ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

年末観劇ラッシュ 今更レポ その1

昨日は午後から学校だったんですが、
早めに行って図書館漁ったら
ありました「カサブランカ」

今時LPって・・・でしたが(^_^;)

そうなんです。うちの大学DVDやVHSよりLPが多くて・・・
ダイ・△ードが1~3がLPで4だけDVDだったり(笑)
しかもディズ□ーアニメやジブ■アニメ、
まさかのエヴァンゲリ◆ンまでLPで置いてあるという
・・・ある意味貴重?

あ、話が逸れた(^_^;)

んで、観てきました「カサブランカ」
結構忠実に再現したんですね~
セリフからなんからまぁそっくり!!と驚きました。
やっぱりイルザに若干の納得のいかなさが残るものの
ラズロやルノーとリックの友情・信頼関係は
じっくり観たことで少し見え方が変わったかな。というものがあります。
ルノーさんとかサムはみっちゃんさんや萬さんのほうがお茶目で好きでした(笑)
来週観に行くのが楽しみですー.゚+.(´∀`*).+゚.


さて、今日は「書きます宣言」していた昨年末の観劇ラッシュの感想を
少しずつ消化しようかなぁと思います。
もう、かなり記憶が薄れてきているんですが・・・備忘録変わりに頑張ります。

まずは、12月23日の「Nine The Musical」


+ネタバレ注意+


+大雑把に作品について+
主人公はSOPHIAの松岡充さんが演じる映画監督グイド・コンティーニ
世界的映画監督の彼とその彼を取り巻く
妻や愛人、贔屓の女優、スパレディ、プロデューサー、母親等々
9人の女性達との物語です。
詳しくは公式サイトを(丸投げか)


+開演アナウンス+
開演アナウンスが出演者の女性陣がやっているのですが、
もう・・・好き勝手にやりすぎ。・゚・(ノ∀`)という感じでとても楽しかったです。
以下順不同に箇条書きで
・携帯電話の電源はお切りください。・・・ホラ、今がチャンスですよ!
 勇気を出して、さぁ!
・マナーモードも「ん゙~ん゙~」・・・という音が
 微妙に気になりますのでおやめください。
・携帯電話、アラーム付時計、携帯音楽プレーヤー、
 ニンテンドーDS、wiiなどの音の出る機器のご使用はご遠慮ください。
・上演中の撮影、録音は堅くお断りしております。
 レコーダー、デジカメ、カメラ付き携帯電話、電話付きカメラ、
 フィルム付きカメラ、レンズ付きフィルム、等のご使用はご遠慮ください。
・演出の都合上非常灯は消灯させて頂きます。
 良いですか?消しますよ。
 ・・・ほら、消えた☆
 もう一度やりますよ。(非常灯がもう一度つく)
 ・・・ホラ、消えた☆
 これで皆様、非常灯の位置が確認できましたね。
・(これは紫吹淳さんが仰ってました)
 講演の記念に、公演パンフレットや出演者のグッズなどを販売しています。
 例えば・・・
 紫吹淳のエコバック
 紫吹淳のポストカードカレンダー
 紫吹淳のブロマイド
 紫吹淳の・・・
 ゴホンッ!!(敢えての他の出演者さんからの咳払い)
 ・・・どうぞこの講演の記念にお求めください。

因みに、「紫吹淳の・・・」シリーズは幕間のアナウンスでもやってました(笑)
もう、こんな楽しいアナウンスされたらおちおちトイレにも立てませんよ。・゚・(ノ∀`)



+ルテアトル銀座+
初めての劇場でした。
なのでいつもこういう舞台なのかはよく分かんないんですが、
舞台構造が変わってました。
ほぼ正方形の舞台のちょうど真ん中あたりから左右に花道が出ています。
上から見ると四角い舞台が花道で串刺しにされている感じですね。
しかも、この花道、ベルトコンベアー状になっていて、
左右にスライドして動きます!!
最初イスとかがスーッて動いていくのでどうやってるのかな~?と思ってみてたら
じゅりぴょんが決めポーズで立ったまんまシャーッてスライドしてきて(笑)
何事かとよく見たら床が動いてました。
ビックリ。でもこれ、面白いです。

そして、オケピの位置がヘン。
舞台の形が四角くて花道に串刺しにされてるとさっき書いたんですが、
その舞台の周り全部がオケピなんです。
なので、上手奥上手手前、下手奥下手手前の4カ所に点在する形に。
しかも、恐らく指揮者無し。
探したんですけど居ないんですよ~
一番初っぱなだけ松岡さんが役として舞台のど真ん中で指揮を振るんですが、
それ以外は多分舞台の様子を見ながら・・・?
本当にそうならそれで全くずれずに演奏するってとても凄いことですよね~
ビックリでした(゚ε゜;)



+作品の感想諸々+
主人公グイドの現実だったり、過去だったり、妄想だったりが入り乱れるため
今が現実なのか妄想なのか何なのか理解しきれなかった感がありました。
もう、1回2回と重ねてみていくことでそういった時間軸場面展開の理解を深めたり、
登場人物の見方を変えていくことでもっと色々な感想が生まれる
色々な見方が出来る作品なんじゃないかと思いました。

才能を持ち、魅力的な男性。それ故に多くの女性が彼の元に集まる。
しかし、強大な才能と自分の世界を持つ彼故に、
一人の女性と円満に過ごしたり、平凡な幸せを持つことが出来ない。
そんな感じの人に見えました。グイド。
しかも才能に恵まれただただ幸せに過ごしてきた訳でもなく
幼い頃のトラウマを抱えていたり、スランプに陥っていたり、女性とのトラブルetc
才能を持ち映画を作り続ける限り色々な痛みを背をっていきていかなくてはいけない
それは、彼の才能や魅力に惚れ込んで彼に関わっていこうとする人達も同じで、
けれど、それでもそれぞれがそれぞれに前に進み続けていく。
そんな色んな人生色んな思いを抱えた人達を通して
人間の強さや弱さひたむきさ、むずかしさ・・・そんなものを見つめる物語かな
と、思いました。
上手く言えないんですが。ニュアンスで。

誰に感情移入して観るかだけでもかなり違った話に見えてくる気がしますね。
もう4,5回は観たい!!(´Д`*)
う~ん・・・深かったです。



+グイド@松岡さん+
流石、歌が情感豊かでお上手でした.゚+.(´∀`*).+゚.
また、天才肌で若干トンでるというか・・・
この世に生きているのに参加はしていない、
自分の世界の住人で他の人と時間の流れが完全に違う。
みたいな主人公が凄く良く出てたと思います。
でも、死んだお母さんが出てくると若干幼退化したり(笑)
幼い頃の自分の幻影と向き合うときには感情の触れ幅が大きかったり・・・
こう、不倫してたり、自分勝手だったり、
色々何だこいつ!!o(`Д´*)oって思う箇所もあるのに
どこか憎めないというか・・・そんなキャラでした。



+リリアン@紫吹さん+
グイドの次回作のプロデューサーで、元パリのレビュースターという役。
紫吹さん美脚で!!.゚+.(´∀`*).+゚.
黒のミニのワンピースのお衣裳に黒のストッキングだったんですが・・・
もう、超美脚で!!.゚+.(´∀`*).+゚. (しつこい)
いやぁ~眼福でした.゚+.(´∀`*).+゚. .゚+.(´∀`*).+゚. .゚+.(´∀`*).+゚.
パリのレビュースター時代を思い出す場面があるのですが、
レビューガールになりきりで客席降りして
「私に紫の薔薇を送ってくださったのはどなた?」
と客席練り歩きながらアドリブ言って回るんですが、
その会話の拾い方とかツッコミ方とかが楽しかったです。
髪の毛はショートカットなんですが、
ボーイッシュやカジュアルにならずなんか色っぽいんですよ~((´∀`*))
素敵でした・:*(〃∇〃人)*:



+スパのマドンナ@じゅりぴょん+
グイドとその奥さんが宿泊するヴェニスのスパのマドンナ役。
話の狂言回し的な役割もしていて、
どこか達観してる様な、そんな立ち位置でこの物語に参加している人。
という感じでした。
で、やっぱり美脚で!!.゚+.(´∀`*).+゚. (いい加減にしろ!)
7部丈くらいのスパッツの様なぴっちりした黒のズボンに
黒いシャツで細身のタイを結んでて・・・可愛い!!((´∀`*))
そして、鬘が背中まであるストレートロングで、
左だったかな?のサイドだけ耳の下あたりで短く切ってあるんです。
いやー可愛かった!!.゚+.(´Д`*).+゚.



+クラウディア@かしげさん+
グイドの数々の映画の主演をつとめてきた女優。グイドにとっては理想の女神。
けれど、女性としても女優としてもそのフィルターでしか
グイドに見て貰えないことに悩み、一人の人・一人の女性として
ちゃんと向き合って欲しいと思っている。そんな役。
この役は後半からが見せ場が多いのですが、
先述したように一人の人・一人の女性・一人の女優として
ちゃんと見て欲しい。ちゃんと向き合って欲しい。という感情が
凄く良く出てて、とても素敵でした。
一つ文句を付けるとしたら、
ロングコートのシーンが多いこと!!
足が見えないじゃあないかo(`Д´*)o(黙れ)
かしさんの長身にロングコートがとってもとっても似合っていて
シルエットもすっごく綺麗なんですけど、
でもやっぱり美脚が~~~。・゚・(ノД`)(強制終了)



+ルイーザ@新妻聖子さん+
グイドの奥さんで元映画女優。
グイドの映画製作に理解を示したい面と、女性として、奥さんとして
ちゃんと愛されたい、家庭も大事にして欲しいという想いとで葛藤している。
そんな人です。
ちょっと皮肉を言ったりしつつも、
精一杯感情を抑えてグイドを支援しよう、理解してあげよう、
そういった様子の1幕と、
映画を撮り始めてから色々我慢していたものが決壊し
感情をグイドにぶつけるシーンとのギャップが凄かったです。
オーラから表情から立ち方まで違うぞ!!って言う感じで。
ミス・サイゴンのキムも見てみたかったなぁ~と思いました(>_<)



+サラギーナ@浦嶋りんこさん+
少年時代のグイドが影響を受けた彼の学校近くに住む娼婦の役。
存在感と、少年グイドがのめり込むように翻弄されていく様が凄かった!
迫力満点でした。
この浦嶋さんのシーンも少年グイドと現在のグイドとが出ていて・・・
というところだったので、何度か見ると
色々思うところが変わってくる場面なんじゃないかなぁ、と思います。
オープニングではちょっとコメディな会話もなさっていて
色々印象に残った方でした。





こんな感じでしょうか。
記憶が薄れていて結構大雑把な感想ですが。
DVDとか出るのならもうちょっとくり返して観て
色々ストーリーを自分の中でゆっくりと咀嚼したいなぁ・・・
そんな風に思う作品でした。

以上です!(っ`ー´)♪

2010.01.08(Fri) | OGさん | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/256-49922ee4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。