ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

オネーギンへの恋文 その5

色々ありますが、
私は私のペースでのんびりやっていこうと思います。

そんなわけで、オネーギン感想です。
照明やらセットの記憶が大分薄れているので、
他のところと勘違いして書いてるかも・・・σ( ̄∇ ̄;)
気づいたら突っ込んでくださいませ~(人任せか!)

では、本日もスタート!



*ネタバレ注意*




*第5場 タチヤーナ-出会い- [田園の一角・ラーリン家の中庭~森]*
*こけ桃のジャムの歌
やたら印象に残ったのは何故でせう。
こけもものっじゃ・む・は~♪
まだございます~♪

このフレーズは初見から抜けなかった(笑)
あともう一個抜けなかったフレーズがあるのですが、すぐ後ほど。
こけ桃のジャムなんですよね。
カラマーゾフ、もといアリョーシャはチェリージャム。
紅茶にたっぷりジャムを入れるらしいですよねぇ~ロシアの方々。
まぁ、そんなロシアの食文化についてはともかく、
ゆめみ姐さんといの莉さんのやりとりが
この後も何度かありますがすごく好きです.゚+.(´∀`*).+゚.

*レンスキー氏と自慢の婚約者オリガちゃん
さらさちゃん、かわいいですよねぇ~.゚+.(´∀`*).+゚.
サーモンピンクのお衣装がすっごくかわいくて、
くるくるした髪型もかわいくて、
笑顔がかわいくて・・・
かわいいーーーー.゚+.(´Д`*).+゚.(しつこい)
ひーたんが駆け寄って、
「昨日君と別れてからずっと君のための詩を書いていたんだ!」
とかいわれて言う「まぁ(^^〃)」っていうのが、かわいい!!
というか、もう、ねぇ・・・
レンスキー氏・・・
なんだ君!!かわいすぎるよ!.゚+.(´Д`*).+゚.
初々しすぎて愛おしいわヽ(*´Д`*)ノ
けれど、レンスキー君の詩よりも
ダンディな見慣れぬ男性の方が気になるオリガちゃん( ̄― ̄;

この後の「さっきの詩の続きを!」ってふたりでかけていくのと、
美海ちゃんとオネーギン氏のいる舞台の奥を追いかけっこしていくのが
可愛くて大好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
オリガとお子ちゃん2人がかけていき、
追いかけていったひーたんが舞台下手で
「くっそーもうちょっとだったのに」って右手を惜しいって感じに振るのが
大好き.゚+.(´∀`*).+゚.かわいいんですもにょ。
結構前に逃げてっちゃってるし全然惜しくないって!( ̄∇ ̄;)とか、言わない。
甘々だから(・∀・)+(ぇ)

*オネーギン氏とタチヤーナの出会い
「こんな清らかな人はいない!君もそう思うだろう?(〃∇〃)」
って、もう、さらさちゃんにメロメロですよねぇひーたん(´w`*)
そういわれ言葉に詰まり、
こけ桃のジャムでのお茶に一家総出で誘われ
いたたまれない感じのオネーギン氏(笑)
若干逃げるように歩き出したところでぶつかるのが、
本を読みながら歩いてきたタチヤーナ。
・・・この読み方私も随分やったわ(´∀`*)(よい子は真似しちゃいけません)

そんなターニャ美海ちゃん。
ふわっとしたちょうちん袖の(昭和な語彙ですいません)
ブルーのお衣裳がとってもきれいですねぇ.゚+.(´∀`*).+゚.
髪もキチッとまとめ髪な感じが
タチヤーナって感じでかわいいの。
「庭を案内してあげなさい」ってゆめみ姐さんに言われ
すっごいおろおろしてる美海ちゃんも可愛い。
その後の轟さんに笑われたときの「私、なにか・・・」とかも。
人見知りで人付き合い不器用さんな感じが良く出てますよねぇ~
でも、自分の読んでいる本(「なんちゃらかんたらの遍歴」(うろ覚え)(おい))の
一説をそらんじられてすごく嬉しそうな目になるんですよね~
このときの美海ちゃんの「でも、真実の響きがします」
って言うときの表情と声のトーンがすごく好き。
今まで変わり者だと言われてきた自分を
「言わせておけばいい」と言ってくれた。
きっとタチヤーナにとってはそんな人は初めてで、
嬉しかったんじゃないでしょうかねぇ。
そして、そんなオネーギン氏に今まで本の中だけで想像し、憧れていた恋をする。
このときの美海ちゃんの
ダーンスは~にーがーてー♪
が初見から抜けなかったフレーズその2。
なんだか、初々しくって可愛いですよねぇ.゚+.(´Д`*).+゚.
ばぁ~や~のしわくちゃ~の手~♪も好き(〃∇〃)
そしてそんな歌を、本を抱きしめながら歌うところが好き。

*白樺の森
後ろの白樺の森の背景幕がよいですよね~
白樺だけあってグレーで描かれているのですが、
それがどんな色の照明にも
きれいに溶け込んだり映えたりして
いいなぁ、きれいだなぁ.゚+.(´∀`*).+゚.と思ってみていました。
ワシーリィーおじさんのおうちのポーチで
夜にニーナとお喋りするところなんて
本当に夜の薄暗い森が月光にぼんやりと青白く照らされているような感じで、
逆に決闘のシーンはもうちょっと明るいブルーの照明で
けれどぼんやり当たってて、それで朝靄みたいな雰囲気が出ていて・・・
語り出したらキリがないんですが、
一幕で何度もおいしい!みたいな感じで、
すてきな使い方、照らし方をしているなぁと、
しみじみ観てしまいました。





今日はここまで。
一場ずつしか進まないですねぇ・・・(´Д`;;)
まぁ、のんびりじっくり楽しくやっていきます。

2010.11.16(Tue) | オネーギン |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。