ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

パル・ジョーイ感想 その2

今日もパル・ジョーイ感想です。
メインキャスト4人のお後お二人分。

っていうかですね。
雪担としてはここ叫んでおかないと駄目ですよね。

ミズ黄門ご一行様花組観劇とか
観たかったーーー.゚+.(´Д`*).+゚.
(ぇ)

黄門様(水さん)と助さん格さん(ハマコさんゆみこさん)
そしてお銀さんみなこさん!(ぇ←ここ勝手に配役です)
というスペシャルメンバーがご観劇だったそうで、
楽しそうですねぇ~.゚+.(´Д`*).+゚.
聞いただけでにやにやの止まらないメンバーでした。

ってそーじゃなくて!!(ひっぱらないの)

キムさんお披露目初日
おめでとうございます!!!

がんばれ*新生雪組!!

まだキムさんチームを観るのは先になりそうですが、
どんなお話なのか、楽しみにしています.゚+.(´∀`*).+゚.
オネーギンチームはこちらからですので、
明後日の初日から参戦です。
今からドキドキ楽しみです.゚+.(´Д`*).+゚.
(・・・2幕にアルバイトあるかなぁ)(え。そっちのドキドキ!?)



では、昨日に引き続きパル・ジョーイ感想です。



*ネタバレ注意*




10/14 08:36 にコメントくださいました方へ
ご不快な思いをなさったとのことで
申し訳ありませんでした。
そしてご指摘ありがとうございます。
勉強させていただきました。




♪シンプソン夫人@高畑さん
かっこよかった!!.゚+.(´Д`*).+゚.
キリッとしたたたずまいがさすがだなぁと思ってみていました。
存在感がすごい!!

最初でてきたときは若いツバメを2人も連れて・・・
というか侍らせて、毛皮とかふぁっさぁ~してて
いかにもな金持ちのマダム!!
ジョーイのことも超見下しモードで高圧的で、
自信満々で近寄ってくる割にご機嫌をとるわけでもない
そんなジョーイを「あんたなんかプチッと潰してやるわ」
とばかりに扱うんですよねぇ・・・。

で、電話!高畑さんのお部屋の電話すごいですから見てください!
やったら凝った銀細工が施されていてすごいですよ!必見!!(笑)

あ、そう、脱線しすぎた。電話なんですよ。
ジョーイが自分の首の皮をつなぐために電話をかけてくるんですが、
最初は邪険に扱ってたのに電話の後半から夫人の態度が変わり始めて、
結局その2日後にはジョーイをお持ち帰りしちゃう訳なんですよ。
で、ジョーイの寝顔を見つめたらことさら愛おしくなっちゃって
これが最後の恋かもしれない・・・と歌うんですが、
その歌い方がかわいらしくもあり、寂しくもあり、切なくもあり、
そんな感じですっごく素敵なのです。

大金持ちの旦那さんとは離れて暮らしていて、
そんななかジョーイに恋に落ちてしまう。
それで、ジョーイの夢にも投資をして一緒に夢を見て恋をして・・・
けれど満たされた気持ちになれるのはジョーイが隣にいるときだけ。
だから彩音ちゃんをみたときにも
ジョーイと私は親密な関係なのよ!みたいな、
どこかシンプソン夫人らしくない子供っぽいような
余裕のない態度を取ってみたり。
だけどちゃんとジョーイがプレイボーイなのも、
なにより「自分が大事」なのもわかっていて、
だからグラディスの企てがあっても動じないで
(そこは彩音ちゃんのおかげでもありますが)
この恋に幕を引こうとする。
その線の引き方、引き際も大人なんですよねぇ~・・・

とにかくかっこよかったのです。
横顔と佇まいに惚れました!!
素敵でした~.゚+.(´∀`*).+゚.





♪ジョーイ@坂本君
実はですね・・・
正直に書いちゃいますが、若干抵抗があったんです。
ジャニーズの方(ファンの方スミマセン)
たいがいの方は想像ついているかもしれませんが
私、変わった子供でしてねぇ( ̄― ̄;(変わってるのは今もだよ)
ジャニーズさんとかいわゆる「アイドル」さんが苦手でして・・・
その辺ははなすと色々へんてこエピソードがあるんですが
それはまぁおいといて
(聞きたい方は今度道ばたでとっ捕まえて聞いてください)
小さい頃からそんなんだったので(最近なくなってはいたんですが)
観る前は若干どうなのかなぁ~・・・私のテンション的に
と思っていたところもあったのですが、そんな心配はいりませんでした。
かっこよかったですよ。

ちょっと真面目目な雰囲気の坂本氏なので、
口先三寸で女を口説く!みたいなのがちょっと新鮮というか、
不思議な感じもしましたが、
ダンスもかっこいいし、
結構初っぱなに舞台中央でジャンプするんですが、
跳躍が・・・高い!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
と、びっくりしました。

ジョーイは自分が大事で自分の夢が大事で、
それを華やかに彩って、楽しくさせてくれる女の子が好き
そんな感じのいかにもなプレイボーイな訳ですが
グラディスの前では、もうね、一度別れた遠慮のなさなのか
素なジョーイで憎まれ口も叩くし皮肉も言うし、
一番色々なものをかぶってない自由なジョーイで
その姿が私は一番好きでした。

みんなが軽い男だってわかってるのにどこかジョーイに惹かれ
それを裏切られても絶対的な憎しみを持つことが出来ない
そんなどこかにくめないキャラというのが似合っていたなぁと。
私はゆみこさんと彩音ちゃんには異常に肩入れしてますので
どす黒オーラで見つめてしまうところもありましたが(・∀・)(ぇ)

彩音ちゃんを口説きまくってガンガンテンションがあがってるところに
彩音ちゃんの天然な一言が入ってズルってなるところが
可愛らしくて好きでした.゚+.(´∀`*).+゚.

けど、ただのプレイボーイでお調子者でってだけかというとそうではなくて
ショーには(そのショーがいいか悪いかは別として)(ぇ)
つまりは自分の夢にはもの凄く真剣な情熱を持っていて、
そこに向ける想いはまっすぐで、
そのギャップがまたジョーイの魅力なのかなぁと。

高畑さんがお金で解決を図ろうとしたときも
今までの軽さからは想像つかない感じにすごく怒るんですよね。
大事なのは「自分」で「自分の夢」
そんなちょっと根っこが子供っぽいジョーイ
だからこそ自分とのことをお金で精算されたことに怒ったのかなぁと。
この辺の心の動きはもっかい、もうにかいと観て
じっくりと考えたいところなんですが・・・それが出来ないのが無念。

けど、彼はまだここではなんもわかってないと思うんですよ。
彼が色々なことに気付き出すのは
最後の最後にグラディスと言い合って
グラディスの叫ぶような告白を聞いてからだと思うんですよねぇ。
この作品の後に本当に彼が逃げずにやっていけたのかどうか、
グラディスとはどうなったのかは私たちの想像にゆだねられるわけですが、
私は、少なくともこのことがあったから
ジョーイの視界は以前より広がったんじゃないかと、
自分の周りの世界に今までよりも気づける様に
人として成長して新天地ニューヨークに向かったんじゃないかと
そう思いました。





本日は以上です!
明日拍手レスの最後をやる予定ですが、
それを打ち終わってもまだ時間があったら
その他の俳優さん、あと照明とセット!(やっぱりきたよ)
すっごいかっこよかったの、
モップ裁き!.゚+.(´∀`*).+゚.
すっごく綺麗だったの
照明!!!.゚+.(´Д`*).+゚.
そんなところもかけたらいいなぁ・・・と。

では、ぐっない!!

2010.10.14(Thu) | OGさん |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。