ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

オネーギン青年館my楽

行ってきました、オネーギン.゚+.(´Д`*).+゚.
今日はWとかいってたんですが、
実質昨日からのトリプルですよね(笑)
短かったオネーギン週間でした・・・
そして、悔いなくたっぷりと観てきました!.゚+.(´∀`*).+゚.

・・・がもっかい観れるもんならみたいなぁ・・・.゚+.(´Д`*).+゚.

ムラ組の皆さん(多分)
行って損なしですよー!(〃∇〃)(宣伝)

そんな感じで、今日昼公演を観て劇場を出たら
出ていた真飛さんの退団発表・・・(・ω・`)
・・・まずびっくりしました。
花組さんは花ぺを見損なっていたのでなかなか観ることが叶わなくて
ようやく花ばらサイターでお会いすることが出来た組でした。
そして、真飛さんは
もう、凄くカッコいいのにMr.YUや右京さんなど
男役としてというのを取っ払った域でも芸達者さんで
また、動きの間が好きで・・・
蘭ちゃんを新たなお嫁さんに迎え、
ほあっとした温かさのある彩音さんとのコンビとまた違った
キラピカなフレッシュな蘭さんとのコンビも素敵だったので
これから更に・・・!!
と思っていた矢先の発表・・・本当に驚きましたし、残念です。

そして、私の入った宝塚の世界にいたトップさんは
真飛さんが最後の一人。
とうこさんや悠河さんなど
退団公演を1回だけしか観られなかった方もいましたが、
それでも私が知った宝塚は
真飛さん・瀬奈さん・水さん・とうこさん・悠河さん
この5人のトップさんがいらっしゃるときで。
なので、
あぁ、一つの時代が変わるんだな・・・
と、その時代に関われた幸せと共に
寂しさや愛しさなどとても複雑な想いです。

卒業の発表がされた今、
後は私なりの全力で共に過ごせる時間を大切に過ごすことしか出来ないと
この短いファン歴でもわかっているのですが・・・
やっぱり寂しいなぁ(・ω・`)
私なりの全力で春のご卒業までの時間を共に過ごしたいと思っています。



では、
気持ちを切り替えてオネーギン感想
オネーギン週間を振り返り全体的にざっくりとです。



*ネタバレ注意*



初日に1回そして後半に3回の計4回観てきまして、
1階席の真ん中より少し後ろの下手・上手
そして2階席センター寄り上手
最後は最下手だけれど片手で数えられちゃうぜ☆くらい前方
と、ある意味「まんべんなく」観てきたなぁという感じです。

で、もう、昨日も書いたんですけれど
日々超よくなってて!!!.゚+.(´Д`*).+゚.
元々完成度が高いなぁ・・・と思って初日観ていたんですが、
本当に1回1回観る度に
「今までの中でこれが一番いいなぁ」っていう感じなのです。
作品もどれがいいとかではなく色々な完成形があると思うんです。
荒削りな刀の痕が見えるようなものもいいし
ヤスリで研磨しながらちょっとずつ細い刀で彫りだしたものもいいし
そんな中でオネーギンは
一つ一つの要素を
生徒さんも、景子先生を始めとするスタッフさんも
丁寧に丁寧に緻密に繊細に積み上げる。
そうやって創っていったんだろうなぁという
そんな作品でした。
それが文学作品原作、
しかもどちらかというと感情よりも
頭で動く人を主人公にした作品の雰囲気に合っているなぁと思いました。

そしてね、観られるなら1度は2階席で観ることをお勧めします!
って無いのかバウ!?(´Д`ι)(←バウ未経験)
じゃあ後方の床が見える席。
照明が凄くきれいですから!!
特に今日観て好きだなぁと思ったのが(また後日語りますが)
子ネーギン登場のときの窓照明と
美海ちゃんに轟さんが「お手紙ありがと~ぅ♪(エリザじゃないから!)」の場面
そして逆に美海ちゃんが手紙貰ってあの白樺の森に帰れたなら・・・!の場面
あとフィナーレのダンスの始まり
このあたりがすっっっごく綺麗です!

実はそんなに細かく語るつもりが無かったんですが、
思ったより大分大分大分!気に入ってしまったので・・・
もちょっと詳しく語りたいと思います!!
(ちゃんとロジェLRもやりますからしばしの脱線お許しを)

ひとまず本日はこれにて。
あぁぁ・・・明日の千秋楽も行きたかったなぁ・・・(>△<Uu (←仕事)



これね、
ホントお勧めです!!!ヽ(*´Д`*)ノ

2010.10.21(Thu) | オネーギン |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。