ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

オネーギンへの恋文 その7

明日は星組さんの初日ですね~.゚+.(´∀`*).+゚.


・・・行って来ます!!(・∀・)b+(ぇ)


11月のシフトが出たときに初日が休みと聞き、
こりゃ無理だΣ( ̄ロ ̄lll)私の初日は12月だわ。・゚・(ノД`)
と思っていたんですが、ひょんなところから観られることになりました。
敢えて頑張ってそうしているわけではないのですが(雪組は結構敢えて頑張っている)
チエさんがトップになられて以来
星組さんの東宝初日は参加しているなぁ・・・と言うことに気が付きました。
楽しみにしていた・・・鬼軍曹様ーっヽ(*´Д`*)ノ
美形髭部バンザーイヽ(*´Д`*)ノヽ(*´Д`*)ノヽ(*´Д`*)ノ(落ち着け)

すっごく楽しみです.゚+.(´∀`*).+゚.



さて、そんな中本日もオネーギンさん感想です。
ホントに・・・終わるのか。
今回はちょっとなかなかしっくり来る言葉が無くて難産な記事でした。
こんなに書いては消ししたのははじめてかも。
そんなぐだぐだ悩みながら書いた雰囲気が出ているかもしれませんが、
のほんと読んで頂けたらと思っております。



*ネタバレ注意*






*第6場B 田園での出来事-恋の行方-(B)亀裂[オネーギン家のポーチ]*
*まなはるのはなうた

可愛いんですよ~.゚+.(´Д`*).+゚.
ん~♪んん~♪(^∇^*)って(笑)
せっかくだから「忘れ雪」のキングみたいに
バリエーションがあったらさらに楽しかったのに~
とかよけいなことを考えていました。
美海ちゃんにお届け物をもらって嬉しそうな笑顔も可愛い。

*ブラックレンスキー氏チラ見え
飲み物をテラスに飲みにきたオネーギン氏
「旦那様がお待ちですよ」とのにわにわの言葉に
お邪魔するかしないかオタオタしているタチヤーナに
「どうぞ」って手を指し示し、
ターニャがおうちに入っていったあとの
なんか複雑そうな表情が素敵です。
そして、そんなところにまたもや
やぁ.゚+.(´∀`*)ノ.+゚.
ってぱぁぁぁぁあなオーラでやってくるレンスキー氏。
・・・さわやかだわぁ.゚+.(´Д`*).+゚.

目的はオネーギン氏をターニャの命名の日のお祝いパーティーに誘うこと。
「すっかり家族の一員だな」と若干皮肉るオネーギン氏に
「子供の頃からずっと一緒だもの。
オリガのことだって何だって知ってるさ」
とにこにこ語るレンスキー氏。
その言葉に対して「本当にそうかな」と返すオネーギンさん。
ここは私、オネーギンさんに同意なんですよね~
いくらずっと一緒にいてもやはり別々の思考回路を持った他人であって、
自分自身のことだって実際の自分と自分が思う自分というのは
開きがあるんじゃないかと思っているので、
それが別の人であるならばいわずもがなだと。

これは私が観ていた中での感覚なのですが、
轟さんの「本当にそうかな?」という一言に
ひーたんが「え?」と返すとき、
最初の頃はトーンが高めで寝耳に水というか
レンスキー氏はそんなこと思ってもみなかったという感じだったのですが、
青年館後半だったかムラ来たらだか
「え?」のトーンが低くなっていて表情も声と共にちょっと陰っている気がして
レンスキー氏にはもちょっと色々見えていたんじゃないかなあと
けど蓋をして、自分自身へひた隠しにしてしまったんじゃないかなぁと
そう思ってみてました。
どっちも素敵で大好きなんですが.゚+.(´∀`*).+゚.(ファンなので)
後半の方がより好きでした。
この後の「弱虫な男だ。だからこそ・・・」
という言葉が生きてくる気がするんですよね~.゚+.(´Д`*).+゚.

*ブラックレンスキー氏
そのあとも轟さんの言葉は続き、
「私が詩人なら姉のタチヤーナの方を選ぶ」とか
「オリガはかわいいが軽率だ」とか
次々言われ、最初は「彼女はそんな人じゃない」とか
ニコニコ言ってるひーたんも
「知らない方が幸せかもしれない」とまで言われ
「君に僕たちの何がわかるって言うんだ!!」と、
突然立ち上がるひーたん。
轟さんもびっくりしてますが、
初見は私もびっくりした(笑)

そっからのひーたん語りがすごく好き。
大ざっぱにまとめると
僕にはこんな田舎に引きこもって詩を書くしかできないけど、
だからこそ、この小さな目の前の世界を大事にしたいんだ
みたいなことを言うんですね(ホントにざっくり)
そのときの何ともいえない切ない表情が・・・キュン.゚+.(´Д`*).+゚.
眉間の眉の寄り方とかもう、大好物です(マニアック)
また「弱虫な男だ」って言葉のトーンがすっごく素敵なんですよ。
なんか、こう、危うい感じが・・・.゚+.(´Д`*).+゚.(ちゃんと書け)

そして、ちょっと爆発しかけるものの
ハッとなって「君とは争いたくない」と
自分の中の黒いものに蓋をしてしまうひーたん。
このときの無理矢理な感じの笑顔と「出直すよ」のトーン
立ち去っていくときの何ともいえない葛藤の横顔が
・・・素敵です!!.゚+.(´Д`*).+゚.
葛藤と言ってももろに葛藤とかじゃないんですよ。
もう、どっちかというとほとんど無表情なんですが、
その横顔が色々物語っていて・・・
大好きです.゚+.(´Д`*).+゚.(わかったから)

*カッコォ~ン☆
そうやってちょっとぎこちないままレンスキー氏が帰っていくと、

あぁぁもうっヽ(`Д´#)ノ

ってなったようで持ってた飲み物を飲もうとして、
空じゃんってなってうりゃーっ!!って茂みに杯を投げつけるんですが、
たまに茂みにモロに当たって
ドゴンッ!とかガロンッ!とかすごい音を立ててました(笑)
一番よく見たのは床に当たって
カコ~ン☆ってバウンドして茂みに・・・かな。

一番のツボは投げた瞬間にやってきて
一瞬立ち止まるものの「おやおや」って顔を一瞬しただけで
何事もなかったかのように
「ぼっちゃまにお手紙でございます.゚+.(´∀`*).+゚.」
と、極上の笑顔でやってくるにわにわ。




・・・というわけで、手紙の内容は待てまた次回。
なんかうまいこと感じたことを書きたいなぁと思っているのですが、
レンスキー氏が繊細キャラだもんで、
なんだか書いては違う気がして消し、また書いての繰り返しでした。
感想難産ですね。(笑)

まぁ、のんびりペースでやっていきたいと思います。では。

2010.11.26(Fri) | オネーギン |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。