ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

感想星ペ記 その8

祝☆星ペ千秋楽!!
インフルエンザウイルスとの戦いもあり、本当に大変だったと思いますが、
新生星組の皆様本当にお疲れさまでした.゚+.(´∀`*).+゚.
そして、素敵な公演をありがとうございました((´∀`*))


ところで、

突然ですが、

小林聡美さんが好きなんです.゚+.(´∀`*).+゚. (ホントに突然だな)

実は昨日から聡美さんの主演映画「プール」が公開になってまして、
今日アルバイト終わってから家族と待ち合わせて観てきたんです。
(現在某パンメーカー●゜スコのCMとコラボレーションしてます)
以前の「かもめ食堂」や「めがね」と同系統のキャスト・スタッフでの作品で、
ゆったりとした作品の流れの中で見終わるとなんか自分の中に残っているという、
そんな空気感の作品でした((´∀`*))
(監督が違っていたのですが、「プール」も良いんですが、
私的には前述2作の荻上直子監督作の方がやはり好みかなぁ)

で、そんなゆったり作品なので、うっかり仕事疲れで寝ないように
(今、年一番とも言える大混雑シーズンなんです。バイト先)
「眠○打破」でドーピングを施して挑み(笑)絶大な効果を発揮したのですが、
家に帰ったら薬切れして2時間くらい
電池が切れたように寝てしまいました((((>△<;)

あ、危ない危ない。
もう、雪組公演まで後少しなのだから星ペ感想どんどん行かないとですね。
では、本日もスタートです!


★ネタバレ注意★



第十七場 高句麗内あちらこちら
前回の感想にも、

とっさに女と手に手を取って逃げた王子がどうやって
高句麗一を競おうって位の腕のある部族の長の息子4人も誘拐できるのさ!!

・・・と書いたのですが、
5部族(首謀者がいるから4部族ですが)の長が揃いも揃って
誰もこのおかしさに気付かないって・・・どうなの!?(´Д`;;;)
唯一「信じられねぇ」って言ってるフッケ将軍も
その根拠はタムドク様は息子を助けてくれたから。
ん~・・・
もちょっと選ばれた代表的地位の部族長なのだからしっかりして頂きたい((((>△<;)


所変わって早朝からラブラブなタムドクとキハを見て傷心のホゲ様。
挙げ句キハに「もう一度舞ってくれ」と頼んだら、
操られてたときの記憶はないらしく
イヤだとか、やっぱり真の王はタムドクですとかですらなく
「なんのことかわらかない」といわれ超ショックをうけるホゲ様

・・・かわいそう!。・゚・(ノД`)

キハもあのとき操られてた訳だから、この発言に悪気はないんですが・・・
でもホゲ様かわいそう!!。・゚・(ノД`)
♪炎の巫女の 告げる言葉に 縋って生きれば 間違いないのか♪
そこまで思ってたのに・・・ホゲ様!。・゚・(ノД`)

傷心の心の動揺を抑え、タムドク誘拐犯でっち上げ計画実行に戻るホゲ様。
その後♪行くぞ 早く 別れの儀式を♪と歌い
タムドクとキハが口づけをする中
顔をそらして、目をつぶり、
ぐっ!と、ぐっっ!!と、ぐっっっ!!!と耐えるホゲ様((((>△<;)
もーーーっ!!そんなに辛いなら、いっそ
言わなきゃ良いのに!!ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
タムドク殺しちゃうつもりだったから最期の情けだったのかな(酷)

二人の別れより、フラれホゲ様が切なかったシーンでした。・゚・(ノД`)


その次が、ヤン王とキハの謁見。
ここ。以前もいったんですが、この場面、
2回目に見たときにやたらヤン王に感情移入して観ちゃって…

というわけで、突然のヤン王語り(゚∀゚)
(あ、かなり妄想です)(他の部分も殆どそうでしょ)(・・・ごもっともで)

ヤン王も切ない。・゚・(ノД`)

まず、出生がちょっと怪しげということで、
認知はされていてもちょっと一族になじめない感じだったんじゃないかなーと。
そこにきて、いきなり王位が巡ってきちゃう。
しかも、それはあくまで「真の王タムドクが成人するまでのつなぎ」として。
タムドクが成人するまで国を平穏無事に治めることも勿論だけれども、
ホゲパパのような反タムドク勢力からタムドクを守り
立派な王に育て王位を譲ることが何よりもの使命であるのですよね。
その立場を自信が一番分かっているタムパパ。
チュモ神剣を「本当の王は、この剣で刺しても死なぬと言う」といった後に、
自分を刺すというのは、自分は「つなぎ」であって真の王ではないと
タムパパ自身が一番理解してることなんですよね。
いくらそれが自分の息子とはいえ、
自分は真の王が王位につくまでのつなぎでしかない存在であり、
決して国を倒してしまうわけにはいかない。
また、周囲にはお家騒動による敵も多く、
命も狙われたり陥れられそうになったり、常に危険と隣り合わせ。
挙げ句、息子が惚れた女の素性が悪いから、憎ませ別れさせようと自害。

タムパパ、人生楽しかったのかなぁ。とか思わず思っちゃって・・・。・゚・(ノД`)

息子の運命のために一番翻弄され己を押し殺して生きた人、ヤン王。
あぁぁ・・・切ない。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)



そんなわけで、次に語るはカクダン。
近衛隊の仕事に誇りを持っているカッコいい女性だと思います。
好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
ヤン王の命がけのタムドクとキハ破局作戦の現場に踏み込み、
王の敵と思ったキハを討とうとしてサリャンに斬られてしまう訳ですが、
このサリャンとの立ち回りも好きです。
前転とか入っていて、カッコいい((´∀`*))
闘ってるときに高い位置で結んだポニーテールが動くのがまた好きで.゚+.(≧∇≦*).+゚.
とにかくカクダンが好きで((´∀`*))(わかったよ)
次の場面にも掛かっちゃうんですが、
王の近衛隊として、王の遺言を聞いたのは自分であるから、
サリャンに斬られようとも決して他の近衛隊に託したりはせず、
命がけで王の命を果たしタムドクにチュモ神剣を届けたカクダン。
王宮ですぐに治療していれば助かったかも知れないと思うと、
その判断が本当に正しかったのかは分かりませんが、
今までの場面でも常に近衛隊としての自覚と誇りを持っていたカクダンを見る限り、
後悔はないだろうな、と。
自分の仕事・使命に誇りを持ち、やり遂げた芯のあるカッコいい人だなと思います。



第十九場 テジャ城
だから・・・この作戦は無理があるでしょう!Σ( ̄ロ ̄lll)(3回目)
「正気の沙汰とは思えない!」と仰ったタムドク様、

ですよね!タムドク様が一番、まともだよ!!(´Д`;)

ホゲ様は、テジャ城を目指してる「時を越えて」のときから
もうワルな笑みを口許に浮かべていて、
一騎打ちでタムドクを倒して王座を奪い取ってやると敵意をめらめら燃やしていて。
そこに油を注ぐタムドク様の「王位は譲る」発言。
「黙れ!」からのホゲ様が、また怖くて、凄くて(´Д`;
これがホゲ様のこの時点での本心なんですよね。
王位。ましてやタムドクから譲られた王位が欲しいわけではなく、
タムドクから奪い取った、タムドクにホゲママの復讐を果たした、
その結果得る王位が目的なのだと。

いざ斬りかかれ!となったときに、
チュモ神剣を持ったカクダンたちがやってきて、
タムドク様の叫びと共に稲妻がなってチュモ神剣が光り出すのですが…

もう、ここはホゲ様です。・゚・(ノД`)(やっぱりか)
最初は稲妻とその光に倒れ込み何が何だかなのですが、
タムドクが持つチュモ神剣が光り出したのだということがわかると、
抜け殻のようにふらふら・・・とタムドク様に近づいていって。
「真の王は刺しても死なない(byヤン王)」ってくらいの剣が光り出してるのだから、
やはり自分ではなくてタムドクが真の王なのだ、と。
途方に暮れたというか、やはり抜け殻のようなという感じなホゲ様。・゚・(ノД`)
それが、次第に辛そうな表情になってきて、
♪私は生まれた 同じ星の下に♪
なんて、もう、辛そうで苦しそうで・・・言葉に出来ない。・゚・(ノД`)(おい)


さっきホゲ様です!とか言いましたが、タムドク様も、タムドク様で切なくて!!(え)
「父上の遺言しかと承りました(≒チュシンの王になります)」という事を
実際に決意表明するのは2幕ですが、
チュシンの王となり♪人と人が信じ合える世界♪をつくりたいと歌ったこの場面が、
本当にはタムドクが自分の道を決めた場面なんだと思います。

ホゲ様も♪今日から歩く道は 暗く 険しい♪と歌っていて、
タムドク様も♪進む道は 荒れ果てた茨の道だろう♪と歌っていて、
2人ともそれでもその道を選択した。せざるを得なかった。

それがもう、、、切ねぇよ。・゚・(ノД`)(誰だよ)





よ、漸く1幕が終わった!!.゚+.(´∀`*).+゚.

しかし・・・まだ後半が丸々残ってるΣ( ̄ロ ̄lll)



ま、何とかなる。(多分)・・・とりあえず今日はこれでダウン(´□`;)

2009.09.14(Mon) | 星組 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/142-a9e8e231
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。