ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

アンナ・カレーニナ

今日はシアタークリエに
アンナ・カレーニナを観に行ってきました。

退団以来のあすかさん、退団以来のあさこさんでした。

すっごいよくて。・゚・(ノД`)
お話の内容的にちょっと苦手かも・・・?と思っていたんですが、
なんか、もう、2幕泣いたよ。・゚・(ノД`)

では、完全に備忘録的な感想です。



*ネタバレ注意*






*アンナ@あさこさん
立派な女子でした!!.゚+.(´Д`*).+゚.(第一声それか!)
冒頭で人にぶつかって「きゃあ!」という場面があるのですが
あまりの乙女な声にあ、あさこさん!?( ̄□ ̄;)と衝撃を受けました(笑)
それはさておき、最初は聡明で美しくて冗談を言うセンスもある
そんな素敵で貞淑な奥様。
ヴロンスキーと列車で出会いその後再会し求愛されるうちに
最初は拒んでいたのにいつの間にか激しく愛し合ってしまう。
駆け落ちをしてまで一緒になって、
けれども息子のことが忘れられず一緒にいられない苦しさと自責の念に
だんだんと苦しみ歯車が狂っていくアンナ。
その心理描写がすっごく丁寧にされていて、
2幕の薬付けになり始めたあたりからの姿は胸が痛みました。
最初は貞淑でまじめなのだけれど、どこか自由で・・・
そんな姿がとても魅力的でした。
だんだんとヴロンスキーとの恋に苦悩しはじめ、
2幕中盤からの狂っていくあさこさんは次第に引き込まれる感じで。
片時も目を離せない迫力がありました。
最後の列車の前に出ていく後ろ姿も壮絶でしたが
そのまえの息子を思ってのソロが・・・ものすごく切なかったです。・゚・(ノД`)

お衣裳はさすが同じロシアものというかんじで
カラマーゾフのとなみさんの「モークロエ」のときそっくりなドレスがあって
それが特にすっごく似合っていて素敵でした.゚+.(´Д`*).+゚.



*キティー@あすかさん
とにかく可愛かった!!
そして、会場をドッカンドッカン言わせてました(笑)
夢見がちで暴走しがちでお茶目で可愛くて・・・
なんか、アーネスト・イン・ラブのときを思い出したかも(〃∇〃)
私実際にあすかさんを観たときは
ニューオリンズ/アビヤントを1回こっきりだったので、
ルルな感じで大人ーな雰囲気を印象として持っていたのですが、
もう、笑いをとるときの間や声のトーンや動作が
そうでした。星組っ子でしたね.゚+.d(´∀`*).+゚.な感じで(笑)(ほめてます)
すごく癒されました~(´w`*)
レイヴィンと結ばれる黒板の下が大好きです。
チェックのドレスがすごく可愛くて似合っていました~.゚+.(´∀`*).+゚.



*ヴロンスキー@伊礼さん
ラダメス以来・・・?あ、違う絹の靴下以来ですね、伊礼さん。
こう、かっちりした一途な青年が似合いますよね。
あさこさんに再会して彼女に惹かれている自分に気づいた瞬間からの
あすかさんへの対応がひどいや!( ̄□ ̄;)と思いましたが、
あさこさんへひたすらに愛を注ぐ姿が逆に切なかったです。
あれだけ一途に愛することができるっていうのは凄いことだと思います。
けれどその分あさこさんが苦しんでいるときに
彼も相当苦しかったんじゃないかなぁ・・・
あさこさんが死んでしまって軍隊に入ったのかな?
なにも考えずに命をとして戦うことができることに
あさこさんの死を悼んで凄く悲しんでいるんですが
どこか色々なものから解放されたようでもあったのが、
このような結果になってしまったことが、
本当に切なかったです。・゚・(ノД`)



*レイヴィン@葛山さん
戯伝写楽に暗くなるまで待って・・・意外とお会いしてました葛山さん。
髪の毛のぼさぼさ具合が確実に影響しているんですが
ダイ○ハウスのCMの役所さんに見えてしょうがなかった(笑)
ちょっと不器用そうな感じとか・・・
最初に出てきたときは純朴で堅実なだけって感じでしたが
次第に次第に面白くなっていくキャラが非常に魅力的でした(〃∇〃)
フラれちゃってお家にかえって器械体操するあたりから
もう、なんか、失うものはないって感じで(笑)
アンナのお兄さんとの狩りの場面と
その後のあすかさんとの黒板の場面が大好きです。
あすかさんとはこれから笑いの絶えない(笑)
いい家庭が作れるんじゃないですかね~.゚+.(´∀`*).+゚.



*スティーバ@角田課長(違っ)
「暇か!?(・∀・)ノ」・・・と言ってほしかった(笑)
いやはや、パッと見わかんなくてびっくりしました。
しゃべり方も違って・・・けど、笑いの間とかがやはり角田課長(笑)
もう、狩りの場面とか本領発揮ですよね。・゚・(ノ∀`)
すっごくいい笑いと癒しを提供してくださいました。
細かく動作とかツボを語るとキリがないナイスなお人なのですが、
ひとつひとつ語りまくる時間がないのでひとまずコレにて。
とにかくいい間と笑いが素敵でしたヽ(*´Д`*)ノ



*カレーニン氏@山路和宏さん
戯伝写楽でお会いしてますね。
カレーニン氏はこの作品の中で人間的成長を一番遂げた人じゃないかと。
最初は仕事命で外聞命で、あさこさんのことも愛しているけれど
自分の持ち物の一つという感じで・・・
息子も興味は持ってなかった。
けれど、あさこさんが駆け落ちしてしまったことで
彼なりにいろいろなことと向き合う機会があって、
息子のことを見つめる機会も増えて、
息子を「自分の子供」ではなく
一人の人間「セリョージャ」として見るようになったんじゃないかと。
だからこそのアンナが訪ねてきたときの台詞だと思うんですよ。
厳しく育てる中でも愛情を感じ取るから息子くんも
1幕の時とはお父さんとの接し方が違って
あぁ、やっぱり子供ってわかるんだよねぇ(・ω・)と。
アンナが訪ねてきたときは、
息子に会うのを拒んだときの言葉も
戻ってくるなら受け入れようといったときの言葉も
カレーニン氏の1幕からの変化を想って泣きました。
ここでの感情移入の先はあさこさんではなかったですね。
彼は、アンナが出ていったこと、駆け落ちをしたことで
つらい思いもいっぱいしたとおもうんですけど
人間的には一番変化した人で、
また、このことがあったからこそ2幕の彼がいるんだなぁという。
皮肉な結果ですよねぇ。・゚・(ノД`)




というわけで、ざっくりとした人物感想でした。
ちょっと時間切れなので、
またかけたら照明とかセットとかについても書きたいと思います。

ひとまず、ダスヴィダーニャ(・∀・)ノ

2011.01.15(Sat) | OGさん |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。