ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

感想星ペ記 その2

新型インフルエンザ休演だった磯野千尋さん天霧真世さんのお二人が
明日から復帰だそうで、

よかった.゚+.(´∀`*).+゚.

嬉しさ一杯で今日も感想叫びます((´∀`*))



★ネタバレ注意★



第四場 ヨン家の入り口
踊る火天会の巫女が扮する娘達がカワイイです((´∀`*))
誰が誰だか分からないのが口惜しいですが、
色とりどりの衣裳でふわ~くる~と踊っていて・・・カワイイ.゚+.(´∀`*).+゚.

で、いろいろ説明展開があって(大雑把)

ホゲ様ご帰還.゚+.(´∀`*).+゚.

超凛々しい!・:*(〃∇〃人)*:
使命を果たして帰ってきた誇りと自信を持った五部族のリーダーって感じ。素敵!
五部族の息子達とザッザッと歩いてきて遠征の報告をする姿は、
一番凛々しくて素敵なホゲ様の場面で、大好きです・:*(〃∇〃人)*:
この後は少年らしくて可愛かったり、ちょっと女好きだったり、そして狂気と憎悪なので、
一番ホゲ様が正しくカッコいい場面ですね.゚+.(´∀`*).+゚.



無事の帰還をホゲママに報告するホゲ様。
でも、お母さんは・・・
「あなたはチュシンの星の夜に生まれたんだから負けるはずがない」と言うんです。
それを聞いて「またその話ですか~ハァ━(-д-;)━ァ...
ですから僕は王になるために遠征に行ったんじゃなくて、
純粋に蛮族の侵入を抑えたくて行ったんですよ」と言うホゲ様。
それで周囲の人たちもホゲ様すばらしいムードになってくる宴。

で、ちょっとパーティーが退屈になってきたホゲ様(笑)
つまんないなーって顔でどこか中空を見て・・・
あっ!いーことひらめいた(*`ー´)♪
って感じで走り去っていきます。
まぁ、親友タムドクのいる城壁な訳ですが.゚+.d(´∀`*).+゚.
このときの思いついた瞬間のニッて顔が
凄く可愛くてうれしそうで大好きです.゚+.(´∀`*).+゚.



で、走り去ったホゲ様が行き着く大好きな城壁の場面に行く前に、
この宴でのホゲママとホゲ様のやり取りについて・・・


「あなたはチュシンの星の夜に生まれたんだから」
というホゲママの信仰から来る確信めいた台詞と
飽き飽きって感じででも慣れっこな感じに流すホゲ様が、
ホゲ様の幼少からの事を思うとスゴイ切なくて。・゚・(ノД`)(妄想炸裂)

多分小さい頃から
何か失敗したりするたびに「そんなことでは王位につけない」といわれ、
立派なコトするたびに「やはり王になるべき子」といわれてきたんだと思うんですよ。
それって何をどんなに努力しても
チュシンの星の子という伝説を通してしか評価されてない訳で・・・
「よく頑張ったわね、立派だわ」じゃないんですよね。
「やはりあなたはチュシンの星の子」
どんなに努力をしても、運命のお陰というか運命通りという評価。
それって、辛いと思う。・゚・(ノД`)

ホゲママセームもチュシンの星の元に自分の子が生まれ、
自分の子供が伝説的に待ち望まれた王になる!と思ったら、
同じ日に生まれた認知されてるとはいえ出生が怪しい異母兄の子が王だと言われ、
「納得いかない!」という想いが強かったんでしょう。
だからこそ「我が子に王の資質がない訳がない!伝説通りの資質を持った子だ!!」
と、逆にどんどん伝説に取り憑かれ、ホゲ様の努力も成果も伝説に当てはめていって、
挙げ句セームは、爪を隠したタムドクしか見てないわけだから、
余計に「ホラ見なさい!我が子こそ王」って思うようになったんでしょうね。

でも、それは一個人として人生山あり谷あり生きてきたホゲ様にとっては凄く不当な評価のされ方だと思うんですよ~。だからこそ、政をして「流石チュシンの日に生まれた王様だ」と言われるよりも、戦績とか実力とかではっきりとした評価・結果が分かるような軍事職(将軍)が良いと思ったんじゃないのかなぁ・・・とか。

ま、120%帰りの電車での妄想なんですが(゚∀゚)


妄想の行き着く先がない!(((((゚∀゚ ;)(いつものことでしょ)
えと・・・はい。
・・・そんな風にホゲ様に思いを馳せるホゲ様凱旋パーティーの場面でした。

だんだんわからなくなってきたこの辺で1場しか語ってませんが、また今度!(逃亡)

2009.08.24(Mon) | 星組 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/128-98621894
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。