ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

かなめ様 忍者茶会レポ その1

私の地元駅、始発駅であることが多い駅なんです(・∀・)(突然どうした)

今日も東京終点で地元始発という電車に乗って東京に行ったんですが
電車降りた後この後に載っけるかなめ様茶レポをポチポチと喫茶店で打ってたら
傘を電車に忘れたことに気づきまして( ̄□ ̄;)
時既に遅く東京駅着から1時間半程経過。
とりあえず駅の事務室に行ってみて見つかってなかったので遺失物登録をして
「つかぬ事をお伺いするんですが、その電車ってココ戻ってきますかね?」
と聞くと地元駅に戻って折り返して東京へ来る(で、違う駅終点の電車になる)から
あと15分ほどで戻ってくるとのことで待ち伏せをしてみたところ
私が手すりに引っかけたそのままに電車に乗っててくれました(笑)

お帰りなさい!お帰りなさい!!。・゚・(ノД`)

皆様も傘のお忘れ物にはご注意下さい(´Д`ι)
そのまま傘持って駅事務室に直行して
「すみません。ありました。まだ乗ってました!!」
と報告に行って陳謝してきました( ̄∇ ̄;)
お騒がせ娘に「あっはっは~よかったね~乗ってたの!!.゚+.(´∀`*).+゚.」
と笑い飛ばしてくれたJRの駅員さん、ありがとうございました。
入り口開けて中に入れてくれた改札口の駅員さんもありがとうございました。
ホント・・・スミマセンでした(´Д`ι)(ここで謝るなよ)

そんな珍事もあったものの
昨日の宣言通りビクター・ビトリア観に行ってきました~
ゆみこさんがすっごいアホ可愛いお役だったんですが
もう、凄くあほ可愛くって.゚+.(´∀`*).+゚.(全力で褒めてます)

可愛かった!!ヽ(*´Д`*)ノ

かしげさんはドレスも可愛かったんですが、
燕尾の着こなしがやっぱり美しかったです.゚+.(´Д`*).+゚.
お話ものほーんと観られて可愛くて格好良くて楽しくて
幸せ気分になりました.゚+.(´∀`*).+゚.

そして、客席が超豪華でした。
水さん、樹里さん、みずせ氏、そしてちぎ太さんもいらっしゃったそうで!!
樹里さんはアフタートーク乱入(サイドショウチケット宣伝の為駆り出された模様)
もあり、超楽しかったです.゚+.(´∀`*).+゚.


で、このままVVを語りたいところですが、
本日アップするのはかなめ様茶レポです。
昨夜のかなめ様を覚えてる限り語ります。

では、スタート!!



*あくまで私の記憶頼りのニュアンスレポですのであしからず*

*公演トーク 美しき生涯
*疾風は忍者としてどんな修行をしているのか
という質問に、
「えぇ~・・・う~ん・・・」と悩むかなめ様。
「・・・手裏剣とかはもちろんやるんですけどー・・・」
といいながら手裏剣投げ仕草をしてくれるかなめ様(笑)
「あとは~・・・音を立てないで歩く練習」と。
日本の屋敷の板の間が歩くとギシギシいうので
音を立てずに歩く為に手を(多分土踏まずあたり)に入れて歩くのだそうで
この辺に手を入れて歩くの!と左足を
かなめ様のテーブルより上までぐあっとあげて説明してくれたのですが
かなめ様のはいてた黒い靴のヒールが高くて!!
(だってかなめ様が手の平つっこんでもまだヒールあった(´Д`ι))
イマイチ場所がわかりませんでした(笑)(多分土踏まず)

「あとはなんだっけなぁ~調べたんだよ~・・・」
とかなめ様モードに戻って話し出すかなめ様。

で、この話の流れだったかどうか忘れたんですが
疾風はなにを食べてるのかという話になって
「お肉は食べない(・∀・)」そうで。
というのも、食べ物のにおいがしてしまうと
存在が分かりやすくなってしまうのだそうで。
だから肉のようなにおいの強いものは決して食べず
「なんかね・・・草?(・∀・)とか・・・?食べるの」と(笑)
(文字だと伝わらないんですがこの言い方がかわいかったんですよー)
あとは、漢方のようなもの
薬草などを擦り潰して練ってお団子のようなものにして
巾着とかに入れて常に持っていてパッと食べるんだそうです。
漢方だからそれで栄養もとれて時間もとらず臭いもしないと。

合理的だな忍者!.゚+.(´Д`*).+゚.(感心するのはそこか)

*疾風はいつからお茶々様を好きだったのか
「えぇ~・・・?(・∀・)」
えぇぇぇ疑問系?(´Д`ι)←客席
元々お市様についてた忍であったわけで、
お茶々様及び三姉妹のことはずっと小さいときからみていて
なので、いつ好きになったとかじゃないという感じだそうな。
どこが好きというのも内面的なところとかだそうです。
それで、はぁ~そうなのか~となったところでボソッと
「・・・顔も好きだけどね~(・∀・)」
と言い放ったかなめ様がすてきでした(笑)

*疾風は最後死んだときいくつだったのか
「わかりません!(・∀・)」
えぇぇぇ(´Д`ι)←客席
疾風は年齢不詳だそうで。
かなめ様も唯一の実在しない人物を演じるということで
作中でどういう存在になるのか悩んだそうで
「大石先生の脚本をこっそりみたんですけど~」

・・・え、こっそり?( ̄― ̄;

その、微妙な客席の疑問は意に介さずどんどん喋り続けるかなめ様(笑)
生徒さんの手に渡る台本というのは
大石先生が書いた脚本?原作小説?を
石田先生が書き直した?台本に仕立てた?ものなのだそうで
で、見たいな~とおもったかなめ様は
さすがに石田先生にも黙って見たわけではなく(笑)
「先生、役作りの上で読んでみたいんですけど~.゚+.(´Д`*)」
といったところ
「しょうがないなぁ~誰にも言っちゃだめだぞー.゚+.(´∀`*).+゚.」
って見せてくれたのだそうで。
誰にも言っちゃだめだぞー・・・って・・・?(・∀・)

・・・かなめ様!超言ってる!!。・゚・(ノ∀`)

会場超沢山人いるのに!!(爆笑)
会場の「えぇぇ内緒なのにいいの!?」という空気を
まっっったく気にしてないかなめ様がすてきでした。

で、結局疾風の年齢というのは大石先生のほうにも
年齢不詳となっていたそうで
「なのでみなさまのご想像にお任せします」と。
「ちなみにかなめさんはおいくつのつもりでいるんですか?」
と司会者さんもナイス食い下がりを見せてくださったんですが
「それも教えられません(・∀・)(きっぱり)」
というお答えでした。
「あ、でも、これは言っときたい!」と突然思いついたかなめ様
「疾風の髪なんですけど

あれ、白髪じゃないから!!(´Д`ι)

と。・゚・(ノ∀`)(爆笑)
大劇場を見ていないのでわからないのですが、
白いメッシュ部分東宝にきて少し増やしたそうなのですが
「お手紙にもね
『東京にきて白髪が増えましたね。苦労してるんですか?』
とか、もらうんだけど(苦笑)白髪じゃないから!!」と(笑)
現実に存在していた人たちの中での架空の人物だから
何かちょっと現実離れした様子を入れようと思って
ヴィジュアル的に髪の毛に差し色を入れるというのを思いついたそうです。
が、最後の最後のかなめ様の一言は
「苦労して・・・ね~・・・もう、苦労してるんです(若干ヤケ)」
でした(´Д`ι)アリャァ

*どこでいってたかわすれたんですが・・・
疾風の難しさみたいなお話があり、
お衣裳ももろに忍びっぽいわけでもなく
(中に鎖ベスト?は着ているのだそうですがあまり見えないし。と)
一応物陰に隠れてる場面とかもあるけど
忍びの割には前にばーん!ばばーん!!とでていってしまうことが多くて(笑)
どうすれば忍びっぽく見えるかというところをすごく考えた
というようなお話がありました。



*公演トーク ルナロッサ
*月下美人のカツラ
についてのトークしかなかったんですよ!(笑)
もっと場面あるでしょうに。
いやさ、好きだけどさ月下美人、
美しいけどさ月下美人。
ほかのお役も聞きたかった~(´Д`ι)

そんな私の感想はさておき月下美人トーク。

*お気に入りのカツラは?
との質問に
どれも好きなんだけど~.゚+.(´∀`*).+゚.とかなめ様。
元々8種類あって、東京に来て2種類増やしたそうで
その増やしたうちの一つが
赤いショートカットのカツラに金色の髪飾りが右側についているもの
だそうで、
それはまだ一回しかつけたことがないそうなんですが
それが一番お気に入りとのことです。

*まだ増えちゃうぞ
ムラ公演中の時点で東京では2つ増やすと仰っていたそうなんですが
その増やしたうちの一つが
金髪のロングのカツラで
本当はかなめ様は黒髪のロングのカツラを作りたかったのだけれど
ムラ公演の千秋楽(だったかな?)に時間のない中カツラ屋さんに行き、
「~~~~~~な感じで!」と口頭でばーっ注文したところ
黒髪のはずが金髪になってできてしまい
ムラから着用の8種類の一つと若干被ってしまったそうで
その為今その元々作る予定だった黒のロングを作ってもらっているとのこと。
つまりは全9種・・・無理だわー(´Д`ι)←諦め

*フェアリー系だったら・・・
その黒のロングの新しいカツラには
地毛でつけようと思っていた髪飾りをつけるそうで
(ムラのお話を知らないので予測を含むなんですが)
どうも月下美人地毛バージョンというのも考えていたようで
けれど・・・
「地毛でやると私ねぇ
・・・気持ち悪いの!!(´Д`ι)」と。・゚・(ノ∀`)
かなめ様、男役メイクで地毛で月下美人のお衣裳を着て・・・とすると
「すみません、あの・・・ニューハーフ的にね。なるんですよ」
フェアリー系の顔ならよかったんですけどねぇ~σ( ̄∇ ̄;)
とつぶやくかなめ様がかわいかったです。
「なので、すみません、地毛はやりません!代わりに・・・ね!(・∀・)」

だそうです(笑)

*みんなすきだなぁ~
月下美人の質問が3つ目くらいになったときに
司会者さんが喋ってる途中で
「ふはっ(・∀・)」
って突然笑ったかなめ様。
司会者さんが「どうしたんですか??」
ときくと
「いや、みんな好きだなぁと思って。ふっ」
って笑っておられました。
そのちょっと上からな余裕の笑みが男前でかっこよかったです(´∀`*)






公演関係で覚えているのはそんな感じですー。
あとは、オフトークとゲーム。
コレは待てまた次回で。
とりあえずさらばっ(´Д`)ノ

2011.07.19(Tue) | 宙組 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。