ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

感想星ペ記 その9

明日は日生劇場で「ジェーン・エア」を観てきます。

松たか子さんも橋本さとしさんもお芝居を生で観るのは初めて。
たのしみです.゚+.(´∀`*).+゚.
元々お金ないし、う~ん・・・学生当日で~・・・
と思っていたら、相方に救済を頼まれましていくことが決定したのですが、
いざチケットをもらったらど偉い場所で超戸惑っているのですが・・・

うん、頑張るぞ。



雪組公演もどんどん近づいていますね~
うふふふふふふふふふ・・・.゚+.(´∀`*).+゚(怖いよ)

その前に出来れば完結の文字を見たい星ペ感想。
いよいよ2幕に入りました。今日もレッツラゴ~((´∀`*))


★ネタバレ注意★




第一場 コムル村
書庫でタムドク様とキハが話していた神話をコムル村に伝わる舞として再説明。
1度書庫での話であらすじを聞いている分、話の筋がわかりやすかったですね。
反復することで頭にも入りやすいし((´∀`*))

途中でキハが出てくるのが、2階席からだと出入り丸見えだったのですが、
1階席からだと突然出てきた!!Σ( ̄ロ ̄lll)
みたいになったんですかね~

女王カジンの手から赤い紐がぴゃ~っと広がるのが
・・・ちょっとやってみたい。楽しそう((´∀`*))



第二場 コムル村~阿佛蘭寺~ヨン・ガリョ邸
3人の切ない何故何故歌合戦(違)

タムドク様・キハ・ホゲ様

それぞれが歌い、その歌が重なっていきます。

一人一人場所も相手も苦しむ内容も違えど、
今までもチュシンの星の伝説により翻弄された人生を送ってきて、
今もその運命によって思い悩んでいることは同じで・・・切ないです。・゚・(ノД`)


で、性懲りもなく無謀だってΣ( ̄ロ ̄lll)(4回目)
と突っ込みたくなるのが、チーム・ホゲパパの新策
『「タムドクは王になりたいから自らの父をも殺して神剣を手に入れた」と噂を流す』
武道大会で「謹慎の後、即位させる」ってタムパパ言ってたんだから、
殺す必要全くないしΣヽ(゚∀゚;)
なんて言うか・・・浅はかなんだよなぁ((((>△<;)



第三場 天地神堂
色々もめにもめる上層部。
とにかくタムドクが有罪か無罪かは心臓を刺しても生きてたら無実という
カウリ剣の儀式をやって証明すればいいという結論に。

・・・昔の有罪無罪の決め方って・・・コワ━━━((゚Д゚;;))━━━!!

これ、本当に昔の韓国に存在したのかな・・?
日本にもありましたよね。
熱湯に手を突っ込んで中にある石を取ってもやけどしなかったら無罪ってやつ。
日本史で。盟神探湯。
でも、これはやけどしない人が本当にいたらしいですが、
いくら何でも剣で刺して死なない人はいないでしょΣ( ̄ロ ̄lll)

「私なら」と剣を刺す役を買って出るホゲ様。
どうあっても自分がタムドクを倒す、退ける、という形を取らないと
単に王位が欲しいわけではないホゲ様からすれば意味がない。
自分がタムドクに復讐できるという事態に笑みを浮かべるホゲ様。
妄執に取り憑かれてしまっている姿は、以前の仲良しだった城壁を思うと、
やはり哀しく切ないですね。・゚・(ノД`)

とにかくそれで決定したので、タムドクを探せ!となった瞬間現れるタムドク。

ヤン王の棺に誓いを立てようと近づいたときと、
「剣を私に」とホゲ様の方に近寄るときとのキハの表情が
(特に3回目に見たとき)全然違っていて、ねねちゃんすごい((´∀`*))
なんか、迷いと信じて貰えなかった悲しさと・・・という表情から、
他の人に手を下されるくらいなら私が刺して後を追おうという
自分と愛する人と2人分の死を覚悟した強い芯のある顔になっていて、
この時のキハ好きです。

よろめくキハを支えてあげるホゲ様。
もう、タムドクは死んだと信じ切ってるのか、キハで頭がいっぱいなのか
殆ど棺にもたれるタムドクの方を見向きもしないホゲ様。
タムドクが生き返ったことでめっちゃ驚嘆してるんですが、

ホゲ様はタムドクが無罪だって知ってるわけですよね。
何故、死ぬと信じ切っているのか!!?Σ( ̄ロ ̄lll)

ということは、
カウリ剣の儀式自体は信じていたけれど確率的に100%死んでるから
ホゲパパチームはタムドクも死ぬだろうと思ってて、
けれどチュシンの星の下に生まれた真の王が今まで約二千年いなかった
またはカウリ剣儀式にかけられた者はみんな有罪だった為
チュモ神剣でカウリ剣の儀式をしたら今まではみんな死んでたと言うことで、
タムドクはカウリ剣儀式の歴史中で初の「無罪の人」または「真の王」だったのか。
それとも
この儀式は元々都合の悪い人間を神明裁判の大義名分で殺すための儀式だった。
それを政治権力のあるヨン家は知っていたから、
その事実を知らない周りの人を納得させた上でタムドクを葬れると思っていたら、
実際にチュモ神剣には神力が宿っていたということなのか。

・・・あくまでお話だから理屈こねちゃいけないとは思うんですが、ちょっと疑問点。



兎にも角にも生き返り公的(といっていいのかな?)にも無実を証明できたタムドク様。

これにより話が次の王位継承者の事に戻るわけですが、
天地神堂の下した結論が・・・超アバウト(^ω^;lll)

タムドクチームは玄武の守り主が、
ホゲチームは朱雀の守り主が真の王だと言ってるから、
残りの2つの神器の守り主が選んだ方が王ということで。



多数決かよΣ(-`Д´-ノ;)ノ?!



ま、それじゃ話にならないんですけど、
「多数決で良いならタムドクとホゲの成人まで待って国民大投票で選ぶ」
じゃだめだったのか・・・?
これが結論なら7年前の神託の意味って・・・?
と、初見の時は思わず突っ込んでしまいました(^ω^;lll)

そして、その多数決で王が決まるまで
タムドクが王・ホゲが将軍として仮の役割を持ってして国を納めることに。

この仮の人事がまた。・゚・(ノД`)

城壁でホゲ様がこうなら良いのにと歌っていたとおりになったのに、
二人の関係はあのときとは全く違っていて、
それが余計切なくて・・・切ないです。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)



第四場 青龍・白虎
とりあえず、チュムチ((´∀`*))(お気に入り)
「さっさとその神器とやらを探しに行こうぜ!!(*`ー´)」と、仕切ってみるものの
「どこにあるのか分かるのか?」


「あ・・・全然わかんないや(゚∀゚)」って。・゚・(ノ∀`)
かーわーいーいーーーー。・゚・(ノ∀`)。・゚・(ノ∀`)。・゚・(ノ∀`)



で、コ将軍の個人的に思う一番の見せ場((´∀`*))
「この命はタムドク様に捧げたもの」とか大好きです。
男気あるじゃないか将軍ーカッコいいぞーーーっ.゚+.(´∀`*).+゚.

そして、そんな将軍に超いたずらっ子な表情で不意打ちを仕掛ける
チュムチが.゚+.(´∀`*).+゚. (わかったよもう)



一方では、
毎回大衆への言い訳が立つようにとむちゃくちゃな作戦を立てるホゲパパチーム
いい加減気付こうよ・・・無謀だってば、その計画(´Д`;;;)(5回目)

結局末羯とやらに神器を探しに行くことにしたホゲ様。

「どうやら私はチュシンの王ではないらしい」と自らを嘲笑するホゲ様。・゚・(ノД`)

そして、
「それでもかまわない。
偽物なら偽物らしく王位を奪ってやるまで!」と言い放つホゲ様。・゚・(ノД`)

復讐心に駆られていただけのホゲ様が、
タムドクには運命(というか天賦の資質?)の上でも負けていると
カウリ剣の儀式で悟り、
それでも「復讐心」に取り憑かれてしまったホゲ様は
王位を奪うことでしか生きる力を持てなくなってしまったんでしょうね。
ホゲ様っ。・゚・(ノД`)



第5場A 関彌城へ(出立準備)
無意味にフッケ将軍メタボエピソードが好きです((´∀`*))
何だろう、ホゲ様が出るたびに。・゚・(ノД`)となっていたので、
ちょっとでもほのぼのエピソードが出てくると癒されるんですよね.゚+.(´∀`*).+゚.

あと、萌えっ娘タルビ(笑)
「頑張りまーす!」って、かわいいなぁもう!.゚+.(´∀`*).+゚.

ついでにツボなのが、「な!」って言ってタルビと恋人アピールするチュムチ

・・・ではなく(ぇ)
そんな二人を見て、鎧の端を黒燕尾の襟か!って感じに
ピンと引っ張って「タルビちゃ~ん」とアピールしてるチュムチのお仲間!。・゚・(ノ∀`)
アレ誰ですか!?すっごい可愛らしくてすきです.゚+.(´∀`*).+゚.



第五場B 関彌城
メタボフッケ将軍の鎧合わせも済み、みんなでステップ踏んで関彌城へ!
水煙草を吸いながらチョロさん登場。水煙草!カッコいいなぁ.゚+.(´∀`*).+゚.

この後の戦いの舞もカッコいい!!・:*(〃∇〃人)*:

不思議なのが、チョロ氏の仮面。
どうやってあぁボロボロっと取れるんだろう・・・?
最初は触ったりとかしてないですよね?
途中から顔覆いながら自分たちで剥がしてますが、電磁石とかかな???謎。

何はともあれ、チョロ氏が味方に付き青龍の神器も無事にゲット!
着々とチュシンの王に向けて人望と神器を集めていくタムドク様です。



第六場 末羯
ホゲ様がどんどん暴君になっていきます。・゚・(ノД`)

階段の真ん中で♪白虎の神器手に入れるのだ!♪と歌うところが
美しいのですが、怖くて、哀しい。

タムドクよりも先に神器を集め王位を奪うことしか頭にないホゲ様。
チョク・ファンとイルスがホゲ様を思って必死に止める声も
自分に逆らっているとしか思えなくなっているホゲ様。

「そんなもの(名誉)はとっくに棄てた!」と叫び
「行き着く先が地獄でも俺は王になってみせる!」と言い切るホゲ様。

負の感情は新たな負しか生むことは出来ない。
ホゲ様の抑えることの出来ないところまで来てしまった復讐心は、
末羯の人々の王家への恨み、反感しか生まない。
近隣の部族などからも反発を生むだろう。
そういったことも全部ホゲ様は分かっているんですよね。
こんな事やっていたら行き着く先が地獄でしかないであろうことも、
それでも自分の中に生まれてしまった復讐心は
既に決して抑えることが出来ないほど大きくなってしまっていることも・・・。

それでも自分では止められない。
そんなホゲ様が、見ていて辛い。・゚・(ノД`)

そして、必死に止めようとするチョク・ファンが切ない。・゚・(ノД`)
本当にホゲ様のことを思っているからこそ進言するわけで、
でも、既にそれを聞き入れるだけのキャパはホゲ様の中にはなくて・・・
軍がホゲ様の管轄になったときに
コ将軍がタムドクに何があっても付いていくことを決めたように、
チョク・ファンとイルスの2人だけは
何があってもホゲ様に付いていてくれるんじゃないかなぁと思います。
ホゲ様が目を覚ませていたら、どこかで踏みとどまれたなら、
それが切ないです。・゚・(ノД`)



段々言葉の整理が付かなくなってきた・・・今日はここまで。
フィナーレからを切り離せば約半分。結構進んだぞ。
よし。残りも頑張るぞ。
ホゲ様になると切ない切ない切ないと連呼しつつだらだら書いちゃうんですよね~
だって好きなんだもん.゚+.(´Д`*)

2009.09.15(Tue) | 星組 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/143-28769e88
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。