの愛おしそうな目線になんか、きゅん。
青年館初日に現在の前田家のみなさまがいらしてて
キムさんもご挨拶ですごく緊張したと仰っていらしたんですが、
前田一歩園についての説明は成り立ちは咲ちゃんに
精神はゆめみ姐さんにかかっているので
ゆめみ姐さんも緊張しただろうなぁ・・・と。
「一歩ずつ、一歩ずつ」の仰り方がすごく好きです。
あと、やはりお歌が素敵だった~(´w`*)
ちほちゃんとのお歌も素敵でしたが、
一幕の終盤のみんなで歌っていくとこの
侍といった~♪みたいな歌詞のとこがも~美しかった。



*ノエル@にわにわ
グッドにわにわ!ナイスにわにわ!!
私の好きなにわにわがいっぱい詰まっていました。
1幕はにぎやかし担当というか、おもろ担当で
槍を持つ姿が似合う似合う。・゚・(ノ∀`)
「人間の言葉を喋れーーー!!」といったあとの
ナガさんに窘められていう
「申し訳ございません」(あれ「失礼いたしました」だっけ?)
の不本意そうな間と顔が好き(´▽`*)
あと沐浴騒動でチギ太さんが「おあいこっちゅーことで」
といったあとの
「なにいっとんじゃこいつー( ̄□ ̄;)」っていう顔芸が最高!(笑)
そして2幕はづっくんの副官として大活躍。
づっくんから「ノエル!」って指示がくると
嬉しそうに隊長をみててきゅん
指示がこなくても隊長をみててキュン(´Д`*)
そして、最期が。・゚・(ノД`)
「隊長・・・私だけはご一緒させてください」って、
もう、なんていいにわにわ芝居。・゚・(ノД`)
ここでづっくんは基本「ノエルー!」って瀕死の状態で叫ぶのですが
そのづっくんの呼び声とにわにわの台詞と
言葉と間とのやりとりが凄く凄く好きです。
にわにわ倒れ方も凄い!
あの顔面からドガッと倒れる姿に初見は逆にびっくりしすぎて
「か・・・顔大丈夫っすか!?」と心配になった位なんですが
命のギリギリまで隊長に語りかけて倒れるノエルに
毎回号泣。・゚・(ノД`)
あ、あと戻るんですけど
フランス国歌のにわにわソロが好き.゚+.(´Д`*).+゚.
にわにわのお歌好きなんですよ~。
もう、ほんと、笑いあり涙ありお歌あり
私の好きなにわにわが福袋のごとく詰まっていました。
好きだ!!.゚+.(´Д`*).+゚.



*レティシア@杏奈姐さん
コメディーフランセーズの人気女優さん。
台詞にムッシュモリエールとかでてきて
水戸黄門もといしゅーちゃんが脳内を闊歩してしまう雪組病(笑)
(人気女優も最初大女優って書いたら違ってた!(苦笑))
それはさておき、バラの花を散らした髪がかわいい.゚+.(´∀`*).+゚.
いつも杏奈さんの髪は
プチミュに飾ってくれ!ヽ(*´Д`*)ノ(訳注:近くでじっくりみたい)
と思うほど凝っていて大好きです。
そして、ジャンルイという旦那様がいらっしゃり
超ぞっこん!なんてうらやましい!!.゚+.(´Д`*).+゚.(おい)
なのに旦那は杏奈さんの稼いだお金で放蕩三昧

・・・なんて奴だ!でてこい!!( ̄□ ̄;)

けど、それでも杏奈さんはジャンルイにゾッコンなのですよ。
逆に彼女(エマ)を金でつなぎ止めてるりんきら氏とは
犬猿の仲のようでお互い励ましあう奇妙な仲。
二人の酒場の掛け合いが好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
そして、戦争が始まってからの杏奈さんのお芝居が
泣かせるんですよ~。・゚・(ノД`)
コンコルド広場ではジャンルイにお守りのロザリオを渡そうと
広場中を必死で探してて、
(ここで帳簿係の兵隊さんに署名があるか確認していたり
さらさちゃんや月城くんに見なかった?と聞いていたりと
小芝居が細かくて素敵です。目が離せない!)
2幕では兵隊さんが帰ってきたとなって
ジャンルイを必死に探す姿も、
亡くなったとわかっても受け入れられない姿も
悲しみに泣き叫ぶ悲痛な声も・・・泣ける。・゚・(ノД`)
戦う杏奈さんもこれまたかっこいい。
神様に戦いを誓う台詞も、
ラ・マルセイエーズを歌いながら片膝立てて男前に歌う姿も
包帯を額に巻いて銃を片手に戦う姿も
凛々しくて、かっこよくて、
でもその凛々しさのおくに悲しみと憎念があるような
そんな哀しげな凛々しさに見えて
なんか、この間戦い場面を杏奈姐さん中心に見たときに
もの凄い泣いた。・゚・(ノД`)
しかも、お亡くなりになるときにジャンルイの名を呼ぶだけじゃなくて
ジャンルイに渡し自分の手に戻ってきた
あのお守りのロザリオを握りしめて亡くなっていて
その姿にまた泣くのです。・゚・(ノД`)




・・・どうしよう、マサナ。ちっとも進まない(´Д`ι)(知るか)
まだまだ人も語りきれてないし、場面でも語りたいとこがいっぱいあるんですよ。
照明も語りたい.゚+.(´Д`*).+゚.(需要ないだろうけど)
まぁ、いいか。のんびり書けばσ( ̄∇ ̄;)←
今回の記事は前回の記事書いてから地道に書きためたものでして、
その間に4回観てるので変わってきている感想とかもあるんですが
ひとまずmyメモリーとしてそのままアップしてます。
超私見満載ですが楽しんで頂けましたら幸いです。
次の観劇はいよいよサムライ千秋楽です。
全力でパリを見尽くしてきたいと思います!!

2012.01.19(Thu) | SAMOUAI |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。