ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ちぎ太スキー感想 その2

さあて。今日もばすばす書きますよ。
そして、明日明後日とまた観に行ってきます.゚+.(´∀`*).+゚.(観すぎ)
明日お休みになってうれしい。ほんとにうれしい。
しかもトークショーまでついてるし!!.゚+.(´∀`*).+゚.
がんばってチケット買います(そこからか!)

では、また照明からみたちぎ太スキー感想です。



*ネタバレ注意&マニアック危険(笑)*






*劇中劇の幕
牧神の午後の舞台での幕に当たる照明が大好き。
銀糸の入った紗のような幕が掛かっていて、
ちぎ太さんの牧神の乗っている台座を隠してるんですが、
(で、後で持ち上がっていってオペラ座幕みたいになる)
その幕にレモンイエローな照明が当たると、
布なのに硬質で透明に見えて、でも柔らかくなめらかに輝いていて、
べっこう飴の細工のようで、
本当に綺麗でした.゚+.(´Д`*).+゚.
あの幕もフィナーレでもでてきて、
そこでは黄色以外にも青や緑のライトが当たって・・・
んもうきれいだった!!!.゚+.(´Д`*).+゚.
あの硬質でいて柔らかい透明感のある幕がきらきら金色に輝く舞台で
踊るかわいいピンクのニンフたちが幻想的でかわいい。

あ、そのニンフさん達ちぎ太さんが近くに踊りにくると
手のひらで目を隠しながらススススッといなくなっちゃうのが
ちょっとかわいい.゚+.(´∀`*).+゚.

五峰姐さんのくるくるくる~って体に巻き付いた布を自分が回りながらとる
逆・殿お戯れを!!なやつ(←台無し)
あれが綺麗でよいですね~.゚+.(´∀`*).+゚.
(余談ですが、黒い瞳とかぶってる!とか思った(・∀・)
美海ちゃんがペテルブルクに行きます!の雪の精ちゃんのとこ
真っ白な舞台に白い布が薄く透けて美海ちゃんが映えるのがよかった)
あの紅梅色な布が舞台と、
そしてちぎ太さんの白基調のお衣裳に巻いたときに
凄く映える~.゚+.(´Д`*).+゚.
大分スミレコードというか、よくやらせて貰えたなぁ~という
宝塚的にはかなりチャレンジなシーンじゃないかと思うのですが。
私好きです。凄く凄く綺麗で(´Д`*)
シェヘラザードのチギ太さんも綺麗ですが、
完成された、安定した美。という感じなんですが、
この牧神の午後のチギ太さんの美しさは
半人半獣の怪しい美しさ、
そして、生きる為に踊ってきたヴァーツラフが
ようやく見つけた自分の表現したかった踊りをしている
その恍惚感と緊張感が張りつめた糸のような繊細な美しさで・・・
大好きです.゚+.(´Д`*).+゚.

あと、布を身体からほどいて片手で上に上げて
その布に顔を沿わせるちぎ太さんが好き.゚+.(´Д`*).+゚.

そして、その後のしゅーちゃん、づっくん、あゆっちの語り照明で
去年みた朝海ひかるさんのローマの休日の舞台を思い出しました。
3人芝居だったので、ラストの方のアン王女の記者の囲み取材の場面では
人ではなく四角い照明が記者として横一列に並んでて、
記者の声が聞こえ出すと
しゃべってる記者の位置だろう四角い照明の一つの照度があがる
という照明演出があって、何て面白いことを!!Σ(-`Д´-ノ;)ノ
と感動したんですが、
なんかそれを思い出しました。
四角い照明が真上から降り注ぐ中での独白みたいな感じが。

*サン・ミゲル教会
ブエノスアイレスのサン・ミゲル教会のステンドグラスが好き。
ステンドグラスの吊りセットが上はビタミンカラーに色づいてて
背景の濃紺にすっごく映えていて綺麗で好きです。
そして、そのステンドグラス、
下の方はだんだんと舞台後ろの濃紺に近いブルーになっているから
ちぎ太さんとあゆっちの後ろでピカピカし過ぎることなく
けど、色合いはさわやかで明るくて・・・
考えて作られてますよねぇ~
そして、二人ともさりげなく白基調な服なのがまた.゚+.(´∀`*).+゚.
あと、全体にブルーで真ん中が
バージンロードのように白く光ってるのに
なんか・・・ロミジュリを思い出した(´Д`*)(ま、同じ先生だからね!)
ステンドグラス。綺麗です。

*追いつめられるちぎ太さん
後半なんども追いつめられてるんで、
どこだか若干怪しいんですが(おい)
確かあゆっちがコーヒー持ってくる前のところ。
薄い透け幕の奥でちぎ太さんが膝を抱えて座ってて
ゆーらゆーらゆっくり揺れてたのがだんだん揺れが激しくなって
づっくんの声が聞こえてきてビクッとなるのが好き。
もう、セルゲイの声が聞こえるだけで
条件反射のように身体の動くヴァーツラフが、
切ない。・゚・(ノД`)
で、今までのいろいろな人のせりふが音声だけで聞こえてきて
ちぎ太さんを責め立てる声になって追いつめていくんですが、
そのときに四方八方からカッとちぎ太さんを照らす白いライトが好き。
こう、サーチライトに照らされた逃亡犯のようで、
そのライトに照らされると別の方向に向かって
逃げるように舞台上を右往左往するんですが、ちぎ太さんが。
そのたびにそのいく先からその強い真っ白な照明に照らされて
追いつめられてくちぎ太さんが切ないし、
観てるだけでもう・・・苦しいんですが。
初見の時、もう・・・頭痛してきて!!(・∀・;)(笑)
(実話。息をのんで観てたらちぎ太さんの苦悩に当てられた(´Д`;;))
それくらい(どのくらいだ)迫真の場面です。

*背景幕
今回、凄く好きなのがホリゾント幕。
不思議な色合いの水色に薄い紫とかピンクの
マーブル・・・ともちょっと違うな・・・
水彩絵の具を滲ませたような・・・
そんな色合いの背景幕があるんですが、
その色合いが照明によってすっごく綺麗に変わって好きなんです!
特に好みなのが、ちぎ太さんお稽古場から飛び出す
・・・の後の夕暮れの町の色が綺麗。
上が濃い青紫で下にいくにつれ、橙・・・山吹となっている
夕焼けの色がすっごく綺麗。おすすめです!!

あと、どこだっけかな・・・?
セットがシャーッてはけてくと、星空!!
っていうのがどっかにあった気がするんですが・・・
それが好きでした.゚+.(´∀`*).+゚.



ちょっと時間切れ(´Д`;;)(←眠い)(おい)
登場人物を語るところまでまだいけなかった(・ω・`;)
明日観てきたらまた語りたいと思います。
なんだかまとまらずぐだぐだで申し訳ないです(´Д`ι)

2011.05.18(Wed) | 雪組 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。