ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

戯伝写楽

今日は宣言どおり戯伝写楽観て来ました。

お天気も良くて青山劇場から帰りは渋谷駅まで歩き、
そのままタワーレコードへ行き
BUMP OF CHICKENの新曲もゲット。
今週来週と2週連続でのリリースです。
必要とあらば2年くらいパッと潜伏しちゃう方々なので
こんな活発な活動・・・凄く珍しい!!(笑)

嬉しいけれどお財布がどんどん氷点下に・・・(´Д`;)

そして宝塚ファンサイトに需要なしと知りつつも
YouTubeにあがっているオフィシャル動画のリンクを張る(笑)
今日発売のHAPPY
そして今NHKみんなのうたで流れている来週発売の
魔法の料理~君から君へ~
気が向きましたら是非聴いてみてください。
私がこの8年近くずっと元気をもらってる音楽です。



では、戯伝写楽の感想は続きに。
明日の出勤時間が早いので超ざっぱ感想です。

*ネタバレ注意*





悠河さんは相変わらずキラッキラでした.゚+.(´∀`*).+゚.
絵を描くことが大好きでとにかく絵が描ければいい
絵を描くために見たいと思うものはどんなに抑えられようと見に行ってしまう
そんなちょっとトんでる天才肌の流れの絵描きさん。
悠河さん演じるおせいは
現世にいるのにどこか浮世に身を置きながらすべてを見透かしているような、
逆に浮世にいるから現世のことは全く見えていないような、
そんな不思議な役でした。
おそらくそんな現世に存在しないような様子を表現しようとしたからだと思うんですが
ちょっとふわ~っとした高めの声にしていらっしゃったので

・・・悠河さんってこんな声だったっけ!?と衝撃を受ける(笑)



橋本さとしさんは以前ジェーン・エアを観劇したときが
はじめまして。今日は2度目だったんですが、
やっぱり声がいい゜*。(´Д`*)。*°
歌声も超素敵で、お芝居もお笑い掛け合いのところとかの間も絶妙で、
うわー・・・好きだーーー+。:.゚(〃∇〃人)゚.:。+
お芝居のお笑い掛け合いのところはどうも日々アドリブな雰囲気なんですが、
カーテンコールでの挨拶にも引っ掛けてみたりして、
コメディセンスも素敵でした.゚+.(´∀`*).+゚.
個人的に好きだったシーンは舞台の仕込みナイフ(刃が引っ込むやつ)を
手に押し付けてパッと離してぴょーんと飛ばしたのをキャッチするところ
(え・・・結構どうでもいいシーンでは・・・)(いうな!)
おせいちゃんの才能に目をつけ一儲けしようと考えるんですが、
悪い人なわけじゃなくて、
おせいちゃんの絵にもおせいちゃん自身にも惹かれている。
私は彼が最後にとった行動は好きですね。うん。



あとはソニンさんが凄かった!
吉原一の花魁、浮雲役だったんですが、
最初は役自体が・・・微妙?と思ったんですが、
後半凄いです!後半!!
心中してからが、凄くいい!!!!!
心中を図ったかどで縛りつけられてさらし者にされるんですが、
そこに浮雲を見にさとしさんの制止を振り切ってやってきた悠河さんをみて
(さとしさんが世の人には写楽ってことで通っていたんですが)
悠河さんが写楽だと目を見て気づくんですね(それもまた凄い)
そして、気づいてからの演技が本当に凄かった。
ゾクッとしました。

蔦屋重三郎という浮世絵の版元の旦那役をなさっていた山路和弘さんの声も
す~ごく素敵でした。どちらかというと渋専な私好み.゚+.(´∀`*).+゚.
はじめましてだったんですが、もう、歌うと特に好き!!

後の十返舎一九となる与七さん(@東山義久さん)も歌声素敵だったなぁ。
小芝居とアドリブの会話のテンポが凄く絶妙でした。



あぁぁ、時間切れが迫ってきた。



セットはちょっとMATERIALに似てたかな。
階段のある台みたいなのが単品だったり、
組み合わせたりして別空間を表現したり、
場面の高低を表したり。
おせいちゃんの写楽としての仕事場は舞台上からワイヤーで降りてくるんですが、
それがなんかUFOぽくて(形がではなく昇降するときの雰囲気が)
おせいちゃんの異空間からやってきたような
そんな感じが出ている気がした。
別にそういう効果を狙ってとは思いませんが(ぇ)
私にはそんな感じに見えて、それがまたしっくりきました。

あとは~・・・
荻田先生のおつかいになる紫の照明の色が凄く好きだな。と改めて思います。
ほかの色もきれいなんですが、特に紫。
なんて表現したらいいかわかんないんですが、
私的に絶妙な紫なんです。
蜷川実花さんの写真でいう赤みたいな感じ。
綺麗で凄く好きなんだけど、
その反面惹き込まれそうな、飲み込まれそうな、
そんな怖さもある色。
そんな紫だなぁと思います。好き゜*。(´Д`*)。*°



なんか語り切れていない感満載なんですが、
時間切れになっちゃったのでこれにて。
色々な捉え方がありそうで、
また違う気分のときに観たら全く違う世界に見えるんじゃないか
そんな作品でした。
私は結構好きです。
今週末には千秋楽ですが(外部の舞台は期間が短すぎるーーー!!(叫))
まだご覧になっていない方は是非是非。

2010.04.14(Wed) | OGさん | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/328-1ea54692
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。