ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

オネーギンへの恋文 その10

年末ですねぇ・・・早い。
そんなわけで、今年最後の感想アップはオネーギンさんです。
読めばわかりますが・・・

1幕終わってません(・∀・)(おい)

けど、この後で適度に終わらせたらひー担の名が廃るので!(笑)
今年一年の統括と来年の抱負はまた明日にでも改めて。

では、ひとまずオネーギンさんを語ります!




*ネタバレ注意*





*第8場B 田園での出来事-タチヤーナの手紙(B)そして、朝[田舎の屋敷・ポーチ]*
*手紙を読むオネーギンさん
この第8場のAとBの境目がいまいち謎なのですが、
ターニャが手紙を書きながら袖から机と一緒に
ゴロゴロ出てくるところからかな・・・?

ターニャから届いたラブレターをオネーギンさんが上手のポーチで読むときに
下手ではターニャがまさにその手紙を書いているんですよねぇ。
前回の記事にターニャについては書いたのですが、
その思い詰めたような、でも恋にきらきらと輝いていて・・・
そんな美海ちゃんのまなざしがすごく可愛いです。
そして、そんな純粋な恋心がつづられたラブレターをもらった轟さん。
その日そのときによって表情の変化が違って
美海ちゃんもみたいのになかなか目が離せなくて困りました(´Д`ι)
手紙を読み終わったとき=美海ちゃんが歌い終わったときの
手紙をぎゅっと握り天を仰いで噛みしめるような表情をするのが
もの凄く好き.゚+.(´Д`*).+゚.
その後の手紙を破り捨てようとして、でもためらう時も。
タチヤーナの純粋な想いに感動し、心動かされる
けれど日々を無為に過ごしている自分では彼女を幸せにできない
と思い、手紙を破ろうとするものの
あまりの純粋な思いの結晶を破り捨ててしまうこともできない。
そんな感じの心の動きが
動作と表情とその間だけで作り出されていて・・・
すごいなぁと思ってみていました.゚+.(´Д`*).+゚.

*ニーナ
手紙に動揺する轟さんの表情をみて
何かを悟って「もう帰ろうかしら」と言い出す
ニーナの表情が好き.゚+.(´Д`*).+゚.
オネーギン氏の変化を何となく察知できる
そこがニーナの長年のつき合いで培ってきた
愛であり絆であるんだろうなぁ・・・と。
素敵なお嬢さんですよねぇ・・・ニーナ(´Д`*)

*パーティーに行きましょう
出直してきたレンスキー氏。
またもやタチヤーナの命名の日のパーティーへのお誘いです。
しかも当日!
ちょ、ちょっと・・・急だよ(´Д`ι)(@リオン口調で)
ひーたん案外強引ですよ(笑)
「気が進まないな」ってオネーギンさんも言ってるのに
「だめさ!君を連れていくってラーリン家の人と約束しているんだ」
・・・いつの間に!!( ̄□ ̄;)みたいな(笑)

そうすると今度はオリガとターニャが。

さらさちゃんが可愛いです。
「貴女のパーティーなんだからちゃんと自分で誘わなきゃ」と
振り返って美海ちゃんに言うところが凄く可愛いです。
振り返りざまの笑顔。かわいい.゚+.(´Д`*).+゚.(わかったから)

そして、オリガが見えた瞬間
ひーたんの表情がパァッと明るくなるのもツボ.゚+.(´∀`*).+゚.

*ひーたんオススメ場面
稽古場レポートでも、ナウオンでも、
そしてお茶会でも言っていたひーたんお気に入り場面(笑)
恋文を送った側と受け取った側
ビミョーに気まずいこの状況の中やってくるニーナ
そして自然に「あら、お友達?」っていいながら
轟さんにピトってするんですよね~.゚+.(´∀`*).+゚.
私もこのピトッ好き!!.゚+.(´Д`*).+゚.
なんか、たとえば「彼は私のものよ」的に
嫌味にやろうと思えばもっとできると思うんですが、
ぜんぜん嫌味じゃないのがいいんですよね~!
自然なの!ニーナにとってこのピトッが自然だから嫌らしくないんですよ。
素敵だわ・・・.゚+.(´Д`*).+゚.



*第9場A 田舎の宴(A)命名の日の祝い[ラーリン家の広間]*
*美海ちゃん
タチヤーナの白いドレス、可愛いですよね~.゚+.(´∀`*).+゚.
袖のところについたフリフリがまた、かわいい。
けど、元々宴席主役は向いてないのみたいな感じでおろおろしてて、
オネーギンさんがきたら更にいたたまれない感じの表情をしてて
ちょっとかわいそうに( ̄― ̄;と思ってみてました。

*朝風氏
牛マニアのおじさんです(・∀・)(ぇ)
オネーギンさんが超邪険に扱っていてかわいそうだった。
そして、ひーたんは椅子引いてあげてましたよね~優しい.゚+.(´∀`*).+゚.
けど、笑顔で相手してあげるものの心ここにあらずで聞き流してて、
朝風じいちゃん・・・ガンバp( ̄― ̄;

*オネーギン氏
レンスキー君に無理矢理連れてこられ始終不機嫌なオネーギンさん。
テーブルに座ってカードを持ってペイッってするのが好き。
すごく投げやりで(笑)

*ひーたん
このちょっと光沢のあるグレーのお衣裳が
ものすごく好き!
かっこいい!!.゚+.(´Д`*).+゚.
そして、手袋。もはや着用のためではなく投げるためにあった手袋(笑)
その手袋を左手を持ち上げて持って、
シュって立ってるときの立ち姿が
かっこいいですよねぇ~.゚+.(´Д`*).+゚.(←ファン)
私、初見では登場のときは手袋持ってなかったと思っていたんですが
持ってましたね(笑)
そしたら今度その手袋持つ指先が気になって気になって
じ~っと見つめてしまいました。
綺麗なんですもん(´Д`*)(←ファン)
指先フェチだとつくづく感じた瞬間でした(・∀・)(え、そういう〆?)

*ムッシュ・キング
この場面、彼を語らずにはいられませんよ!。・゚・(ノ∀`)
初見のときは
・・・誰!?(´Д`;;)
と、しばらく思ってましたもん。
2幕のかっこいいほうでスチール撮ってるから(当然の選択です)
キングは超イケメン!!と思っているので、
まさか!?Σ(゚o゚;ノノと(笑)
もう、密やかにね。パーティー始まった時点から
そーとーはっちゃけてますから!!(笑)
化粧鬘に真っ赤なほっぺ、ピンク系のピラピラした衣装

・・・ディエゴさんΣ(-`Д´-ノ;)ノ?!(違います)

そんな感じで一瞬レェ~ス大好きな彼が頭をよぎります(笑)
そして、個人的にツボだったのが
毎公演変わる黒子の位置!
全力でやってましたよね、キング氏。
なのでひーたんがでてくるまではか~なり見つめてました。
何度なにもかもをほったらかしてキングを観続けたい衝動に駆られたか!
なかなかそうも行きませんでしたが(ひーたんいますしね!)
まだセリフをしゃべりだす前でも動きを観るだけで、
あぁ・・・オネエだ!( ̄― ̄;
とわかるクネクネッぷりで(笑)
突然前にでてきて「タチヤーナに捧げる歌!!」・・・と。・゚・(ノ∀`)(爆笑)
また、その歌の残念っぷりです。
もう、必見!!.゚+.(´Д`*).+゚.(誉めてます!全力で!!)
さんざん気持ちよく歌った後の誰もいないことに気づいた後の一言も
毎回トーンが違って
「あらやだ!」とか「もう、恥ずかしいっ」とか「いやんもっ!」とか
もう・・・ありがとうキング!
癒されましたキング!!
そんな感じでした(´w`*)(どんなやん)

余談ですが、キングが歌いだした後みんな袖に引っ込んでいくんです。
で、もちろんひーたんもなんですけど、
袖に引っ込む直前くらいに
もう耐えられません!って感じで
ククッと右こぶしを口元に当てて笑って去っていくんですよ。
レンスキーさん・・・!!。・゚・(ノ∀`)
以上。マニアックポイントでした。

*第9場B 田舎の宴 (B)初恋の終焉[ポーチ・もしくは庭の一角]*
*オネーギンさんとタチヤーナの歌
そして、ところ変わって
宴の席から一人になりたかった
そんなオネーギンさんとタチヤーナが鉢合わせしてしまいます。
そして、オネーギンさんがタチヤーナのお手紙に返事を始める。

この歌、切ないんですが、大好きです。
オネーギンさんの方が矢継ぎ早にいろいろ言って、
タチヤーナに反論の時間すら与えてくれない感じで
最初はタチヤーナかわいそうだ(>△<Uu
と思っていたんですが、
オネーギンさんはオネーギンさんなりに
心打たれた愛の手紙の送り主に辛い思いはさせたくないという
オネーギンさんなりの誠実な親愛からの言葉なんですよね。
オネーギンさんもそのときに、
厳しい横顔をしているんですがその内側は辛そうでもあって・・・
きっと2幕の終わりの方で再会するときには
このときのオネーギンさんの気持ちというのを
タチヤーナもわかっているんだろうなぁと思うのです。

そして美海ちゃん。
ここでの、オネーギンさんの歌に返すタチヤーナの歌声が
本っっっ当に大好きです.゚+.(´Д`*).+゚.
辛くて、切なくて、苦しくて・・・そして必死で。
あ~なたをこころ~から~♪とか
こ~のあいはしん~じつ~♪とか
愛していますっ!!とか・・・
白いドレスでしゃがみこんで、
細い腕を伸ばして歌う美海ちゃんの姿が、
本当に切なかった。・゚・(ノД`)
走り去っていく後ろ姿なんてもう・・・。・゚・(ノД`)

*照明
欠かせぬこの話題です(笑)
ここ、きれいなんですよね~
後ろの星空がブルーとオレンジの星で、
テラスの窓もオレンジに照らされていて、
で、轟さんと美海ちゃんが向き合って歌っているときに、
確かサイドから赤い照明が入ってたと思うんですが、
それがほんのりと2人を染めていて、
床は赤くなっていて、
あぁ、切ないけど壮絶にきれいだなぁ~と思った気がします。
(え、不確定!?)(ここだったか自信がない。たぶんこの場面)



以上です!!
あとは「ひーたん怒りの卓袱台返し」と
「ひーたん死す」のちょこっとなんですが、
ここはひー担として丁寧に語りたいので、ひとまずここまで。

ダスヴィダーニャ!!.゚+.(´∀`*)ノ.+゚.(←覚えてた)

2010.12.31(Fri) | オネーギン |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。