ついったー

流行に乗ってみました(笑)
よく分かんないでやってるので
向いてないと思ったらやめるかも
FC2カウンター
プロフィール

のいっこ

Author:のいっこ
のほんとした宝塚歌劇ビギナーファンです。
宝塚やその他舞台などについて書いていけたらいいなぁと思います。


*雪担にしてひー担(ひーたん=彩那音さん)

*初宝塚観劇作品は「ソロモンの指輪/マリポーサの花」(‘08雪組)

*1週先にヅカデビューした友人に「馬番とCIA」とお勧めポイントを聞き観劇。

*しかし、観劇後「ショーのグレーのダブルの人の姿勢と指先がかっこよかった」とマニアックな感想を宣う。

*それがソロモンで青年の彩那さん。

*以来ずっと好きなお方。

*雪組っ子を特に愛でています。

*けど、他組も大好き他の組っ子も覚えたい。

*ここ最近の大劇場作品はどの組も1度は観てます。

*傾向として85期が無性に好き。

*照明好き。勝柴次朗先生の照明はもはや本能的にわかるくらい好き。

*セットや小道具を見つめるも好き。なので、プチミュは楽園。

*プチミュージアム東宝にも作ってー!!(願望)

*公演デザートフリーク。my初日に必ず食べてます。

*楽描き師。時々絵とか乗っけてます。工作も好き。文具マニア。

*きのこ収集家。部屋はきのこグッズで溢れています。

*テンションがあがります。ラヴ.゚+.(´Д`*).+゚.

*なので、緒月さんとは趣味があう気がする。とても。一方的にそんな目で見つめてます。

*単眼オペラ使い。片目で拡大しながら片目で舞台全体を観られます。

*が、布教に日々勤めるものの未だ賛同得られず。

*お仲間募集中。





コメントor拍手による叱咤激励お待ちしてます。
リンクは基本フリーです。
でも、教えて頂けたら大喜びで遊びに行きます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

感想星ぺ記 その1

1つ前の記事に書きましたが、
新生星組の皆様、
休演の生徒さんが全快復帰なさるまで、
インフルエンザに負けず頑張って頂きたいです。

というわけで、私も負けずに感想書いていきたいと思います。
ルサンク片手に頑張るぞー!おーっ.゚+.(´∀`*).+゚.

無意味に長く叫びまくると思いますが、ご了承下さいませ。
また、星組ビギナーなので間違ってたら広い心で御教授頂けるとありがたいです(^_^;)

★ネタバレ注意★


第一場 序~阿佛蘭寺
スクリーンに地図が映って解説がスタート!
なんか、「そのとき歴史は動いた」的な始まるぞぉ~って感じで、
気分がおぉぉっ!と盛り上がります.゚+.(´∀`*).+゚.

そしていきなりの修羅場Σ( ̄ロ ̄lll)

ここはなんと言っても大長老の若返りが見所でしょう!!(力説)
突然なんですが私、大長老最初はホントに長老顔で出てくるって知らなくて、
あれ・・・?火天会って言ってたのに、とよこさんいない~??(゚ε゜;)
とか思ってたので若返って・・・というか、
もう、個人的には火天会ってとよこさんが偉い人でなかった・・・?誰あのじい様??
とか思ってたらそのじい様が正にとよこさんで(笑)
びっくりしましたΣ(゚∀゚;)
まさか、特殊マスクで出てくるなんて。・゚・(ノ∀`)
マジで!?とよこさんル●゜ン三世みたい。・゚・(ノ∀`)(大喜び)
そんな大長老プルキル様(笑)
連れ去ってきた朱雀の神器の守り主キハに自分に従えと迫る!
母親の形見でもある神器を取り上げる!!
抵抗するキハに烙印を押して従わせようとする!!!
プルキル超ワル!でも、とよこさん・・・楽しそう.゚+.(´∀`*).+゚.
この後の「四種の神器」の歌なんて、も~ノリノリですよね.゚+.d(´∀`*).+゚.
『太王四神記』・・・とよこさんの左手が好きです((´∀`*))
あのなんとも言えない絶妙に怪しい位置をゆら~ゆら~している左手が!!
超怪しい!大好き.゚+.(´∀`*).+゚.
ホゲ様の次くらいに秘密兵器(片オペラ)で追ってたのがプルキルとチュムチなので(笑)プルキルとよこさんについてはこれからもちょいちょい叫びます。(宣言)


火天会はサリャンも好き((´∀`*))
どういう経緯で火天会にいるのかも、なんでプルキルに従ってるのかも、
スジニの言う様に若くして白髪なのは相当苦労してるからなのか(をい)も謎なサリャン。
きっとこのキハを連れてくるときも、プルキルは「神器を貰ったらすぐ解放する」とか「なぁに、少し協力して貰うだけだ」とか適当なこと言って連れてこさせたんでしょう(妄想です)
「おやめ下さい!」と、話が違うじゃないですか!!とファーヨムが烙印を持ってくるのを見てプルキルに必死に訴えるサリャン!!
キハを連れ去ってきて情が移っちゃった優しいお人柄が為に、とても苦労するサリャン。
そんなサリャンの一番の見せ場はそんなプルキルにあっさり使い棄てられ、ホゲ様に蹴っ飛ばされるところなのでΣd(゚∀゚)(ぇ)そこでじっくり語りたいと思います。




第二場 天地神堂
そんなわけで、プルキルに火を操れる力に目をつけられてしまったキハは天地神堂に巫女として入れられてしまいタムドク様と初めて出会うわけです。
このキハがやってきた日、天地神堂ではキハを迎えるどころじゃなくて、
現王の命が残り少なしということで、次の王は誰だって事で大騒ぎ!!
まぁこの時代なので神の信託で決めようぜ!って話になる訳ですが、
巫女のムーニョさんがイタコっぽくてすごい!!
あぁぁぁぁぁ・・・なんか乗り移ってる!!Σ((((゚Д゚;;;)みたいな。

余談なんですけど(いきなりすぎでしょ)
ルサンクのこの場面、神託中の巫女のコーラスに
(清澄な東アジア的コーラス)Ha-」
って書いてあるんですけど、ただのコーラスじゃ駄目なんですかね(゚∀゚)(コラ)
余程こだわりがある模様(笑)
こんな風に意識してなかったので、次は意識して聞いてみたいと思います!

で、話を戻して。
「タムドクこそが王だ!」とムーニョによる神託が告げられ、
「じゃ、タムドクを王に!でも、まだ子供だから成人するまでタムドクの父親を王にしよう!!」と、あっさり決めるソスリム王。
良いのかそれで!!!Σ( ̄ロ ̄lll)と突っ込みたい気持ちは山々なのですが、この時代神のお告げが1番なんでしょうね。
この時点で、タムパパの出生を引っ張り出して超納得いかない!ヽ(`ε´●)ノ とぶーぶー言うホゲパパ。しかし、何より信頼されてる神の神託がタムドクが王!って出たばかりだし、自身が王家の血筋な訳ではなく単なる婿なのでソスリム王に一蹴されてしまうホゲパパ。このシーンがあるから、ヨン家との確執というか王位争いがあるって言うのがわかりやすくて良いなと思いました。
そんなホゲパパ派(タムドク反対派)の人は王宮内には沢山いるはずで、自分も自分の息子も危険な立場になったのだということをいち早く察知し、浮かれるでなく「能ある鷹は爪を隠せ!」とタムパパはタムドクに格言を授けます。

そして、父親の言いつけ通り爪を隠し通して成長したタムドク様登場!!((´∀`*))

セリ上がっていらっしゃいます。カッコいい.゚+.(´∀`*).+゚.

そしてそして、歌います!カッコいい.゚+.(´∀`*).+゚.(落ち着け)

「蒼穹の彼方」大好きなんです!.゚+.(´∀`*).+゚.

静かにアカペラっぽく始まって、段々盛り上がってきて壮大なサビって感じが好きなので
どストライク!!・:*(〃∇〃人)*:
じわじわと盛り上がって、鷹よ~羽ばたけ~♪って大好きっ((´∀`*))

でも、歌の内容は歌い終わったタムドク様にカクダンが言うように
物思いに耽った内容で・・・((((>△<;)
王になんてならなくていい、
それよりも自由に何も隠さずに生きたい

この思いは結局ずっとタムドクの中にある様な気がするんです。
王になる決意をしたのも後でキハに言うように、自分たちの所為で国民を争いに巻き込む「高句麗の血塗られた歴史を終わりにするため」に立ち上がった訳であって・・・
あぁでも、この辺は語り出すと止まらない上に話がラストに飛んじゃうのでラストまで取っとくとして(ぇ)

カクダンですよ((´∀`*))(いきなりどうした)

好きです.゚+.(´∀`*).+゚.
でも、カクダンの好きポイントももっと後のところにあるので、
とりあえずいまは好きだ!。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚と叫ぶに留めます。
カクダンだけでなく近衛隊の女兵士さん達も好きです。
「女だてらに」と言われるのを嫌い、近衛隊であることにプライドを持っていて、きっとそのプライド以上の努力を積んでいるんだろうなという感じもして・・・好きですね~。

で、槍のお稽古に割って入ってくるコ将軍ですが(いきなり)
この場面何よりコ将軍から全く信用がないタムドク様がツボ。・゚・(ノ∀`)

お稽古用の先が丸い槍なのに「お一人で五人を・・・(咎)」

城壁から外を覗くといえば「落ちぬようお気をつけ下さい!」

超お子ちゃま扱い。・゚・(ノ∀`)

タムドク様爪を隠して生活なさってるとはいえ、これはちょっと舐められすぎ!。・゚・(ノ∀`)
後のホゲママトリカブト騒ぎの時にはコ将軍一緒にホゲ家に行ってますが、タムドク様の爪を彼はここで知ったんですかね・・・?

話が前後しますが、近衛隊にタムドクの槍のお稽古相手のお役御免を言い渡したときのタムドク様の
「なんと仰るΣ( ̄ロ ̄lll)」
って台詞が何だか知らないけど好きです((´∀`*))なんかカワイイ(*´ー`).vV
「え!?」とか「何故だ!?」とかじゃなく「なんと仰る!」
かーわーいーいー.゚+.(≧∇≦*).+゚.
(そうですか)(えぇ、個人的にはかなり!)


そんなこんなで(大雑把)
大好きな従兄弟のてるホゲ君の帰還を知り、
いそいそと逢い引き場所の城壁へとむかうちえドク様((´∀`*))(妄想)




今日はここまで、次回はホゲ様凱旋から語ります。

ほらっ!ほらっ!!ホゲ様以外もちゃんと見てたでしょ.゚+.(´∀`*).+゚. (え)
や、ほんと、ホゲ様がスゴイ好き!.゚+.(´∀`*).+゚. でつい書いちゃうだけで『太王四神記』好きキャラツボキャラが多いんですよ。ホントに。

今週(担当教授に見せなきゃ行けない日)が近いので卒論ウィークとなっており、合間合間の感想になるかと思いますが、っていうかまず第一にこれ既に感想を通り越して脳内叫びのだだ漏れになってますが(汗)(すいません)
どうぞお付き合い下さい~(^_^;)

2009.08.23(Sun) | 星組 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://bluedrive.blog58.fc2.com/tb.php/127-57a674b3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。