ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

感想星ペ記 その5

なんやかやとどたばた過ごすうちにご無沙汰になっていてスミマセンでした。

本日星ペ感想再開です((´∀`*))
前説してるよりさっさといきましょうか。
早くしないと楽が来ちゃうわΣ( ̄ロ ̄lll)



私信≫takeママ様
返信をまだしておらず申し訳ありません(>_<)
夜分になってしまったので、明日必ず送ります~!




第十場 運命
ホゲ様のお家から帰ってきたタムドク様、歌います。
歌詞がとても切ないです。・゚・(ノД`)
特に
『孤独を抱いて 生きていくのが
運命だというのか』
『人を愛する心凍らせ
硬く 冷たく 氷のように
生きていくことが
運命なのか
それが チュシンの王だと言うのか』
のところが・・・
タムドク様は
もう、ホゲ様とは以前のようにはいられないだろうと、
それを覚悟してヨン家に行ったのでしょう。
でも、いざたった一人の友だちを失った孤独を知ったとき・・・
そして「高句麗王の息子として役目を果たし」
自分の心を鬼にしたときの心の奥底の冷たい感触を知ったとき・・・
これが王であるということなのか、と。
心も身体も自由であったならば・・・と歌うのです。

あぁぁぁぁ。・゚・(ノД`)(喋れ)

ちえさんの歌が、回を重ねるごとにどんどん感情のこもった歌に進化していっていて、
凄く、響きます。心に。
この歌と、父を殺したのは何故だ、キハ~!という歌と
命かけて愛したのはキ・ハ~の歌は公演ごとに切なさがどんどん増してて、凄い!!


そんなこんなで、
傷心で帰宅するタムドク様をキハが待っています。
心配そうなキハと、傷心を悟られないように振る舞うタムドク
ヤン王の病状が良くなってきたとの報告に安堵するものの
ホゲママの死を聞き愕然とするタムドク。
正しいことをしたのだと慰めるキハに
「分かってくれるのは君だけだ。ずっと側にいて欲しい」
とタムドクは想いを告げます。キハもその想いを受け入れます。
「今度街に行ってみよう。君を案内できないからね」と少し冗談めかしていうものの
憔悴した様子でタムドクは去っていきます。

ここで言うのも難なんですが・・・
この時のキハのチャイナっぽい様なボーダーの服好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
かわいい((´∀`*))

そんな(どんなだ)キハの元にサリャンと大長老が現れます。
大長老はホゲ様が真の王と思っています。
天地神堂は「タムドクが真の王」と言ったのに、何故大長老がホゲプッシュなのかが
謎なのですが、とにかくホゲに近づいてこいとキハに命じます。

・・・が、キハ断る!

余程今までも好き勝手に利用されていたのか、
記憶が無くても拒絶心は残っているのか・・。
大長老に幼い頃の記憶を消されていても
「今は天地神堂の巫女なんだから言うこと聞かないわ!」
という風に断るキハ。
そんなキハに手をかざして術を掛ける大長老。
相変わらず絶妙な場所でゆらゆらしているとよこさんの手が素敵です.゚+.(´∀`*).+゚.


第十一場 ヨン家・セームの通夜
ホゲママのお通夜です。
棺に縋るホゲ様が「母上が国王に毒を盛ったなんて信じられない」といいます。
ホゲママが毒を盛ったことが分かっているものにとっては
医者が既に処刑され表沙汰になることを避けたのはヨン家のためでも、
そうでないものにとっては
ホゲママが冤罪で死に追いやられた様にしか取れないのでしょう。
GRAPHのトークDXにあるように、
母上が死んだときのタムドクの様子がおかしかったことの違和感からか、
「俺がお前を疑うはずがない!」と言っていたのにタムドクに不信感を持つホゲ様。

そんなとき、タイミング悪くやってくる大長老。
この後のホゲパパと大長老との悪企み中は、
上手のイスでうなだれているホゲ様ばかりを見てるんですが.゚+.(´∀`*).+゚. (おい)
その表情の変化が、凄く良いですd((´∀`*))
ずっとイスの背もたれにもたれかかって、絶望と憔悴の表情なんですが、
「部族長の息子を誘拐しタムドクの仕業にする」
ときき、目を見張るホゲ様。
ちょっとまて!という顔で2人の元に行き、ホゲパパに抗議します。
「自分の力で王になりたいのだ」と。
でも、「あいつは一筋縄ではいかないんだから」と一蹴されるホゲ様。

この時の表情が、凄く良いです!!

母親の死と国王に毒を盛ったかも知れないと言う事への悲しみ憔悴
親友だと思っていたタムドクに裏切られたという猜疑心、そして絶望と恨み
「お前こそが真の王」と言い続けていた筈の父親に信じられていない悔しさ
天地神堂は「タムドクが真の王」といっている事から来る自身の自信のゆらぎ
もうありとあらゆる感情が詰まった表情をしていて、本当に切ないです。・゚・(ノД`)
同時に、かなめさん、凄いなぁ・・・とも思います。

そんな色々な感情にとらわれて揺れるホゲ様の元にやってくるのが、
大長老に操られているキハ。




・・・時間切れです。本日ここまでです。
ちっとも進まないΣ( ̄ロ ̄lll)
2幕にたどり着けるのかすら心配になってきた。
だってこれからホゲ様渾身の武道大会だし.゚+.(´∀`*).+゚.
色々コンパクトに行けるよう頑張ります。

というわけで、次は十一場後半キハの神託から。

2009.09.08(Tue) | 星組 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/139-5f67cacb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。