ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

パリの雪侍 その1

行ってきましたサムライ!!
雪組さん今年もよろしくお願いしまーす!!(ここでいうな)

関西での公演が年を跨いでいたせいか
もの凄く待ちに待った感があったこの公演。

・・・超良かった!!。・゚・(ノД`)

全体的に好みでした。
プロローグもフィナーレも好きでしたし、
作品も泣けるし、笑えるし、ジンとくるし、
アツいし・・・好きでした。
そしてセットと照明良かった!超好み!!!

では、ざっくりと初見感想をば。



*ネタバレ注意*




*前田正名@キムさん
原作で読んだ正名よりずっとしっかりしていて
元々からが大分武士な正名でした。
結構原作は弱虫マサナが少しずつ成長して
真の侍となっていく感が強い様に感じていたのですが
舞台で観てみたらキムさんの正名は
思ってたより結構無骨で純朴で
そしてちょっぴりおにぶな愛しいお人でした(´w`*)
坂本先生が死んでしまった後の正名の剣舞が
ものすごくかっこ良くて好きです.゚+.(´Д`*).+゚.
凛とした空気が流れていて、
哀しみの中先生にもらった剣を静かに振る中で
正名の中に決意が生まれ固まっていく様子が凄く伝わってきました。
そこの左右のフットライトの使い方が凄く好きだった(照明は後でね)

あと、パリ市民兵になってからの正名の牽引力が凄かった。
極東の島国から来て差別されることも多い生活を送っていた位なのに、
革命になってからみんなを奮い立たせる演説をするのが正名であっても
革命の戦いダンスでセンターにいるのが正名であっても違和感がない。
そういう話だしトップさんだしっていったらおしまいなんですけど、
それだけじゃなくて、
キムさんの演技の奥に場面としてはなかった
パリの市民兵となり皆で闘い、武勲を立て、
みんなで同じ釜の飯を食べていくなかで
正名がみんなから信頼を得、認められていったところが
あの短い暗転の間に過ぎ去った時間の分を
観ている客席が想像できるからだと、そう思いました。

ツボだったのは断髪場面。
自ら切った髪を超どや顔で振り回しながらはけていくキムさんが
大好きです.゚+.d(´∀`*).+゚.

長くなりすぎたのでここでいったんカット。



*お嬢(マリー)@美海ちゃん
か・・・かわいい。・゚・(ノД`)(泣くな)
可愛すぎますお嬢。
もう、超可愛い。
怒ってても、上から目線でも、謝っても、心配してても
なにしてても可愛い!!.゚+.(´∀`*).+゚.
「おばかさんね」とか「馬子にも衣装っていうんでしょう!?」とか
ツンツンしてても、
もーーーーーいちいち可愛い!!(´Д`*)(しつこい)
スープの場面と過去を語る場面、正名を手当する場面
このあたりで段々と今までツンッとしてたお嬢の本当の姿が見えてきて
ここでしっかりと魅せることで
その後の市民革命の時のづっくんの最後の命令
「あの勇敢な少女を生かせ」
にものすごい力を与えるなぁと感じたのですが、
ほんとに凄く凄く伝わってきました。・゚・(ノД`)

楽しみにしていたチギ太さんの褌・水浴び・大騒動(注:沐浴騒動です)
でのお嬢の取り乱しっぷりとぶんぶん物が飛んでく様が
期待通りで超楽しかったです.゚+.(´∀`*).+゚.



*渡会@チギ太さん
なんか超ツボだったーーーー.゚+.(´`*).+゚.
こう、芯のあるバドっていうか(ぇ)
かっこいいのにボケボケなんですよ~(誉めてます)
もー・・・マイペースで、大ざっぱでざっくりしてて、
明るくてさっぱりしてて、そして優しくてまっすぐで。
凄く好きでした、渡会。
本人至って真面目なんですけど
超緊迫場面ですらどっかんさせてくれるし・・・ちょぴんさん(笑)
で。方言が似合う似合う。可愛い可愛い。好きだ好きだ(どさくさ)
何であんなに嫌われるのか渡会・・・私は好きだ!.゚+.(´Д`*).+゚.
特にスープ売りのさらちゃんに超嫌われてましたね~(笑)
顔をさすさすしながら
「女に嫌われる顔じゃけぇ~」みたいなこといいながら
ちょっとしょんぼりしてて、
けどそんなに気にしてないのが渡会クォリティで可愛いかったw

最後の死に際がこれまたかっこ良かった。・゚・(ノД`)
泣いた。・゚・(ノД`)泣いたよ。・゚・(ノД`)
優しい眼差しでいう「お嬢、もぉええがじゃ」(せりふうろ覚え)に
めっちゃ泣いた。・゚・(ノД`)
白い照明が降り注ぐ中墓石に背を預け、
銃にもたれ掛かるようにして凄く柔らかい顔でお亡くなりになる渡会が
本気で美しすぎた。・゚・(ノД`)
照明もきれいすぎだった。・゚・(ノД`)(はいはい後で語ってね)

あと、これだけは語っておきたい「褌差し替え場面」(・∀・)+(え、そこ?)
原作では褌一丁で沐浴してたとこをお嬢に見つかり
お嬢の悲鳴で駆けつけたキムさんナガさんに
褌のままざっくばらんな豪快トークを繰り広げ
お嬢の悲鳴が自分の裸のせいと知り謝るも
「わしも裸をみられたっちゅーことでおあいこ・・・」と宣い
美海ちゃんに小石を投げつけられ、
とばっちりの正名共々屋敷からつまみ出されるという
楽しすぎるシーンだったのですが、
宝塚で褌一丁はないな(´Д`ι)
スミレコード以前の問題として・・・ないな・・・(・ω・` )
としょんぼりしていたのですが、
チギ太さん、褌を浴衣羽織った超風呂上がりスタイルに差し替えて
見事に楽しい場面にしてくださいました。
ありがとう、谷先生!!(・∀・)ノ←
みたいみたいと叫んでいた期待通りに楽しい場面でした.゚+.(´∀`*).+゚.




・・・さて。残念ながら本日時間切れです。
づっくんもせしさんもチプ公がおりさんも、
あんな姐さんににわにわにりさりさ姐さんにきゃび様に・・・
語りたい人がまだまだいっぱいいるので
そして、語ったひとも未だ語り尽くせてないので、
まだ続きます。

ひとまず本日はこれにて!ぼんにゅい!!

2012.01.14(Sat) | SAMOUAI |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。