ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

アンナ・カレーニナ その他感想

今日はmy初雪でした.゚+.(´∀`*).+゚.
晴れたり降ったり吹雪たり非常にあわただしい天候でしたが(笑)

晴れてきたときに降っていた雪は陽の光が当たってキラキラしてて
舞台の銀色の紙吹雪に照明が当たっているのを見てるようで
よかもんみたー.゚+.(´∀`*).+゚.って気分になりました。

すっごい寒かったけど( ̄ロ ̄lll)

再三かいてるんですが職場の制服が膝丈キュロットにストッキング
そして屋外に出るときもコートはないので
これは会社から「凍えろ」と言われてるんじゃないかと(←卑屈)
制服のスボン化を要求するーっ!!ヾ(;´Д`●)ノ(ここでいうな)

そんな、私の私生活はさておき、
本日はアンナ・カレーニナセットや照明を語るの巻です。


*超マニアックネタ注意(笑)*






*セット
ベースになっているのが上下両方に置かれた∩の字型のセット
少し舞台中央に向かって斜めになっています。
で、上の半円の部分から鎖が垂れていて、
いま考えればこのセット窓だったとおもうんですが、
見ている最中はちょっと囲まれてる感のある感じやその鎖から
鳥かごだと思いこんでて、
アンナは心の自由を求めていたのに
結局飛び出ていくことはできなかったなぁ~というイメージで見ていました。
完全に思いこみなんですけど(・∀・)(ぇ)

あと、舞台中央の台。
大きい長方形の上に長方形の短い辺にあわせた正方形が乗っている台で
横から見ると凸、上から見ると[□]みたいな感じでぐるぐる回ります。
この台を色々上手に使ってて面白かったです。

で、下手側半分に赤い幕が掛かったり、
上手側半分に青い幕が掛かって階段が中央の台にくっついて
居間と子供部屋への階段になったり
隠すことで新しい場面になるというのが面白いなぁ~と思ってみてました。

あ、あと、下手の中2階的場所にオケピがあって(ピットじゃないけど:笑)
セットの陰から塩田先生がちらちらするのが
楽しくてしょうがなかったです(笑)
別に先生が何かなさってるわけじゃないのですが、
帝劇ミーマイ以来塩田先生をみるとわくわくする習性が・・・( ̄― ̄;

*スポット
をよく使っていたなぁ~と。
汽車に乗っている冒頭の場面。
たくさんの乗客が乗ってるんですが、
そのときメインで台詞を言っている人とはちょっと違うスポットで
あさこさんと伊礼さん葛山さんを照らしていて
(キティーはいないからしょうがないとして)
あぁこの3人がベースになって物語が進んでいくんだなぁと
初めて見る人にも分かりやすかったです。

あと、2幕にあさこさんと伊礼さんとあさこさんの元旦那(おい)が
各々の苦悩している心境を歌う場面があったのですが
そこが真っ暗な中それぞれにスポットがカッと当たって、
けど、メインで心境を歌ってるときと違うときで微妙な濃淡があって
それがなんか好きでした.゚+.(´∀`*).+゚.

*雪
これは・・・紙吹雪の方がよかったなぁ~・・・
たぶんなんか雪降らせ機みたいなのを使ってたんですが、
使うとシューーーーッってずっと機械音が聞こえてきて
ちょっと現実に戻るな(・∀・)という感じがしたので。
細かい雪で、発泡スチロールを壁にこすってポロポロにした奴みたいな

きれいだったんですけどねぇ。
個人的には紙吹雪の方が好きでしたー(・ω・`)

*汽車
重要な汽車。
これ、ね。そもそもの発端である二人が出会った汽車
その汽車でアンナは死ぬことを選ぶというのが・・・
何ともやりきれないですよね。・゚・(ノД`)
汽車は吊りものでヘッドライト?(というのかな)
の部分だけが降りてくるのですが、
アンナの最後にそのヘッドライトがすっごく強く光っていって
その光の中にたたずむアンナのシルエットが綺麗で・・・
切なかったです。・゚・(ノД`)

あと、これ汽車関係ないんですが、
アンナが死んでしまった後にキティご夫妻の会話があって、
その2人もセンターでライトを浴びながら去っていくんですが、
寄り添いあったその幸せそうなシルエットが
あさこさんの最後を観た後だからこそじわっとくる
そんな感じで・・・泣けました。・゚・(ノД`)



そんなもんですかね~。
とりあえずこれで、書くことは書いたという感じです。
小さめの劇場故に出演者の方々が丁寧に繊細に作られたお芝居が
ダイレクトに伝わってくる。
そんな感じの作品でした。
一路さんのアンナはまたきっと違うアンナなんでしょうね~
予定の合う方は是非是非クリエへ!!(回し者か!)

2011.01.16(Sun) | OGさん |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。