ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

感想星ペ記 その7

日テレの「秘密のケンミンSHOW」
となみさんが出るということで初めて見たんですが、
となみさんの「おひたしにマヨネーズ」

・・・というか、福島県民マヨネーズ大好き.゚+.(´∀`*).+゚.

という事実よりも、
ウドちゃんの

そうめんにゆでたまごと生姜、そして
みたらしだんごの餡を掛ける
という方が衝撃的でしたΣ( ̄ロ ̄lll)

そして、内容もですが、なんといってもナレーションが面白かった。・゚・(ノ∀`)
ナレーターさんの絶妙な間と発言が妙にツボにはまってしまいました。



となみさんは緊張気味でしたが、
アップで方言でコーナーコールをするのが定番らしいのですが、
可愛かった.゚+.(´∀`*).+゚.

退団してからも大好きです・:*(〃∇〃人)*:



さて、そろそろ
後1週間しかないのに間に合うの・・・か!?
不安になってきた星ペの感想に行こうと思います。

★ネタバレ注意★



第十四場 高句麗一武道会
武道会の開会式、カッコいいです・:*(〃∇〃人)*:
どの部族もキリッと決まっていて、カッコいいです.゚+.(´∀`*).+゚.

そんな中、ホゲ様もケマ部族チームのリーダーとして立っているわけですが、
赤の鎧姿もカッコいいです.゚+.(´∀`*).+゚.
一番好きなのはラストの鎧なのですが、この赤も素敵です。

そして、他の部族チームが
やるぞー!という気合いの入った表情や、
俺らが一番だ!と自信のある表情などをしている中、
眉一つ動かさず無表情なホゲ様
その表情が動くのが「どんな手を使っても勝ち抜いてみせる」と歌うところで、
しかもそこにあるのはもう、今までのホゲ様じゃない
憎悪に突き動かされたような険しい表情で。・゚・(ノД`)
イルスが特注の槍が届いた報告をしたあとの
「いざというときには、使うんだ」
はもの凄い迫力で、
きっと「炎の巫女」の歌を歌ったときに持っていた迷いとかを
すべて切り捨てて封じ込めて、
ただならぬ決意をしてこの場に立ったんだろうな。と。

しかし、キハの登場に超動揺するホゲ様Σ(゚∀゚;)
みんな一列に並んでるのに、
キハに吸い寄せられるようにちょっと前に出て来ちゃうホゲ様

もーーー.゚+.(´∀`*).+゚. (ぇ)

試合が始まったらホゲ様の表情は更に凄くて、
向かってくる奴は誰でもぶった切ってやる!!
とばかりにバッサバッサと敵をなぎ倒していって、
「うぉらーーー」「うらぁぁあああっ」と、声も凄くて・・・
ホゲ様、怖い程の気迫です((((>△<;)
けど、やはり立ち回りは格好良くて!!
全部2階席からの観劇だったので、各部族の動きが凄く綺麗で素敵でした。
1階席から観たらどんな景色だったんでしょうね~((´∀`*))
立ち回りも色々ホゲ様ツボがあったんですが、、、忘れましたil||li(っω`-。)il||li(おい)
お財布にうっすら余裕が出来たらDVD買って思い出したいと思います。

あ、銀橋を戦いながら渡るホゲ様というのが凄い好きです.゚+.(´∀`*).+゚.

そして、銀橋残り少なくなった辺りから袖でちゃんと顔を隠すタムドン
そんなタムドンを「タムドン!おめー、なにやってんだー?」という感じでのぞき込む
チュムチがツボ.゚+.(´∀`*).+゚. (え、そこ?)

そして、セドルに苦戦するホゲ様遂に特注の槍に手を出してしまいます。
もう、ここから更にホゲ様の表情も声も凄まじくなって・・・

ホゲ様は出来ればどんな手も使わずに勝ちたかったんじゃないかなと、
負けるくらいならどんな手も使うけど、本当は使わないで勝ちたかったんじゃないかと、
そう思います。
占いやら託宣はともかく、武道大会は(裏に誘拐目的があるとはいえ)
本当に実力を競うものであるのだから、何も使わずに優勝しないと真の価値はない
そうどこかで思っていたから最初から鉄仕込みの槍を使えば良いところを
「いざというとき」までは使わないつもりだったんじゃないかと。
「いざというとき」がきてしまったと言うことは、
占いや託宣ではない実力の部分でも一番になるダントツの力はないと
自分で認めてしまった瞬間でもあると思うのです。
だから、ホゲ様は苦戦してしまった自分が許せないという想いも加わって、
よりいっそう激しい形相と声をあげて斬りかかっているんじゃないかと。

そんなホゲ様のところに「勝った!」と思った瞬間に、謎の補欠がやってきて
仕込みもない槍で倒されてしまい、不正も暴かれた。
しかもそれが、母親の敵であり、自分が槍を教えていたタムドクだったとなれば・・・

怒るよそりゃ(´Д`;;;)

もう、タムドクを睨んでニラんでにらみ倒すホゲ様。
ZORROのDVDで観た総督も迫力満点でしたが、もその比じゃないヽ(´Д`;

そんな中超嬉々としているのがホゲパパ。
タムドクを部族長の息子誘拐とかまだるっこしいことせずに陥れられると思い
ニヤニヤしてるのが声だけで分かる感じでちくりちくりと文句を言うホゲパパ。
しかし、謹慎させる発言の後にタムドクを即位させる!というタムパパの発言に
超慌てるホゲパパに対して、愕然とするホゲ様。

「ホゲの方が王に適任だ」とタムドクが言ったときも2人の反応は全然違っていて、
ホゲパパは揚げ足取ってでも王位を得てやるという感じで、
ホゲ様はタムドクに譲って貰う王座なんて冗談じゃない!とタムドクを睨み付けてて・・・

ホゲパパは息子が得る王座が欲しい
けれど、
ホゲ様は天地神堂のお告げに運命づけられているタムドクから王座を勝ち取りたい
つまり、王座が欲しいのではなくて母の敵に勝って母の望みを叶えたい。
親子の目的は一緒だけれど、そこへの想いは全く違うんだな・・・と。・゚・(ノД`)

結局は、ホゲママへの想いとタムドクへの猜疑・憎悪
その想いを利用し上手いこと自分達の目的に乗せたホゲパパと大長老に翻弄されて、
欲しくない王座を求めてどんどん進むしか無くなっているホゲ様が
切なくて切なくて。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)



あぁぁぁ・・・il||li(っω`-。)il||li

段々分けわかんなくなってきた(えΣヽ(゚∀゚;))
語り尽くせない。挙げ句上手く言えませんが、

切ないけど好きです高句麗一武道会。・゚・(ノД`)



第十五場 謀略
もう、色々思い通りに行かないホゲ様。
挙げ句、自分のことを真の王だと言ってくれ一目惚れした美人の巫女までも
タムドクに連れて行かれてしまいます。

・・・ホゲ様踏んだり蹴ったりだ。・゚・(ノД`)

ホゲパパもタムドクに即位式をやられちゃたまらんと、
遂にタムドクを誘拐犯に仕立てるどころか
他の部族の息子らを誘拐するだけでなく殺してしまい、
タムドクも殺してしまい、挙げ句罪をなすりつけよう!と
もう、むちゃくちゃな策略に打って出ます。

・・・この計画、無謀すぎ!!ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

とっさに女と手に手を取って逃げた王子がどうやって
高句麗一を競おうって位の腕のある部族の長の息子4人も誘拐できるのさ!!
2000年も生きてるんだから大長老もうちょっと良い策無いの・・・?(-Ⅱ-;)
しかも、西域の大商人なのに
「お任せあれ!」って水晶玉に呪文を掛けるって・・・
おかしいって誰か気付こうよ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
絶対商人じゃないじゃん・・・

もう、そんなめちゃくちゃな展開のまっただ中にいるのにホゲ様ったら・・・

キハのことしか頭にない。・゚・(ノ∀`)エー

タムドクが行っちゃった後の第一声が
「あの巫女はタムドクの恋人か?」って!ちょいとホゲ様~?(^_^;)

ところで超ピンポイントなんですが、
「だが 手を取って逃げた~♪」の
「取って逃げた~♪」の歌い方が好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
(ホントにピンポイント)
そして、タムドクとキハが盆回り中のセットを歩く中
(前のトコでも語ったんですが、この演出好き)
上手チームで水晶玉を人一倍真剣にのぞき込んでるホゲ様が好き.゚+.(´∀`*).+゚.



第十六場 タムドクの生誕地
もう・・・ラブラブな2人が好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
(ホゲ様贔屓はどうした)(それはまた別の話ということで・・・)(おい)

2人の歌う「希望の瞳」が好きです((´∀`*))
なんか、
キハは火天会の命に従わされつつ、天地神堂の巫女として生きなければならず、
タムドクは欲しくない王位の為、自分を偽り不自由に生きなければならなかった、
そんな二人にとって、お互いは本当に心の支えであったのだろうな・・・と。
もう、曲の前半なんて凄い告白で、ちえさんの仕草や横顔からもそれが滲み出てて、
キハ愛されてるな~.゚+.(´∀`*).+゚. と。
でも切ない。・゚・(ノД`)
タムドクもキハもこのまま二人で逃げられるわけがないことが分かっているから、
今2人で過ごせるひとときを噛みしめるように寄り添う二人が、
。・゚・(ノД`)(ちゃんと喋れ)



今日はここまでです。
次はホゲ様が色々可哀想な今宵一夜の朝からです。・゚・(ノД`)(どんな前振りだよ)

2009.09.11(Fri) | 星組 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/141-263ed32e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。