ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

オネーギンへの恋文 その11

何とか2011年初観劇までに
オネーギンさん1幕感想を終えることが出来ました(・∀・;)(ギリギリ)

それで、明日今年初観劇で宙組さんを観に行くのですが、
今年の観劇をはじめるに当たって
感想アップを一旦クリアにしてはじめようと思っています。
学生時代とやはり色々勝手の違う部分も出てきて、
雪組公演が東宝終盤に入ってから順を追って事細かに語り出すと
他組の公演、外部の公演に全く手が回らず
ちょっとそれも寂しいなぁと思いまして。
ブログ自体私の備忘録も兼ねているので・・・

時間のあるときにロジェLRの感想を
今までもちょっとずつ書きためてきてるんですが、
そんな感じでロジェLRそしてオネーギンさん2幕は
書きためてまとまったらアップしようと思っています。

観劇の度にざっくばらんに書くのが
特に回数を重ねるであろう雪組感想の場合
私に合っているのか合っていないかも
ちょっとわからないのですが、
今まで通りだと完全に私の手が追いつかないので(´Д`ι)
ひとまずそんな感じでやってみようと思っています。
その分一回一回ツボに入ったとこを
事細かなとこまで突っ込んで書いていきたいと思いますので
基本的に順番通りかバラバラかという違いなので、
あまりスタンスとしては変わりませんので、
変わらず読んで頂けたら嬉しいです。
私の拙い感想でも楽しみと仰ってくださっていた方には
非常に申し訳ないのですが、
ご理解頂けましたら幸いにございます。



では、前置きが長くなりましたが
オネーギンさんへの恋文も11通目になりました。
1幕ラストでございます。

*ネタバレ注意*






*第9場C 田舎の宴 (C)舞踏会[ラーリン家の広間]*
*オ・リ・ガモッテ~モテ~♪(某モテモテソング調で)
いろんな雪組イケメンズにダンスに誘われ取り合い状態のオリガちゃん
満更じゃなさそうなにこにこ笑顔が・・・

かわいいなぁもう.゚+.(´Д`*).+゚.

ひー担としては「あなたのフィーアンシーはレンスキーでしょ!」
とか思うとこなのかもしれませんが・・・
かわいくてウハウハひたすら見つめてしまいました(´▽`*)
オリガ・・・恐ろしい子っ!( ̄□ ̄;)(は?)

そして、最終的にオネーギンさんにダンスに誘われ
超嬉しそうに手を取り踊り出すオリガちゃん。
もう・・・かわいくて!.゚+.(´Д`*).+゚.(わかったから)

*ムッシュキングと美海ちゃん
そんな妹オリガと踊りだしたオネーギンさんをみて
超動揺する美海ちゃん。
そこにすっと現れ半ば強引にダンスに誘うのが・・・

ムッシュ・キング。・゚・(ノ∀`)

ステップもやたら跳ねてて
美海ちゃんを振り回すムッシュ・キング。・゚・(ノ∀`)
振り回されながらもオネーギンさんとオリガが気になって仕方ない
そんな美海ちゃんがいじらしいです。
そして、キングから目が離せません(笑)
その後パートナー交代でムッシュは確か杏奈嬢のところにいくんですが、
杏奈嬢がムッシュの奇天烈ダンスにも余裕の笑みでお相手されてたのが
さすがは大人のお姉さま.゚+.(´Д`*).+゚.でした。

*オネーギンさん
オリガをダンスに誘う理由が
「オリガに自分はふさわしくない男だと思い知らせるため」
なのだとパンフを読んで知って、あぁ、よかったなぁと。
原作では
「レンスキーめ、こんなとこにつれてきやがって・・・
あいつの女ちょっくらからかって見せつけてやる」
って感じだったんですよ!(かなりざっくりですが)
だから初見はそういうもんだと思ってみてたので、
レンスキー君に突っかかられたときの
「彼女が私を選んだそれだけだ」
とか、すっごくいやな感じの嫌みに聞こえたんですが、
冷静になって(笑)よく見ると、
オリガに見せつける意味のほかに
レンスキー氏にも「夢物語だけじゃなく現実をみるべきだ」って
そういうことを言いたかったんでしょうね。
ただ、その方法がちょっとゆがんで育っちゃった彼なりの方法故に
オリガにもレンスキーにもそのとき正しくは伝わらなかったわけですが

*レンスキー氏
オリガがオネーギンさんと踊りだしたのをみてその楽しそうな表情をみて
すっっっごく複雑そうな表情をしているレンスキー氏
その時の寄った眉と陰る瞳がおすすめです.゚+.(´Д`*).+゚.(黙れ)
けどすぐに「お付き合いお付き合い」と心の落ち着きをとり戻し
満面の笑みでオリガの元へいくレンスキー氏
「オリガ、僕と踊る約束は?」
・・・この台詞可愛くないですか!?(´Д`*)(落ち着け)

きゅん.゚+.(´Д`*).+゚.(黙れ)

それに対して踊りながら適当に
「あとでね!」とあしらうオリガちゃんアァァ(´Д`;;)

そして、下手に行っていすに座りしょんぼり一人酒のひーたん。
うす黒いオーラがもんもんと出ていて、
ちょいちょいしつこく言ってるんですが
まるで同窓会とかうっかり来たはいいけど
俺このクラスあんま馴染んでなかったわーΣ(´Д`;;)
って感じの一人ぼっちっぷりで・・・(・ω・`;)

最後の曲になってオリガの元に気を取り直してもう一度行く
そのときのひーたんがまた笑顔になっていて、

オリガに向ける笑顔は優しいものでありたい。

これもきっと彼の理想なんでしょうねぇ・・・
けど、さすがにちょっと悩むものの
「今楽しいほう」を選んでしまうオリガ。
「楽しいのが好き」が彼女の天真爛漫な良さですが、
オネーギンさんの言うとおり軽率なところでもあるんですよねぇ。

*卓袱台返しっ!!
そして、オネーギンさんとオリガに言い負かされ再び下手の住人に・・・
(オネーギンさんはあれで諭したつもりで、
オリガはオリガなりに色々溜まってたんでしょうが・・・)
で、グラスに残っていた酒を一気にあおり

ウガーーーヽ( ̄□ ̄;)ノーーーッ

っと、卓袱台返し!!
そして、グラスぶん投げ!!

ひ・・・ひーたん・・・!?(´Д`ι)
と、初見時はびっくりしましたが、
回を重ねるごとに派手になるほど
テンションがあがりますね!.゚+.d(´∀`*).+゚.(ちょっ)
その後の「僕の愛する人から離れろ!!」が、
ひーたんになら1度や2度や3度や4度(ちょっと多いよ!)
言われてみたい・・・と思って見ていました(´▽`*)(←ファン)

オネーギンさんは現実も見ろと言いたかったんでしょうが、
レンスキー氏的には
自分の目の前にある世界をただただ守ることのほうが大切で、
それをあざ笑うように壊そうとするオネーギンさんを
許せなかったんでしょうねぇ・・・
また、一番守りたいオリガから突き崩されたわけで・・・
「君はそんな人ではなかったはずだ」っていうときの
必死気な表情が、もう・・・
藁にもすがるってこんなかんじなんだろうなぁ(・ω・`;)
という必死さで。
あのときのあの状態がレンスキー氏にとって本当に最後の砦だったんですよね。

*決闘を申し込む!
手袋を投げるところが、
かっこいいですよねぇ~.゚+.(´∀`*).+゚.(ファン)
たまに床を手袋がシャーッと滑っていくと
どこまで行くのっ!?(´Д`ι)とドキドキしたりもしましたが(笑)

みんなに止められ、オネーギンさんにもはじめ取り合ってもらえず
「まだ僕を侮辱するのか!?」っていうレンスキーさんの叫びが
「拾ってくれ、本当の友達だと思うなら・・・!!」と訴える声が、
悲痛です。・゚・(ノД`)
その訴えるレンスキー氏の目を見て変わる
オネーギン氏の表情も好きでした。

あと、オリガが「ウラジーミル!」って声をかけたときに
一瞬だけ何ともいえない表情に変わるのがすっごく好きでした。
一瞬柔らかくなるような、それでいてよけい悲痛になるような
複雑な表情で・・・切なかった。・゚・(ノД`)

*第10場 決闘ーある過ちー[森のはずれ]*
*決闘ソング
ひーたん、ひとり舞台に残って歌います!
暗い舞台に青のライトで照らされて
膝を突いて訴えるように歌うのが迫力あって・・・
すっごいよかったです!!
けど、切ないわこの歌・・・。・゚・(ノД`)
信じたものも守り続けようとしたものも時が経って消えてしまった。
どうしてこの手に残らないのか・・・
そういう感じの歌なんですが、
そう歌いつつもその歌詞の端々に
レンスキー氏は本当は目の前の世界が理想通りなわけでも
美しくて綺麗なだけではないこともわかっていたんだろうなぁ、と。
そう思わせる言葉が入っていて、
それ故に、わかっていたのに目を背けることしかできなかった
彼の優しさ、弱さが余計に悲しいのですよ。・゚・(ノД`)

*レンスキー氏とオネーギンさんの掛け合い
この、オネーギンさんの登場の仕方が
かっ・・・こいいですよねぇ!!.゚+.(´Д`*).+゚.(力一杯)
マントを着けてふわ~っと風に裾がなびいて

・・・かっこいい!!.゚+.(´Д`*).+゚.

そして、ここからの二人の掛け合いがすっごく好きなんですよ。
言葉の対比が美しいですよねぇ。
それがなんかまた景子先生っぽくて好き(〃∇〃)
特にレンスキー氏のあとにオネーギン氏がかけあう

君は正しい 君は美しい
君の言葉 君の理想
真実見つめ生きるべき すべて受け入れ生きられたなら


そして、二人で同時に

君のように生きられたなら
違う世界を見つけられたのか


ここが、なんか、もう、
お互いにお互いの想いもなにもわかってるのに、
わかりあえてるのに、
そして、お互いにお互いを
自分にないものを持っている人として羨ましくも思っていて・・・
なのに今となってはどうにも止められなくて

それがもう、切なくて、
上下から少し離れて見つめあいながら歌って
君のように生きられたならでお互いに手を差し出すのが
なんか、ねぇ、切ない。・゚・(ノД`)

けど好きなんですよ。
二人のシルエットと、
その後ろでブルーに照らされた白樺の森とか、
すごく、すごく綺麗でした。

*村人の歌
テキパキと準備を整えるがおりさん。
そして、パーティーの列席者が歌うんですが、
この歌が・・・またなんかみょうに不気味というか、
ひそひそしつつも様子を窺ってる感じがすごくよくわかる、
そして、なんか頭から抜けない歌で。
いなっかのっむら~で けっとうっさわ~ぎ~♪とか
ひげきか~♪ きげきか~♪
・・・と、結構ぐるぐるして困りました(笑)

*照明
ここ一番好きな照明ポイントなのです。語ります(・∀・)
またかと思って流してください( ̄― ̄;

ここの白樺の森が綺麗なんですよ!!
明るめのブルーグリーンなのかな?で、照らしてるんですが、
さっきまでの濃い色では不気味な夜の森だったのに、
この照明になったとたんに朝靄の立ちこめる白樺の森になってて、
照明がすごいのか背景幕がすごいのか、
とにかくもう、感動しました!!.゚+.(´Д`*).+゚.
同じ背景幕なのになんていろいろな表情を見せてくれるんだ
白樺の森!!と。
あれ、私の2010年ベストオブ幕です(・∀・)+(なんだそりゃ)

*ツボだらけ
そして、いよいよ決闘。
かっこいいデザインの銃を互いにとって背を向けて
ゆっくりと一歩一歩進んでいくレンスキー氏とオネーギン氏。
このときのレンスキー氏が、私のひーたんツボ満載でして!!(ぇ)
銃にかけて顔の横に持ち上げた右手とおろした左手の指先とか
ちょっと持ち上げ気味の顎から首の横顔ラインとか
この横からのショットの舞台写真が欲しかった!!!
ってくらい美しくて好きでした。
いろいろな感情を押し殺した上でのきりっとした無表情も素敵で!

大好きです!.゚+.(´Д`*).+゚.(結論)

*騎馬戦
決闘背を向けて歩いていったときに
ふつうにくるっと振り向いての撃ち合いだと思っていたので
村人がススッとでてきて持ち上げたときには

え、えぇぇΣ(-`Д´-ノ;)ノ?!

と、驚きました。
けど、景子先生わかっていらっしゃる。
確かにこれ、撃つ瞬間はね、是非とも、
正面から表情みたいですもん!!.゚+.(´Д`*).+゚.

*足下に潜む罠
このありがたい騎馬戦スタイルなんですけれども、
ひーたんの左足下にとてつもない罠が仕掛けられておりまして(笑)
その罠の正体は・・・

ムッシュ・キング。・゚・(ノ∀`)

化粧鬘にピンクのほっぺそして日々場所の変わる付け黒子で
超真顔でひーたん持ち上げてても、
ムッシュ本人は至ってまじめでも、

面白すぎる。・゚・(ノ∀`)(ほめてます。全力で)

いつも危うくオペラでキングをガン見してしまうところでした。
ムッシュ・キング・・・大好きだ!!.゚+.(´Д`*).+゚.(告白か!)

*ひーたん死す
で、モロに撃ち合わないのもまた面白いなぁと思ってました。
暗転して次に照明が当たると
横たわるひーたんと立ち尽くすオネーギン氏が・・・
この演出かっこいいですよねぇ。
歌劇の楽屋日記曰くひーたんは笑いと戦っていたようですが(笑)
運ばれていくひーたんの手がぶらんっぶらんしてて、
あぁぁぁ。・゚・(ノД`)(ちゃんと喋れ)

*オリガ・・・!!
この舞台初見時一番のショック場面でした。
レンスキーの死が明らかになったときのオリガの第一声
「私のせいじゃないわ!この人が私を誘惑するから!!」
えぇぇぇ・・・( ̄□ ̄;)
と、あまりの発言に惚けてしまいました。
違うでしょう!?と。
誰の所為とか所為じゃないとかそういう話でないでしょう!?と。
けど、オリガもそうやって人のせいにしないと
押しつぶされてしまいそうだったんでしょうね・・・
自分のちょっとした浮気心が原因だったわけですから。
けど、ねぇ、やっぱ・・・ちょっとでも悲しんで欲しかったなぁ。
原作ではまぁ、そのうち忘れちゃうんですけど
それでもレンスキーの死を悼み悲しんでくれてたんですよオリガちゃん。
なので、ちょっと寂しかったなぁ・・・(・ω・`;)

*ひーたん復活
ひーたんが運ばれ、一人舞台に残り慟哭するオネーギンさん。
その後ろを歩いていくひーたん(幻影役ですが、勿論)
1幕閉まらない内にひーたんが死んじゃったのを観て
2幕は幻影とかかなぁと思ってたんですが
こんなに早く復活するとはΣ( ̄ロ ̄lll)(笑)
ちょっとびっくりしました( ̄― ̄;

そして、苦悩の表情で銃を自らのこめかみに当てる轟さんは
壮絶に美しいです。かっこよかった。
幕が閉じて舞台の光が一切見えなくなる
その最後の瞬間まで緊張感が漂う。そんな感じでした。




以上です!!
というわけで、オネーギン語り一幕終了。
二幕は冒頭で書いたように地味に地道に書きためて
まとまった時点でボンボンとアップしたいなぁと思っています。
二幕もツボだらけなんですよ!!
杏奈嬢とか緒月さんとかりさりさとかにわにわとか
イケメンなキングとか、マナハルとか、彩凪くんとか
占い専科ないの莉嬢とか・・・書ききれないほどに!
なので、地味に地道に頑張りたいと思います。

では、明日はまず拍手レスをさせていただき、
新たに誰鐘感想から出発したいと思います。


ダスヴィダーニャ!!(・∀・)ノ

2011.01.07(Fri) | オネーギン |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。