ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

今日という日は贈り物

祝*雪組東京公演千秋楽

祝*水さんそして卒業生のみなさま

大好きだ*雪組

ありがとう*宝塚



フォーエヴァーラヴ*雪組



そんなわけで、やってきましたこの日が。
行ってきました(中継ですが)
劇場my楽の記事以来ぱったり更新してなかったんですが、
なにしてたかと言いますと

ライノウィルスと戦っておりました。

・・・要はですね。
風邪引いてました( ̄― ̄;エヘ(おい)
一度風邪ひきかけたのを治したので
いけると思ってたのですが、
なんだかmy劇場楽で一気になんか力が抜けたのか、
翌日の夜あたりにおや?と思ったら喉にきまして、
3日間全力で治療にあたり、
オカマ声も克服し(笑)
何とかほぼ完治で現地に行けました。
し・・・シンシントモニケンコウニ!!(´Д`ι)(ホントかよ)
今、帰りの電車の中でして、
明日は朝4時起きの早番でして、
なので、今この乗車時間30分を
全力で使い、できる限りの言葉にしていきたいと思います。







*ロジェ*
もう、ひたすらにロジェさんでした。
こんなビギナーな私が言うのもおこがましいのですが、
雪組の、大好きな雪組のお芝居だなぁ、と。
そう思いました。
千秋楽だからという演出は
コートをキムさんに持ってきてくれた真波さんに
キムさんが優しく肩をポンとしたことくらいでしたが、
スクリーンからでも緊迫したりゆるっとしたり
そんな雰囲気まで伝わってくるような
本当によい「ロジェ」でした。

*ロック・オン*
もう、しあわせだったーーー!!!
千秋楽ならではな退団者の方の胸にお花がついていたのは
ピアノの場面
ぷぷっぴどぅとプリーズカモーン(ギャング)
ワンモアタイム
黒燕尾
そしてパレードでした。
ロジェの銀橋でもそうだったんですが、
水さんが劇場の空間を噛みしめるようなそんな表情をすると
その後「いや、まだまだあるぞ!」とキリっとした表情になって
それにしても楽しいなぁってかんじで
すっごく幸せそうなすてきな笑顔をしていたのが印象的でした。
特に、クジャクの場面とラヴィータ。

ワンモアタイム
「えーと、最後です。かけ声やりたい人!!
「「「「はいはーい!!」」」」
(全員挙手!ひーたんはなんかピーンと手を伸ばしてた。
後ろのカルテットちゃんはみんなして両手あげてた(多分))
それをみて水さんがにっか~と笑って
「先生は嬉しい!!!!!.゚+.(´Д`*).+゚.」(客席爆笑)
そして、客席を向いて訴え出す水先生
「いいですか!言っときますよ、これ、3回目なんです!!

一回目。。。誰もあげない!

二回目。。。これまただっれもあげない!!

もーこれから雪組は大丈夫か!?Σ( ̄ロ ̄lll)と、
案じていたんですが・・・ねっ!(キムさんに)」
キムさん「(無言でコクコクコクとうなずき)」
水さん「安心して任せられるよ。゚+.*(+・`ω・)9」
と肩をポンポンして客席から拍手がわき上がってました。
で、なんか言おうか!な雰囲気に押されキムさんが
「がんばります!!」(だったかな・・・?)
「でーはっ・・・いいですか?
組子はもちろんですけれど、
このショーはここで
みなさん全員参加型で
ワンモアタイムと言ってもらいます。
いいですか!
客席にいるみなさんも、
全国各地の映画館で中継をご覧になってるみなさんも
オーケストラのみなさんもっ!(オケボックスをのぞき込んで)
・・・ぁぁスタンバっていらっしゃる。ガッカリ(´Д`ι)(笑)
じゃあスタッフのみなさんも
いいですか?いいですか?いいですか!?(上下の袖そして客席をのぞき込んで)
みんな一緒に言ってもらいます!
もし、もし失敗したら・・・!!!
千秋楽といえどここで終わりです!

緞帳おろします(・∀・)+(キッパリ)

・・・せぇ~のっ!!」

「「「わんもあたーーーいむ!!!」」」

「おっけーーー!!.゚+.d(´∀`*).+゚.」
長かった(笑)
しかし、水さんらしくて、愛にあふれてて
本当にすてきなワンモアタイムでした。
そして・・・
ありがとうございます!!.゚+.(´Д`*).+゚.
ワンモアタイム言いたかったんですよ!!(←中継チーム)
プロローグやなんやで拍手はしたものの
ワンモアタイムはどうかなぁ?と思ってたんですが、
「水さんが言ったもん(・∀・)」(小学生か)とおもいっきりいえました。

悔いなし!!!.゚+.(´Д`*).+゚.

*さよならショー*
素敵でした。さよならショー自体初めて観たのですが、
水さん、あの出ずっぱりな芝居とショーの後に
このさよならショーの出ずっぱりぶりは
本当に大丈夫かと心配になるくらいでしたが、
観てる側としては本当に本当に幸せに過ごさせていただきました。

作品順にすると
エリザベート
ロミジュリ
ロシアンブルー
ミロワール
カラマーゾフ
ソロモン
マリポーサ
リオデブラボー
カルネヴァーレ
の順番(・・・だったよな?)でした。

私今日はもう観ることに必死だったというか、
涙は2日の観劇までと7日のハプニングとで流しきった感があって
ほとんどちょっとウルッとするくらいで出なかったのですが、
ソロモンとマリポーサだけはなんかボローッと出てしまいました。・゚・(ノД`)

この作品との このときの雪組との
このときの出会いがあったから今がある。

改めてそう思いました。

あーぁ、電車が着いちゃった・・・



でも、もうちょっとだけ。(in自宅)
さよならショーの前にナガさんから
みなこさんと水さんの経歴を含めた紹介が、
最後の大階段の前にあとの8人の経歴含めた紹介がありました。
ひとりひとりリサーチして考えたんだろうなぁという
愛にあふれ、それぞれの個性にあふれた紹介でした。
水さんの
「研究科三年にして主役に抜擢されたときには、
急に困ると抗議に行き
責任の重さに悩み
最後は腹を括って
やり遂げました」
みたいな言葉と
「その後の新人公演では『主役を経験したのに・・・』といわれぬよう
必死でお稽古に取り組みその頭角を現してきました」
というような言葉がなんだかものすごく水さんらしくて
すごく印象に残っています。

ほかの方も思い出せる限りまた次回。
もう、10人もいるもんだからなんだか胸もいっぱいなら
記憶の倉庫もいっぱいいっぱいで・・・すみません。

あ、最後の大階段では水さんまさかの返事なしでした。

意図は・・・計りしれません(・∀・)(笑)

(まさか「みんなと一緒じゃん(・∀・)(天の邪鬼)」ではないと思いますけど:笑)
ですが、無言でキリッとした姿で歩いてきて、
一歩一歩じっくりと噛みしめるように降りていらっしゃって
ライトが当たって恭しく右手を前に挨拶する姿は
これまた厳かで凛々しくてひたすらにかっこよくて
限りなく男役水夏希さんでした。

あとは・・・お花は白のカーラーでシンプルに。
けど、少しずつ長さを変えてあって、
きれいな曲線を描いていて白の大きなリボンで結んでありました。
キムさんから水さんへ。
そして、胸・・・というか、襟元につけた同期のお花は
同じく白のちっちゃめのカーラーを飾りなくまとめたもので、
我らが雪組の永遠の歌髭(ぇ)永遠の髭部貫禄担当そして水さんの助さん
ハマコさんが来てくださいました。

ぺこっと客席に挨拶をして
水さんに向かって極上のハマコさんスマイル。
そして両手をバッと広げ
「私の胸に飛び込んでおいで☆ヽ(*´∀`*)ノ」
なハマコさんに客席も組子も水さんも笑ってて、
で、ガシッとほんとに抱きしめあって・・・
そして、お花をつけてあげて
ハマコさんは水さんに何か言って、
また笑顔で客席にぺこっとして帰って行かれました。
ハマコさん大好きーーーーーー。・゚・(ノД`)(どさくさ)

あぁ、時間がない。
あと、何書けばいいんだ・・・
カーテンコールが何度も何度も何度もあって、
劇場の方々の名残惜しさがこちらにも伝わってきたんですよ。とか、
真波さんの胸が張り裂けたこととか、
水さんを観られないのが寂しいですー(>△<Uuと泣いた真波さんとか
おふじさんが男役が大好きですで水さんも大好きですとか、
うっかり水さんが最後の最後に
スミレコードをうっかり本気でぶっちぎりそうになったこととか、
ゴエさんが凄く凄く立派なご挨拶をなさってたこととか、
やっぱりどこまでも水さん節だったなぁ・・・とか

もう、「幸せ」の一言で全てがいい尽くせるような
逆に、細かく言おうとすると止めどなく言葉が出てきて
何をどう細かく語っても語り尽くせないような
それぐらいいろんなことがありました。

この日この一日この瞬間に
これほどのことがあろうとは・・・


ですよ。本当に。
18年間の結末だもの・・・
退団同期のみんなの年数も足したら
50年分くらいになるんじゃないか・・・
それだけの年数の一つの区切りを共に過ごさせていただけたこと、
その年数の中で命を削って創りあげた舞台を観られたこと、
本当に本当に幸せに思います。

宝塚に出会えてよかった。

心からそう思います。

・・・って書くと
私オペラを客席に置いてね
立ち去らなければいけない気分になるんですが
(どこの山口さんですか)(しかも客席かいっていう)(寧ろその昭和ネタ・・・)

や、まだ観ますよ!まだまだ観るんですけど!!Σ( ̄ロ ̄lll)
(だって私はひー担)(いや、それだけでなく舞台好きだからね☆)
(あぁ、そうやって「趣味は舞台」って言い切らせてくれたのも
水さんの雪組の力が大きいなぁ・・・と改めて思うですよ)
えぇ、うん。それで、まだまだまだ観るんですけどね、
けど、確かに私の中で
今日は一つの大きな大きな終演の日だったと
そう、思うのです。

観ていた私にも悔いは全くありません!

水さん率いる雪組のみなさま、
本当に幸せな時間をありがとうございました!!



そして、
キムさん率いる新生雪組のみなさま、
これからもよろしくお願いいたします!!!




では、本日はこれにて。
またぼちぼち脳味噌ひっかき回して記憶を拾い上げ書いていきます。
のんびりお待ちいただければこれ幸いです。

2010.09.13(Mon) | ロジェLR | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/416-0b130f14
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。