ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

The Musical AIDA 観てきました。

まず・・・事件は幕間に起こりました(唐突)



お財布厳しいからパンフは自粛・・・と思っていたのですが、
斜め前の方が開いてたパンフのとうこさんのあまりの美しさ(覗くな覗くな!!)
そして1幕だけでもかなり素敵だったので「やっぱ欲しい~.゚+.(´∀`*).+゚. 」と
買いに出かけたんですね。

そうして下りのエスカレーターに乗っていると・・・

「わぁ~スゴイお花☆(*´ー`)」

って聞いたことのある可愛らしいお声が・・・(ちょうど入り口のお花が見えたのです)


どどどど・・・どうしよう・・・((((>△<;)


と、となみさんが背後に((((゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚))))(動揺)
 
そうなんです。
となみさんご観劇なのはお席に着かれるのを見たので知っていたんです。
きゃーかわいいっ.゚+.(´∀`*).+゚.って眺めてたので(やめなさい)
それが、幕間にバックを取られるとは!(違)
エスカレーター降りてぎくしゃくと歩を進め、振り返るとやはりとなみさん・:*(〃∇〃人)*:
歩いて行かれる後ろ姿をぽえ~(´ω`*)っと見つめてしまいました。(だからやめんさい)

そして、2幕の開演前。
私の席は下手側真ん中の扉近くだったのです。
で、(真剣に集中したいタイプなので)公演中の出入りが多くて(1幕だけで6,7回)
あぁもう!ヽ(`ε´●)ノ とちょっと思っていたのですが、

その扉からとなみさんが・・・!!Σ(-`Д´-ノ;)ノ?!

・・・この席でよかった.゚+.(´∀`*).+゚. (コラコラコラ!)



今日はそんな「The Musical AIDA」感想(笑)(どんなだ)





えーっと(笑)
あ、まずお花のメンツが豪華.゚+.(´∀`*).+゚.
星組一同・あすかさん・ちえさん・わたるさん・真飛さん・瀬奈さん・ゆみこさん等々
市川猿之助さんや唐沢寿明さんのお花もありました~
グッズはパンフしか買いませんでしたが、
クリアファイルとポストカードセット千社札付き(笑)(ここがなんか・・・元ジェンヌ)
フォトブック、アイーダキューピー(何故!?:笑)、うちわ等々色々出ていました。

では、ちゃんと舞台の感想に行きます。

すっごい良かったです.゚+.(´∀`*).+゚.
「王家に捧ぐ歌」も四季とか他のアイーダも全く見たことなく観てきたのですが、
話も分かりやすく、歌・音楽も素晴らしかったです。
私は大好きです・:*(〃∇〃人)*:

★アイーダ@とうこさん
・・・かっこよくて美しい.゚+.(´∀`*).+゚.
まぁ、勿論、見た目もなんですが
生き方がかっこよくて美しい!!
凄く真っ直ぐで、凛としていて、自分の生き方というのをしっかりと持った人です。

どこまでも一本気で、敵国の将軍を好きになってしまい心が揺れてるときでも
どこか迷いのない瞳をしているというか・・・
自分を見失ってしまうような恋をして揺れているのではなくて、
自分のラダメスへの愛と自分の王女としての立場や祖国への愛
どちらもしっかりと認識していて、
自分の本心が決まってしまっていることも分かっていて、
それでも本当に良いのか?後悔しないのか?と自分に問いかけている感じ。
そして、そうやって自分に問いかけて出した答えを軸に生きている人だからこそ、
悲しんだり苦しんだりしているときでもぐじぐじとした後悔をしないんだろうな、と。

また、自分のことも人のことも色々なしがらみを取っ払って「人」として見ている感じ。
だからラダメスにも、父親のアムナスロにもアイーダが語るシーンは
王女なのに民衆寄りというか、机上の論ではないリアルを語ってるな~と思いました。

また、これ、悲恋の哀しい話なのに全然そんな感じがしないんです。
それも、とうこさんのアイーダの凛とした強さからだろうな~と思います。
地下牢でラダメスに会えて、これ以上何にも苦しまずラダメスと共にいられることが
嬉しい感じなんですよ。死の恐怖とか後悔とかが無い。
「アイーダは王女である前に『一人の人間でありたい』
という思いが強かったのではないか」とパンフでとうこさんも仰ってるのですが、
地下牢で残りの人生をラダメスと二人過ごす。地上での平和を祈ることができる。
この瞬間にやっとアイーダの本当の願いが叶った。正にそんな感じで。
だから、悲恋なのにどこか清々しい。そんな作品でもありました。

歌声も流石の美しさで!.゚+.(´∀`*).+゚. 聞いていてめろめろでした。
特に2幕の後半に祖国エチオピアでアイーダが一人歌うのですが、
その歌が切なくて切なくて。・゚・(ノД`)(ホントに涙が。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`))
1幕でもうるっときた歌があったんですが・・・どの歌だかわかんない(゚∀゚)(おい)
CDとかでないかなー.゚+.(´Д`*).+゚.
所作もこの間までバリバリキザってたとは思えない位
しなやかで美しくて・・・.゚+.(´∀`*).+゚.



アイーダ語りすぎたΣ(゚∀゚;)次からはもう少しコンパクトに行きましょう。

★ラダメス@伊礼彼方さん
かれは・・・半裸族ですΣd(゚∀゚)(おい)
や、ホントに!2幕は上まで着衣があることが多いんですが、
1幕はほぼ上半身丸見せ。
ラストの地下牢にはいるところなんて・・・巻布一丁でしてΣ( ̄ロ ̄lll)
宝塚ではあり得ないなーと(そこでかΣヽ(゚∀゚;))

冗談はさておき、カッコいいですラダメス。
真っ直ぐです。自分でも嘘はつけないと言っていますが、本当に正直者で。
アイーダの愛を貫く姿も、
自分がアイーダに告げたから王家の秘密が漏れたと思っても
アイーダに対して恨み言一つ思わないところも、
最期の生きるか死ぬかのところでも自分の正直に生きる姿勢を貫く姿も、カッコいい!
歌も素敵です。
一幕のラストだから「アイーダの孤独」かな?をアイーダとラダメスが歌うところと、
2幕ラストの「王家に捧ぐ歌」をやはり二人で歌うところが好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
でも、なんというか、ラダメス一人だと一人少年ジャンプみたいな感じで(ぇ)
こう・・・真っ直ぐさ正直さだけが取り柄です!とゆー感じなんですが、
アイーダがいることで、アイーダへの愛があることで
彼の戦いへの姿勢とか平和への想いが生まれ、誠実な男性になっているのかなと。
そう思いました。
賢くて人の心のよく分かるアイーダと誠実で嘘のないラダメス
このカップルで国を治めたら理想的な国が出来ただろうな~と思います。



★アムネリス@ANZAさん
彼女は、父親ファラオが殺されてからがいい!.゚+.(´∀`*).+゚.
自分が王となり祖国を滅ぼすことはしない!と決意をする。
それからが見所だと思います。
それまでは祖国と王家の誇りを持ってると同時にプライド高いお嬢様~な面もあり。
だから、アイーダにラダメスの嘘の戦死を告げてるときなど女の戦い場面と
ラダメスや国民の前での声のトーンが違うし(笑)
ある意味正しく女性らしいんだと思います。
でも、王家の人間として強くあらなくてはいけなくて、
その意味では奴隷となっても強く自分をしっかり持っているアイーダに
憧れを抱いてる面も心の奥底にはあったのではないかな?と思います。
彼女はそのどこかで棄てきれない女々しい部分を
父親の死から新たなファラオとなることを決意したところ。
そして、ラダメスの処刑のときに。と、段々王の自覚が出て強くなっていく
その元々持っていた王族の誇り・祖国への誇りに
精神的な強さがともなって成長していくところが魅力かな~と思いました。



・・・ちっともコンパクトにならないΣ( ̄ロ ̄lll)
箇条書きでポイントだけ語りに切りかえましょう。

★ファラオ@光枝明彦さん
・声が素敵です.゚+.(´∀`*).+゚.
・威厳と存在感があって王って感じです。
・エチオピア解放をラダメスが申し出たときに約束をちゃんと守るのも偉い!
・戦争続きで戦争を続け国を栄えさせていくことに疑問を持っていたのかな。
・ラダメスの投じた一石をちゃんと生かせる王だったと思うな。

★アモナスロ@沢木順さん
・はとぽっぽが一瞬で手のひらから消えます。マジック!!
・そのはとぽっぽに狂った振りして話しかけてる様子がちょっと可愛いです。
・戦いで負けた事から祖国を奪い返しエジプトに復讐することが正しいと盲信
してしまい段々とおかしな方向に行ってしまったのかな・・・と思う。
・その盲信が国民のためからどこかで「私の国エチオピアを取り返す」に
すり替わってしまったのがアモナスロ王のいけないところだったのかなと思います。
・滅ぼされたエチオピアで本当に狂っていくシーンは壮絶で凄く良いです。見せ場!

この二人の王。
全くと言っていいほど舞台上では直接絡むことは無いんですが、
この戦いに勝った国と負けた国。慈悲を与えた側と与えられた側。等々
色々な面での対比があり、そこが「アイーダとラダメスの愛」以外の
「戦争」や「平和」のテーマ・問題提議を深く魅せてくれているのだな~と思います。



★ウバルド@宮川浩さん
・アイーダの兄ちゃんです
・彼も半裸族ですが、ボディペイントがありラダメスほど顕著じゃないです(笑)
・とうこさんに「お兄ちゃん」と呼ばれている羨ましい人(おい)

・・・冗談はさておき。

・父親と同じ立場に立っていて、祖国を取り戻すために復讐を望んでいる。
・だから、アイーダの訴える「戦いは戦いしか生まない」という言葉も理解出来なくて
むしろ敵国の兵士に惚れた裏切り者だと思っている。

祖国愛の意味では真っ直ぐだけど、王の資質はとうこさんの方がある・・・?
と最初は思っていたんですが、パンフに書いてあった
「この時代には平和や自由という概念がなく、闘うのが当たり前だった」
という木村先生の設定を読んでから考え直すと、ちょっと印象が変わりましたね。
上手く言えないんですが、
復讐に取り憑かれてるというイメージから、保守的な王族に見えたというか。
その設定から行くとアイーダとラダメスは相当な革新派で、
それを取り入れようとしたファラオもどちらかというと革新派。
それに対してアムナスロ王とウバルド、そしてアムネリスは保守派だったのかなと。

この辺はホントはもう何回か観て理解したいところですね~!
もう見られないのが悔しいなあ・・・((((>△<;)


★その他ポイントを大雑把に
・神官・・・胡散臭くてナマグサでいいキャラですΣd(゚∀゚)
・特に2幕の冒頭でオネェちゃんに囲まれてウハウハしてるところと、
王の暗殺後に王家の情報漏洩を真っ先に疑われおろおろしてるところが・・・いい!
・アムネリスのベッド・・・ちょっとどうよっていうセンス(笑)
・出てきたとき一瞬びびります。当時のデザインてこんなんだったんですかね(^_^;)
・2幕冒頭の神官がウハウハしてるシーン舞台手前で踊ってる踊り子が
超美脚.゚+.(´∀`*).+゚. 私は一番下手の娘が好きです(聞いてないから)
・セットのピラミッドがいい!まっぷたつに割れて色んな場面に使われていて、
よく考えたな~と思ってみてました。


★カーテンコール
・凄く沢山ありました。宝塚はパレードがある分こういうのないからちょっと久々♪
・最初のカーテンコールとうこさんだけピラミッドセット中央から登場するのですが、
3回目のカーテンコールでもう一度中央から出ようということになったらしく、
はけた下手からピラミッドへとダッシュするとうこさんが!!(笑)
(これも下手席の特権?)非常に可愛かったです.゚+.(´∀`*).+゚.
・何回目かのときに「本日はご観劇ありがとうございました!」が、男役でした(笑)
・ご本人も「あ、出ちゃった(笑)」って感じでテレっと笑ってらっしゃり可愛い(´∀`*)
・でも、お辞儀が手を組んでしゃがむな女性ポーズ。美しいです。
・あ、今更ですが、スタンディングオーベーションでした♪



そんな感じでしょうか・・・長い!Σ( ̄ロ ̄lll)
覚えているうちに一気にと思ったら。。。

ここまで読んでくださった方お疲れさまでした。ありがとうございます。
兎にも角にも女優さんになられてもとうこさんはかっこよくて素敵でした。

次回からは星ペレポ再開予定です。

2009.09.02(Wed) | OGさん | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/134-ed334724
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
36. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2009.09.03 01:12 | edit
40. さとらん様へ
> レポお疲れ様でした☆
> 私もAIDA大阪公演観に行きますので
> のいっこさんの感想を参考に美脚の
> 彼女を探してみたいと思います(笑)
>
ありがとうございますー.゚+.(´∀`*).+゚. この長いのを読んで下さり感謝感謝です。・゚・(ノД`)
大阪公演是非楽しんできて下さい。作品としてもとても良かったですよー。
是非是非ダンサー三人娘の美脚の彼女、見つけだして下さい(笑)
> キューピーは確かとうこちゃんが
> 色んなご当地キューピーなんかを集めているらしくて、
> それに便乗(?)して作っちゃったんじゃ
> ないでしょうか?

なるほど~っそういう経緯が!
公演限定キューピーってかなりレアですよね。
それが自分の女優デビュー主演の作品で出来ちゃうなんて
嬉しいでしょうね~.゚+.(´∀`*).+゚.
のいっこ | 2009.09.03 22:34 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。