ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

エディット・ピアフ行って来ました

雪組さんも千秋楽を迎えましたねぇ~.゚+.(´∀`*).+゚.
遅ればせながらみなさまお疲れさまでした~!!(大分遅いよ!(´Д`ι))
新生雪組の新たな門出が無事に一つ終わり、後少ししたら・・・

ウエルカム東宝~!!.゚+.(´∀`*).+゚.

もう・・・
超待ってます!!.゚+.ウズ(´Д`*)ウズ.+゚.

けど、ほかにも観たい作品がいっぱいあるので、
東宝でロミジュリが始まる前に!!
と、ただいま外部観劇週間でございます。

皮切りに、本日は銀河劇場にピアフを観に行って参りました!!
なので、本日はざっくりとですがピアフ感想です。



*ネタバレ注意*



*ピアフ@とうこさん
歌が・・・超・堪・能.゚+.(´Д`*).+゚.できます!
もう、コンサート!?ってくらい。
私、歌詳しくなくて・・・
お恥ずかしながらタイトルがわからないものが多かったんですが( ̄― ̄;
どの曲も迫力があって、心に響いて、ほんとに素敵でした。
歌に生きた、歌があるからこそ生きられた
そんなピアフの人生が、
歌を愛するとうこさんにとても似合っていて、
観劇が終わると、もう、思い切り生き抜いた!!みたいな、
そんな感覚がありました。
けれど、シリアスな場面でもセリフの間で
なんか面白くしてしまう、笑ってしまう
そんな瞬間もたくさんあって、
そんなところがパンフレットの「これがないと生きていけないもの」に
「笑い」と答えるとうこさんらしさだなぁと思いました.゚+.(´∀`*).+゚.
そんな笑いで好きなのはボクシングのトレーニング(?)の場面の
おっとこまえなとうこさんでしょうか(笑)

町のごろつきとして酒場でドンちゃん騒ぎしながら歌っているときも
大きなステージで歌いだしたときも、
大スターになってからも、
歌ってるときが幸せ。歌があるから生きていける。
そこは変わっていなくて、
全身から歌うことにかけるオーラが漂っていて、そこが好きでした。
あと、彼女の中で歌への思いは変わっていないけれど、
歌への姿勢というのは変わっていて、
歌うのが楽しければいい。から、
歌うことは何なのか、歌とは自分にとってなになのか、
こういう歌を歌いたい、この人を育てたい、この才能を育てたい・・・
いろいろなことを彼女なりに考えたんだろうなぁと思うのです。
男なしの人生はあり得ない感じのピアフの気持ちは
私には、さっぱりわからんのですが( ̄― ̄;(ぇ)
ピアフは愛されることを望むというよりは、
自分が誰かを愛することを望んでいたように見えたので、
人を全力で愛したいという姿勢は素敵だなぁと思えました。
沢山歌ってくださった歌、ミュージカルとしての会話形式の歌
ピアフのステージとしての歌、いろいろな歌がありましたが、
ラビアンローズ、パダム・パダム、愛の讃歌(この辺ならばわかるぞ:笑)
あとパリの空が青くて・・・という内容の歌と
最後の最後ピアフが死ぬときにベットから出て歌う
昨日のことはすべて水に流しましょうみたいな内容の歌が
大っっっ好きです。泣きました。・゚・(ノД`)
愛の讃歌とか、水に流しての歌はセンターに一人立って歌うとうこさんに
四方八方から白の照明が当たって
もう、きれいだし、歌凄いし・・・

凄いです。・゚・(ノД`)(語彙不足)



*モンタン/テオ@浦井健治さん
とうこさんの箱舟で初めましてした浦井さん。
またとうこさんと歌う姿を銀河劇場でこんなにはやく観ようとは!!
浦井さん、二役です。
それもどちらもとうこさんの若い恋人役。
けれど、ピアフが絶頂期に出会った恋人と
ピアフが年をとり、モルヒネを打ちながらも歌うことを選んだ
歌うことでしか生きれない、
身も心もぼろぼろで、でも歌っていたい。
そんなピアフに最期寄り添うことを許された恋人。
モンタンは発展途上のこれからどんどん育つ若葉のような溌剌とした感じで、
テオはゆったりとおおらかな雰囲気を持った感じで、
全く違う二人の男性を演じた浦井さん。素敵でした。
モンタンの歌う一幕終盤の落ち葉の歌が凄く素敵でした。
オレンジががった赤茶色の照明で、
葉っぱが上からひらひらと落ちてくるんですが、
ほんとに葉っぱ型をしているから、
落ち方が予想もしない感じにひらひらくるくるしていて、
歌がしっとりと聞こえてくる中
すっっっごくきれいでした.゚+.(´Д`*).+゚.(照明・装置好き)



*シモーヌ@佐藤仁美さん
とうこさんとずっと一緒にいる妹分。
喧嘩しながら、大笑いしながら、いつも一緒にいる。
よき理解者で、よき相棒で、
ピアフにとって共に人生を生きた戦友でもあったんじゃないかと思います。
佐藤さんの笑いの間も凄く好きで、
ピアフの相棒でありながら、
ピアフを見つめるという意味では甲本さんとコンビになることも多くて
二人の笑いの間がまた上手で。・゚・(ノ∀`)
かなり和ませていただきました.゚+.(´Д`*).+゚.
ほんとかわいかった!!



*マルセル@鈴木一真さん
鈴木さんも・・・初めましてでした。
でも、テレビではよくお見かけしていて、
けど、結構トチ狂った役の多い方で・・・どうなんだと思ってたんですが(暴言)
いやぁ素敵でした.゚+.(´∀`*).+゚.
実際に他にそういう方がいたのか知らないので定かではないんですが、
劇中ではピアフが愛しているときに別れたたった一人の男性です。
それも、ピアフに会うために乗った飛行機の事故での死別。
ピアフが精神的に狂い始めるのもここからで(薬物のせいもあるかもですが)
その後結婚するときにもマルセルのことは心にあるままで、
ピアフにとって本当に大きな存在だったんだろうなぁと。
ピアフとの出会いの場面での
ボクシングのところが好きです(とうこさん含め:笑)
あと、ピアフに会いに来たときの
「呼び鈴を鳴らず時間が・・・待てなかった」(ニュアンス)
なセリフと赤面もののラブレターを読まされる拷問シーン(笑)が好き(´Д`*)



*ルイ@甲本雅裕さん
ピアフのことを酒場でドンチャン歌ってる最初からずっとみていて、
いつの間にかマネージャーになっていて、
シモーヌの次にピアフとずっと一緒にいた人。
さすがのサンシャインボーイズというか(笑)
テレビで拝見していたときから好きだったんですが、
間が、ほんっっっとうにお上手で!。・゚・(ノ∀`)
甲本さんがちょっと動くだけで笑いが起こるんですよねぇ(笑)
ピアフのことが心配で心配で仕方なくて、
だから、ピアフが新しい恋を見つけたりすると
ピアフの後ろで「またおまえは・・・!!Σ( ̄ロ ̄lll)」と
一人悶絶しているのですが(笑)
そんな姿が、面白くて面白くて(ほめてます)
大好きですヽ(*´Д`*)ノ



*警官@八十田勇一さん
はじめましての方でした。役は、パリのお巡りさん。
ピアフが酒場で別れた男といざこざを起こしたときから、
ちょいちょいとピアフの周りに現れているお巡りさん。
延々現れるのは同じお巡りさん。
この人、昇進しないんだろうか・・・?
とっくに定年じゃないのか・・・?
などと、細かいことをいったらおしまいなので言いませんが(笑)
彼も、とてもいいキャラで、
最期晩年のピアフがテオと話をするときに
「あのお巡りさん、また怒るわ」とピアフがいうセリフがあるんですが、
そのセリフだけで笑えるんですよ。
それは、そのセリフを言っているとうこさんの間というのもあるんですが、
それだけで笑いが起きるほど「警官」のキャラが立ってるんだなぁ
と、笑いつつも感動してしまいました。



*ピアフの母/テオの母@床嶋佳子さん
このかたもはじめましてでした。
ピアフの母としては、ずっとピアフの頭の中の人として出てくる。
ピアフは生まれて1週間で捨てられたと言っていたので、
お母さんのことは記憶にないはずなので、
想像上のお母さんなんでしょうねぇ。
けど、このお母さん、
憎まれ口は叩くし、からかうし、とうこさんには反抗されてばかり
けれどその奥にはピアフへの愛情も見え隠れしていて
ピアフは母の愛情に飢えていたんだろうなぁ
というのと、
素直にただ優しい母親を空想しないところがピアフらしいなぁ
と思ったのでした。
このお母さん想像上のお母さんなので出ているときは
いつも青白い照明が当たっているのですが、
この照明が青すぎずかといって色味がつきすぎず
絶妙に現実にはいない感が出ていて
いい色だなぁ・・・.゚+.(´Д`*).+゚.と観てました(照明好き)(わかったよ)

テオのお母さんとしては、本当に優しくて大らかで器の広いお母さん。
自分とそんなに(半年しか)年の違わないピアフが
息子と結婚すると言ったことも受け入れて、
ある意味で肝の据わった女性なんだろうなぁと思ってみていました。



*アッソ/テオの父親@中嶋しゅうさん
中嶋さんもはじめましての方でした。
ピアフが道で歌っていたところを見初められ、
クラブで歌うようになったときに彼女の才能に惚れ込んだ人。
育てることで愛を表現した人で、
ピアフに「人生を歌え。歌うべきだ」と言った人。
ピアフが劇中では浦井君など歌の才能を持った人たちを
育てることに力を注いだのはこの人がいたからだろうなぁと。
余談ですが、この方も間がナイスでした。
「うん」でこんなに笑えるとは。・゚・(ノ∀`)

テオの父親としては、
お母さんと同じで大きな器と広い心を持った人だなぁというのと、
ピアフに「息子のどこに惚れたのか」ということを聞いたときに、
彼の才能を育てたい。育てるべきだと思ってる。
というようなことを言ったピアフに
歌手として音楽の先輩として育てるとかではなく、
愛してやってくれればいい。一人の男性として愛してほしい。
そういうニュアンスのことを言うのですが、
そこが凄く印象に残っています。





もっと語りたいことがたくさんあるのですが、
時間切れです~(´Д`ι)
今回オペラなんていらないぜな前の方の席で観たので、
細かい表情や歌の迫力をすっごく楽しめたのですが、
前方すぎて床の照明が見えなかったのが無念です(´Д`ι)
結構、模様とかきれいだったと思うんですよ~
そこが照明好きとしては悔しいところでした。

そんな照明好きの悔しさはさておき、
ピアフ、とにもかくにも素晴らしかったです!
結構波瀾万丈な人生で、山も谷も多くて、
幸せいっぱいとは決していえないのに
観終わった後になんだか楽しかったような
満たされたような、そんな思いになれました。
それは、「笑い」をなくしてしまわなかった
とうこさんとカンパニーのみなさまのお力なのだと思います。
まだご覧になっていない方は是非是非劇場へ!!!

2011.02.04(Fri) | OGさん |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。